English
SignIn
ニュース・記事

Bakkt(バックト)9月6日よりビットコインの受け入れを開始

update at :

Bakkt(バックト)が9月23日の取引開始に向け、9月6日よりユーザーの資金受け入れを開始します。

当初は2018年12月に開始予定でしたが、規制当局や政府機関などから準備が不十分と判断され、委員会からの承認待ちで2度延期されていました。

しかし、今年8月中旬に金融当局や政府機関から承認を得たと発表。9月23日のローンチに向け準備が進められています。

Bakktの参入は市場にも大きく影響し投資家からも注目が集められています。

今回の受付開始、また9月23日に向け、「Bakkt」という言葉を目にする機会が増えると思うので、Bakktについて少し触れておきましょう。

ツイート

Bakkt(バックト)とは

Bakkt(バックト)9月6日よりビットコインの受け入れを開始

Bakktバックト)とは2018年8月、世界最大の証券会社であるニューヨーク証券取引所の親会社Intercontinental Exchange(インターコンチネンタル取引所)が立ち上げた会社です。

Intercontinental Exchangeは「ICE」とも呼ばれ、、アメリカ合衆国のジョージア州アトランタに本部を置く取引所のことです。エネルギー関連や農産物、貴金属、排出権、株価指数、外国為替、金利、CDSなどを電子取引所で行っています。

2013年に取引所運営会社のNYSEユーロネクストを買収、その後ニューヨーク証券取引所(NYSE)を傘下に収めました。現在は、70カ国以上がICEの市場で取引を行い、ICEは6つの決済機関を運営しています。

BakktはICEの子会社にあたり、マイクロソフトやスターバックスとも提携しています。

Bakktが目指すものは、仮想通貨やトークンなどデジタル資産の決済や保管、取引といった機能を備えたプラットフォームになることです。Bakkt(バックト)の親会社であるICEは以前より、ビットコインの先物取引「Bakkt Bitcoin Daily&Monthly Futures:先物取引」を行うことを発表しており、今回ローンチ(9月23日予定)に先駆けて、9月6日より資金受け入れを開始する予定です。

先物取引に向けて

Bakkt(バックト)9月6日よりビットコインの受け入れを開始

Bakktが先物取引を提供するためには、ニューヨーク州金融サービス局からカストディアンとしての認定を受けることが必要となっていました。

8月17日、正式にニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)からの承認を得たことによって「ビットコイン先物取引(Bakkt Bitcoin Daily&Monthly Futures)」と「カストディサービス(Bakkt Warehouse)」を提供することができるようにります。

Bakkt Warehouse:カストディサービス(9月6日資金受け入れ開始予定)

Bakkt(バックト)9月6日よりビットコインの受け入れを開始

Bakkt Warehouseは9月6日よりユーザーの資金(ビットコイン)の受け入れを開始。9月23日のローンチに備えて準備を進めています。

顧客の資産を管理するBakkt Warehouseは、ニューヨーク証券取引所と同水準のセキュリティを誇るとも伝えられています。

Bakkt Bitcoin Daily&Monthly Futures:ビットコイン先物取引(9月23日予定)

Bakkt(バックト)9月6日よりビットコインの受け入れを開始

Bakktが今回ローンチするプロダクトは、機関投資家向けの現物引渡しビットコイン先物で、先物契約はデイリー(日ごと)とマンスリー(月ごと)の2つがあります。



デイリー

デイリー先物は満期1~70日でBTCを取引できる契約で、証拠金を元にした取引が可能です。

マンスリー

Bakktのマンスリー先物は月ごとに満期が設定された契約で、最長12ヶ月までのポジションを取ることができます。

どちらの先物も、契約あたりで取引するビットコインの枚数(契約サイズ)は1BTCとなっており、最低10ロットから取引可能となっています。

ペイメントにも参入目指す

Bakktカストディ、先物以外にも2020年までにペイメントにも参入するとしており、今年6月にはペイメントアプリ「Bakkt Pay」の開発に伴い、元Googleのコンサルタントが加わったとの報道もあります。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

2021年版最新【ファンタジーサッカーゲーム】Sorare(ソラレ)の概要・始め方・遊び方
現実でのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要、始め方、遊び方を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2021/03/10 インストール方法を最新版に差し替えました ※2020/8/18 J1リーグ参加 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/5/24 更新
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【2021年3月】AnimocaBrandsのブロックチェーンゲームまとめ
    コインチェックとの提携でも話題になったAnimocaBrandsのBCGについて紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-12-23
  • この著者による記事

    楽天ウォレットの概要について
    楽天ウォレット(旧みんなのビットコイン)はみなし業者として営業していましたが、3月25日仮想通貨交換業者として登録を終え、6月からサービスを開始する予定です。 この記事では6月予定とされる楽天ウォレットの概要について纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-05-22
  • バイナンスも出資するCocos-BCXとは|特徴や将来性について解説
    ブロックチェーンゲームを開発する上で、ゲーム制作の知識、ブロックチェーンの知識と両方が必要となり、開発者にとって非常にハードルが高いです。 Cocos-BCXは独自の開発キッドを利用することで、簡単にブロックチェーン上でDappsを開発、デバッグ、リリースすることができきます。 Cocos-BCXは大手企業との提携や融資、バイナンスに上場したことで話題にもなりました。 この記事ではCocos-BCXの特徴や将来性ついて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • 分散型プラットフォームIOSTの特徴について
    トランザクションを高速で処理しシームレスなブロックチェーンアプリ(Dapps)を構築することができるIOSTの特徴につてい解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-07-16
  • クロスチェーンプラットフォームCosmos価格急騰!|そもそもクロスチェーンてなに?
    Cosmosはクロスチェーン技術に焦点を当てたプロジェクトで、異なるブロックチェーンを繋ぐ技術を実現するためのプロジェクトです。 さて、ここで出てくるワード「クロスチェーン」とは、どのような技術でしょうか。 この記事ではクロスチェーンの特徴について解説していきます。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-05-07
  • Blockchain/NFTの記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • BigQueryのEthereumデータを使ってブロックチェーンゲームを分析しよう!
    ブロックチェーンゲームの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。 ※2021-03-21 画像を追加
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の旧バージョンを使う方法。(重要な追記あり)
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のUIが新しくなり、MEWとしてリニューアルしてからしばらく立ちましたが、新バージョンにでログイン出来ない方もいるかと思います。 この記事では旧バージョンに戻す方法を説明します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-30
  • ニュース・記事

    EGGRYPTO(エグリプト)が開始1年で30万DL突破
  • ニュース
  • 2021-04-30
  • 国内最大NFTカンファレンスNon Fungible Tokyo(TBCC2021)の 開催決定
    ※以下プレスリリースを掲載しています。 NFTブームの先を見据えた議論を各界をリードする企業と議論、事故防止のガイドライン啓蒙 一般社団法人ブロックチェーンコンテンツ協会(代表:國光宏尚)は昨年に引き続きTokyo Blockchain Contents Conferenceを特別エディションとして2021年5月28日にNon Fungible Tokyo(TBCC2021)として開催します。
  • プレスリリース
  • 2021-04-30
  • 著名人に支持されているアバター企業Genies(ジーニーズ)がNFTを販売開始
    NBA Top Shotを提供しているDapperLabsと提携し「Genies Marketplace (ジーニーズ ・マーケットプレイス)」を立ち上げると発表した。ジャスティン・ビーバーや、安室奈美恵等有名ミュージシャンがミュージックビデオのプロモーションでジーニーズのアバターを使用するなど人気を得ている。 この提携によってGenies(ジーニーズ)アバター用ウェアラブルのNFT売買が可能になる。 ※以下プレスリリースを掲載しています。
  • プレスリリース
  • 2021-04-30
  • ブロックチェーンMMORPG「EmberSword」最新情報まとめ
    2018年から開発されているブロックチェーンMMORPGのEmberSwordに新しい動きがあったので、最新情報をまとめます。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2021-04-29