English
SignIn
ニュース・記事

gas代高騰の原因となったSushiSwapとは。激動のSushiまとめ。 1/2

update at :

SushiSwapのかんたんな解説と、一連のSushi騒動について経緯をまとめています。gas代高騰の裏で何が起こっていたのか見てみてください。

ツイート

ブロックチェーンゲーマーのみなさまは、9月に入ったくらいから、Twitterのタイムラインなどで「寿司」「Sushi」のワードをよく見かけるようになってきたと思います。

Sushiとは、SushiSwapでトークンを預けることでもらえるトークンのことで、Sushi自体にも価値がついていることから狂乱が生まれました。

DeFiによるgas代高騰が続いている今日このごろですが、SushiSwapもその一因となっています。

この記事では、SushiSwapに関する簡単な解説と、一連の騒動についてまとめます。

SushiSwapとは

gas代高騰の原因となったSushiSwapとは。激動のSushiまとめ。

SushiSwapとは、トークンを交換する分散型取引所(DEX)であるUniSwapから派生したDEXになることを目指しているものです。

UniSwapでは、Axieなどのブロックチェーンゲームで入手したトークンを交換することができます。

参考:https://news.blockchaingame.jp/738

DEXでトークンが交換できるようになるためには、DEX自身が交換するためのトークンペアを保有していないといけません。

そこで、SushiSwapでは、トークンのペアをプールしてくれるユーザーに対して、「Sushiトークン」というインセンティブを付与することにしました。

① DAI/ETHやCOMP/ETHなどのトークンペアをUniswapにあずけてもらえるトークン(預り証のようなもの)をSushiSwapにあずけてSushiをもらう。
Sushi/ETHのトークンペアをUniSwapにあずけてもらえるトークンをSushiSwapにあずけてSushiをもらう。

(UniSwapにトークンペアを預けているのに、Sushiがもらえるのは、SushiSwapがDEXとして稼働する際に、UniSwapからSushiSwapへ流動性を移管するため。)

わかりにくいかもしれませんが、要はSushiが握れるんです。

これがSushiパーティの始まりです。

なぜgas代が高騰したか

gas代高騰の原因となったSushiSwapとは。激動のSushiまとめ。

トークンペアをプールしてくれたインセンティブとしてもらえるSushiですが、Sushi自体に値段がついて取引されるようになりました。

これに加えて、「Sushi/ETHのペアをプールすることで、もらえるSushiが増える。」という仕組みがあったため、こぞってSushiを欲しがるようになったというわけです。

SushiをもらうためのトークンペアをSushiSwapにプールする
SushiをもらいSushi/ETHをプールする
・さらにSushiをもらい…

多くの寿司職人が生まれ、どんどんトランザクションを生み出していきます。ざっくりですが、Sushiの狂乱によってgas代が高騰しました。

gas代高騰はブロックチェーンゲーマーにとってはかなりの痛手ですね。Sushiの狂乱は収まるのでしょうか。これまでの経緯をみていきましょう。

Sushiパーティの顛末

gas代高騰の原因となったSushiSwapとは。激動のSushiまとめ。

Sushiのチャート(8月29日〜9月7日)

gas代高騰の原因となったSushiSwapとは。激動のSushiまとめ。

gas代のチャート(8月29日〜9月7日)

こちらが、Sushiの価格とgas代のチャートです。似たような形をしていますよね。

Sushiに何があってgas代が高騰していたのか、その顛末を紹介していきます。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 仮想通貨の記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • 仮想通貨
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • 仮想通貨
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってでブロックチェーンゲームを分析しよう!
    dAppsの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。
  • 仮想通貨
  • 2019-08-19
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の旧バージョンを使う方法(追記あり)
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のUIが新しくなり、MEWとしてリニューアルしてからしばらく立ちましたが、新バージョンにでログイン出来ない方もいるかと思います。 この記事では旧バージョンに戻す方法を説明します。
  • 仮想通貨
  • 2019-08-30
  • ニュース・記事

    【プレスリリース】Enjin、NFTの表彰イベント「NFT Awards」をDEAと共催!審査員としてMicrosoftや元ソニーCEOの出井伸之氏が参画
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 ブロックチェーンを用いたゲームエコシステム構築をするENJIN Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、12月9日に主催企業のTwitchおよびYouTubeチャンネルにおいて、受賞NFTを発表いたします。 ブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.( 本社:シンガポール、Co-CEO:吉田直人および椎名茂、以下「DEA」)と共同で、2020年に発行された価値あるNFTを表彰するイベント「NFT Awards2020」を、2020年12月9日にオンライン開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-09-18
  • 【プレスリリース】ブロックチェーンの最先端技術と未来を知る1日限りのイベント「BlockChainJam2020」が、今年は 10月24日 に完全オンライン・完全無料で開催。
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は世の中にどんな変化を起こすのか? 最先端の技術を知り、一足先の未来を知ることができる1日限りのイベントです。
  • プレスリリース
  • 2020-09-17
  • コインチェック、『マインクラフト』に続き”全世界4,000万DL”を達成した『The Sandbox』内で利用可能なNFTを取扱うべく連携を開始
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡、以下当社)は、NFTマーケットプレイス事業において、2020年下半期に日本で正式ローンチを予定しているブロックチェーンゲーム『The Sandbox』と、同ゲーム内で利用可能なNFTを当社のNFTマーケットプレイスにて取扱うべく連携を開始しました。当社では、すでに2020年9月に大人気ゲーム『マインクラフト』内で利用可能なNFTの取扱いに向け「Enjin」と連携を開始することを発表しております。
  • プレスリリース
  • 2020-09-16
  • 【プレスリリース】IP・コンテンツ事業者向けブロックチェーンプラットフォーム「GO BASE」にて、NFTの発行・販売・マーケット機能を追加実装。NFTを活用したコンテンツのスマホアプリも今秋リリース予定
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 デジタルトークンを活用したブロックチェーンプラットフォームサービス「GO BASE」を展開する株式会社スマートアプリ(本社:東京都港区、代表取締役社長:高長徳、以下スマートアプリ)は本日、コンテンツ事業者が独自にNFT(Non-Fungible Token = 代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークン)の発行・販売・マーケットプレイスを利用できるサービスを追加実装したことを発表します。また合わせて、「GO BASE」で発行したNFTの著作権保護などを実現する独自技術を特許出願したことも発表します。 また、ブロックチェーン技術を用いたサービスを展開する株式会社coinbook(本社:東京都港区、代表取締役:奥秋 淳)と共同開発した、デジタルトレーディングカードサービス「NFTトレカ」を9月末にリリース予定。
  • プレスリリース
  • 2020-09-11
  • keywords