English
SignIn
ニュース・記事

ひとまず知っておきたいDeFiプロジェクトまとめ 1/2

update at :

乱立しているDeFiプロジェクトの中でも割とまともかなと思われるプロジェクトをピックアップして紹介します。

DeFiって具体的にどんなプロジェクトがあるの?と気になる方は参考にしてみてください。

ツイート

Compound

ひとまず知っておきたいDeFiプロジェクトまとめ

CompoundはEtherum上で動くレンディングプロトコル。

暗号資産をCompoundのコントラクトに預けたり、預けた担保に応じて暗号資産を借りることができます。暗号資産を預けることで、利子を受け取ることができます。

2020年6月から、貸し借りに応じて配布されるガバナンストークン「COMP」の配布が始まりました。ガバナンストークンとは、Compoundの運営方針を決めるための投票券のようなもの。

・取り扱う暗号資産
・利率の決定方法

などを決定します。

このCOMPに投機的な動きが加わり、暴騰。一気に話題になり、DeFiへの資金流入(プロジェクトそのものや関連トークンの値上がり)へと発展しました。

ここ最近の投機的な動きはあるものの、2年以上の稼働実績やOpenZeppelinなどのコード監査を受けていることから、DeFiの中でも信頼性は比較的高いプロジェクトです。

とはいえ、資金流入が増えれば増えるほど攻撃対象になるリスクはあります。今後もトラブルなく運営されていくという保証はありませんので、ご注意ください。

MakerDAO

ひとまず知っておきたいDeFiプロジェクトまとめ

MakerDAOは$1と同じ価値を持つようにコントロールされているステーブルコイン「DAI」を支えるプロトコルです。

ETHを担保にDAIを発行し、ETHの価値が下がって担保として不十分になると自動で精算される仕組みがコントラクト上に成立しています。

暗号資産は価格変動の幅が大きいので、DAIのような特定の価値を維持する設計になっている暗号資産というのは非常に価値が高いんです。

海外の取引所ではステーブルコインをベースにした取引も行われるようになっていますし、DeFiに触れる上でも避けて通れない通貨になっています。海外のブロックチェーンゲームだと、DAIでNFTが取引されることもあります。(国内主要ゲームは勘違いを防ぐために、DAIやUSDCといったステーブルコインは使用できないようになっています。)

意外としがちな勘違いなのですが、DAIを入手するために必ずしもMakerDAOを使う必要はなく、他の人が発行して市場に出回っているDAIをETH/DAIなどのペアで取引することも可能です。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

ニュース・記事

ブロックチェーンゲーム世界最大級規模の「JobTribes」ユーザー待望のPvPアリーナ(β版)サービス開始!
シンガポールを拠点にブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(DEA社)は、同社が運営するカードバトルゲーム「JobTribes」にて、ユーザーがそれぞれのデッキを持ちより直接戦うことができる新モード「PvPアリーナ(β版)」のサービスを開始したことを発表いたしました。 考え抜かれたデッキと戦術で、今まで以上に緊張感あふれるバトルを楽しむことが可能になります。 正式ローンチは2021年1月上旬を予定しております。 DEA社は今後も世界中のユーザーに様々なコンテンツを通して楽しさと驚きを提供してまいります。
  • プレスリリース
  • 2020-11-25
  • マイクリコイン(MCHC)の稼ぎ方・入手方法まとめ
    マイクリからガバナンストークンのマイクリコイン(MCHC)がリリースされました。ゲームをプレイして入手するまでの流れが少し複雑なので、詳しく解説していきます。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-11-20
  • インディーゲーム開発者がブロックチェーンゲーム開発に挑戦するわけ
    ブロックチェーンゲーム「マギアストーン」を開発しているインディー・ブロックチェーンゲーム開発者の ゆうき氏に、メールインタビューを行いました。
  • インタビュー
  • 2020-11-18
  • 元Microsoftのメンバーが、Executive DirectorとしてEnjinに参画
    ※以下プレスリリースをそのまま掲載しています。 この度Enjinは、長年Microsoftにて要職を務めたAlex Solomonが、Executive Director of Enterprise Platformsとして、Enjinに参画したことをお知らせ致します。Solomonは20年以上にわたり、Microsoftのマーケティングやオペレーション部門をリードし、最近では西ヨーロッパチームのAzure Direct事業を担当しました。Enjinでは上記経験を生かして、企業とのリレーション構築や、ブロックチェーン技術の導入を促進します。
  • プレスリリース
  • 2020-11-18