English
ログイン
ニュース・記事

XPってどんな仮想通貨?Steamでゲームをプレイするともらえるって本当?

更新日

eスポーツでの活用が期待されている、仮想通貨XPについて特徴と将来性について説明していきます。またSteam内でどのような使われ方をされているのか、分裂についても解説を加えていきます。

仮想通貨XPは、草コインの中でも実用性が高い仮想通貨として多くの投資家に注目されている草コインです。

2017年12月には一ヶ月で100倍まで高騰しており、投機性の高さからも話題になりました。

また世界的なゲーム配信サービス「Steam」で導入されており、ゲームをするだけで仮想通貨がもらえるとして注目を集めています。

今後も話題となるであろうXPですが、そもそもどのようなプロジェクトなのでしょうか。

今回はXPの特徴と将来性、使われ方について説明していきます。

仮想通貨XPとは?

仮想通貨XPは2016年8月に誕生した仮想通貨です。

XPは「Experience Points」の略で、日本語では「経験値」を意味します。

RPGなどで敵を倒すともらえる経験値ですが、仮想通貨XPは、その経験値を仮想通貨として受け取ることができるのです。

例えば、ゲームをプレイすることで報酬としてXPを受け取ることができます。

「すべての人に経験値を」というコンセプトのもとで運営されており、eスポーツの賞金としてXPが付与されるという使い方や、実店舗での決済手段としての使われ方が期待されています。

ゲームをプレイするだけで仮想通貨がもらえるという夢のような世界を実現させようとしているのが、仮想通貨XPなのです。

仮想通貨XPの特徴は?

仮想通貨XPは、ゲーム内で利用できる通貨ということに加えて、大きく3つの特徴があります。

コミュニティが活発で日本人のファンが多い

草コインにおける重要な要素の一つとして、コミュニティが盛り上がっているか、という点が挙げられます。

その点において、XPは多くのインフルエンサーから注目を集めています。

ゲーマー向けのチャットサービス「Discord」では日本だけで約45,000人以上の参加者がいると言われています。

このDiscordのコミュニティ内には有名ブロガーのイケダハヤトさんや、起業家の堀江貴文さんも参加しており、度々本人が登場することでコミュニティを賑わせています。

コミュニティが盛り上がっている理由の一つに、XPの機能である「Rain」という投げ銭が活発に行われていることが挙げられます。

Discordのコミュニティ内で、オンラインメンバーに対してXPのばら撒きを行うことができ、それがきっかけとなって多くのユーザーを呼び寄せているわけです。

もちろん、Rain以外にもコミュニティではXPの将来性や活用法などの議論が活発になされています。

XPに投資を行いたいのであれば、まずはDiscordのコミュニティに参加しておきましょう。

ファンが多いということから、公式にキャラクター化もされており、「XPちゃん」というキャラクターがファンからの創作で作られています。

また「XPちゃん」の公式ホームページまでも作られており、普通の草コインでは考えられないような動きを見せていました。(Twitterのサービスは現在は終了)

マイニングの仕組みにPoSを採用している

XPのマイニング方式には、PoS(Proof of Stake)という方式が採用されています。

これと対をなすマイニング方式として、ビットコインなどの仮想通貨に使われているPoW(Proof of Work)というものがあります。

PoWは、難しい計算式を処理した人の承認作業が採用されるというマイニング方式ですが、高性能なコンピュータが必要になり、マイナーのコストがかさむというデメリットがあります。

XPで採用されているPoSは、仮想通貨の保有量が多い人の承認作業が採用されるというマイニング方式です。

さらにPoSのメリットとして、一定枚数以上の仮想通貨を持っていると、自動的にコインが増えていくということが挙げられます。

金額にもよりますが、保有しているだけでマイニング報酬として、一ヶ月あたり5%前後の報酬を受け取ることができます。

XPの場合、1,000万XPを持っていればマイニング報酬を受け取ることができます。

2018年9月時点で1XPの価格は0.005円なので、50,000円で月5%の金利を得られると考えればお得でしょうか。

SteamでXPをもらうことが出来る

2018年6月から、世界最大のゲーム配信プラットフォーム「Steam」でゲームをプレイすることでXPがもらえるようになりました。

これまでは限られたゲームでしかXPをもらうことができなかったのですが、Steamのすべてのゲームが対象になります。

ファイナルファンタジーやバイオハザードといった有名タイトルもSteamには多くあるので、自分の好きなゲームをプレイするだけでXPをもらうことが出来るようになるのです。

現状は送金時間やどれくらいの額がもらえるのかというところも不透明ですが、実際にSteam内でゲームをすることでプレイ時間に応じたXPをもらえた、という報告もされています。

仮想通貨XPの将来性について

Steamですでに実用化がなされている仮想通貨XPですが、その将来性はどうなのでしょうか?

XPは、eスポーツやゲームの分野での活用を目的として作られたプロジェクトです。

eスポーツの市場規模は、2018年ですでに約16億ドル(約1,700億円)と言われており、2022年には約23億ドルまで成長すると、政府から発表されています。

XPはすでに多くのeスポーツの大会でスポンサーになっており、eスポーツの発展とともに活用の場が広がる可能性が高いです。

また、実店舗でもXPが決済手段として使われています。

日本国内でも飲食店でXPを用いた決済が可能になっており、実際の通貨と同じように使用することが出来るのです。

一方で、XPにも懸念点はあり、その懸念点を払拭する仮想通貨として、XPから分裂して「XPC」という新しい仮想通貨が2018年7月に作られました。

XPCは、XPで懸念点として挙げられていた、PoS率の変更や安定したウォレットの提供などを目指しています。

理念としてはXPと同じですが、認知度はXPと比較するとまだ低いので、XPと合わせて今後の動きに注目が集まります。

まとめ

仮想通貨XPは、市場規模が大きくなるeスポーツ市場において存在感を高めていきそうな仮想通貨です。

また実店舗でも使用されているので、お金として使用できるというメリットもあります。

他の草コインでは、投資家同士のコミュニティがあまり多くないこともあり、情報の交換などが難しいこともありますが、XPは投資家同士の活発な意見・情報交換が出来るというのもメリットの一つです。

一方で、仮想通貨全体から見ると時価総額も小さく、まだまだ草コインの域を脱しないのも事実です。

XPは国内の仮想通貨取引所では売買することができず、「Coin Exchange」などの海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

草コイン特有の値動きの軽さがリスクにもなりうるので、購入するときは十分に情報を集めてしっかり検討しましょう。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

なかやん@投資ブログ

証券会社→人材系ベンチャー→SEOコンサル。投資・Web・ゲーム・音楽の話を世田谷区から発信するアラサー男性。「20代で投資に全振り手帳」というブログを運営する傍ら、投資(株式・仮想通貨)に関する記事をメディアに寄稿するライター活動も行っています。

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • 2022年版最新「Sorare」(ソラーレ)の概要・始め方・遊び方
    現実でのサッカーの試合結果と連動したイーサリアムに対応したブロックチェーンゲームのSorare(ソラーレ)について概要、始め方、遊び方を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2022/07 MLBを追記しました。 ※2021/09/09 Sorareとラ・リーガが提携しました。 ※2021/03/10 インストール方法を最新版に差し替えました ※2020/8/18 J1リーグ参加 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/5/24 更新
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 話題のM2E「RunBlox」の初め方と遊び方を解説
    RunBloxのインストールから遊び方をわかりやすく解説しました。 2022/08/08 正式リリースについて追記 2022/06/28 マーケットプレイスについて追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-30
  • 【2021年5月】AnimocaBrandsのブロックチェーンゲームまとめ
    コインチェックとの提携でも話題になったAnimocaBrandsのBCGについて紹介します。 MOTO GPとCrazy Defense Heroesについて追記(2021/3/16) AnimocaBrandsのサッカーゲームについて追記(2021/5/28)
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-12-23
  • この著者による記事

    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは?登録方法と使いかたを徹底解説します!
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、イーサリアムを保管するのに使われているオンラインウォレットの中で、最も人気のあるウォレットです。この記事では、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の特徴と登録方法、使い方について解説していきます。
  • DApps入門
  • 2018-09-21
  • 注目のウォレットアプリ「GO!WALLET」がリリース!使い方について徹底解説!
    株式会社スマートアプリからリリースされた「GO!WALLET」はイーサリアムに特化したウォレットアプリです。Dappsゲームへのアクセスが容易になるのが特徴で、すでに多くのDappsと連携が可能になっており、今後の注目が期待されます。今回は、この「GO!WALLET」の使い方について説明していきます。
  • DApps入門
  • 2018-10-16
  • モバイルウォレットのTrust(トラスト)とは?登録方法と設定の仕方について徹底解説!
    モバイルウォレットはDappsゲームやICOを行うにあたってとても便利なアプリです。様々なモバイルウォレットが開発されている中、今回は最近海外大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)の傘下に入ったTrust(トラスト)というモバイルウォレットについて登録方法や使い方について解説します。
  • DApps入門
  • 2018-10-11
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)にログインできない!アカウントが作れない時の対処法。【新バージョンへのリンクを追加】
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、使いやすいオンラインウォレットとして、初めてオンラインウォレットを利用する人にも多く選ばれています。ですが、セキュリティの高さゆえ、ログイン出来なくなると対処法がわかりにくいということも起こります。今回は、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)がログイン出来ない時やアカウントが作れない時の対処法について説明します。
  • DApps入門
  • 2019-09-02
  • Blockchain/NFTの記事

    Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってブロックチェーンゲームを分析しよう!
    ブロックチェーンゲームの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。 ※2021-03-21 画像を追加
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • 【BCG初心者向け】Uniswapでリストにないトークンを取引する方法
    Uniswapでリストにないトークンを取引する方法をまとめました。ブロックチェーンゲーマーが、ゲームをプレイして得たトークンをUniswapで売るための必須知識です。
  • Blockchain/NFT
  • 2020-10-15
  • Powered by