BlockchainGameInfo
 

ウォレット

Articles about ウォレット.

Articles about ウォレット.

【マイクリ】MyCryptoHeroesでのランドプレオープン。各国のリターンETH額がわかりました。

今回、誰もが気になるリターン額について調べて見ました。

2019-03-07

Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。

設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。

2019-02-27

Coinhive(コインハイブ)裁判傍聴から考えるブロックチェーンゲームへの影響

Coinhive(コインハイブ)裁判の最終弁論が2月18日横浜地方裁判所にて行われました。

2019-02-18

セキュリティトークンと価格算出方法について

ICOに代わり、セキュリティトークンやSTOを次なる投資先と見据える投資家が多い。 ここで、トークンの価値を算出する方法について考えたい。

2019-01-09

ハードウェアウォレットの特徴について

ここまでウェブウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレットの特徴について解説してきました。 今回はハードウォレットについて解説したいと思います。

2018-10-19

モバイルウォレットの特徴について

多彩な機能を持つモバイルウォレット。 対応通貨も多くなり、これからウォレットの主流となるかも知れません。 そんなモバイルウォレットの特徴について纏めてみました。

2018-10-17

デスクトップウォレットの特徴について

取引所のウォレットだけでは心配という方に、デスクトップウォレットを使う上でのメリット、デメリットについて纏めてみました。

2018-10-15

ウェブウォレットの特徴

ウェブウォレット(Webウォレット)とは仮想通貨を使用する際、運営の管理下にあるWeb上で仮想通貨を保管するタイプのものを指します。 インターネットに接続できる端末なら、パソコンでもスマートホンでも瞬時に残高の確認や送金手続きなどが行えます。 操作性も手軽でウォレットの中でも、利便性が非常に高いタイプです。 今回はウェブウォレットの特徴について纏めてみました。

2018-10-12

取引所のウォレットは危険?仮想通貨の保管に関し改めて考え直す

今年に入り国内大手取引所2ヵ所からハッキングの被害がありました。 昨年も各国より多くの被害報告があげられていますがその勢いは衰えません。 主に取引所のウォレットがハッキングの標的になっており、取引所内に自身の資産を保管することに抵抗を感じている方も多くいるのではないかと思います。 とは言うもの取引所のウォレットは、開設する手間もなく即取引ができるため、そのまま利用してしまうケースが多いです。 仮想通貨を取り扱う中で、ウォレットの存在意義は大きくユーザーも知識を身につける必要があるでしょう。

2018-10-05

Fomo3Dの1ラウンドが終了し10000ETHを誰かが獲得。日本版として話題のFomoJPの利用は十分注意が必要です。

Fomo3Dがついに本日終了しました。10000ETHを獲得。 同時に、FomoJPがSNSで話題ですが、FomoJPは国内の利用には注意する必要があります。

2018-08-23

【セキュリティが不安?】初心者の人にお勧めしたい高いセキュリティのモバイルウォレット3選

初心者の人でも安心・安全に使えるお勧めモバイルウォレットを3つ選びました。 どれも評判も良く使いやすいので一度試してみてはいかがでしょうか。

2018-07-23