English
SignIn
ニュース・記事

【セキュリティが不安?】初心者の人にお勧めしたい高いセキュリティのモバイルウォレット3選

update at :

初心者の人でも安心・安全に使えるお勧めモバイルウォレットを3つ選びました。
どれも評判も良く使いやすいので一度試してみてはいかがでしょうか。

ツイート

2017年以降、仮想通貨に興味を持たれる方が急増し、コインを保有される方がかなり増えてきました。
一方、ハッキングなどの被害件数も増え、取引所のウォレットに大事な資産を預けるのに抵抗を持つ人もいます。
今回は、使い方も簡単で費用も掛からない、初心者でも安心して使える高いセキュリティを持つウォレットを三つご紹介します。

Ginco(ギンコ)

【セキュリティが不安?】初心者の人にお勧めしたい高いセキュリティのモバイルウォレット3選

Gincoは無料アプリをダウンロード&インストールするだけで利用できる手軽なモバイルウォレットです。
それでいてクライアント型方式と独自の暗号通信によって高い安全性と利便性を実現。
シンプルで使いやすいUIを搭載し、ユーザーからの評価も非常に高い人気のあるウォレットです。

Gincoは完全に日本企業がリリースしたアプリなので、日本語インターフェース、シンプルですっきりしたデザインとなっており、説明書がなくても直感的に使えます。

創業者である森川氏は京都大学在学中に起業し、仮想通貨ウォレットアプリ開発、ブロックチェーンに係わるコンサルティングを行っていました。

また、LINE Payの事業戦略を担当していた房安氏がCOOを務めるなど、優秀な人材が開発、運営に携わっています。


クライアント型ウォレットとは

仮想通貨には「公開鍵」と「秘密鍵」の2つの鍵があります。
「公開鍵」は銀行でいえば口座番号のようなもので、誰に知られても問題はありません。
一方「秘密鍵」は金庫の鍵のようなもので、誰かに知られてしまうと仮想通貨を自由に動かされてしまいます。
取引所やウェブウォレットでは運営会社のサーバーでユーザーの「秘密鍵」を集中して保管しています。
自身で管理しなくてもよい手軽さはありますが、万が一、運営会社がハッキングされてしまうと自分の資産も含め多額の仮想通貨を盗難されてしまうリスクがあります。
クライアント型では自分の秘密鍵は自分の端末(スマホ)で管理します。
これによりハッキング等で盗まれるリスクが低くなり、アプリ利用者同士で手軽に仮想通貨の送金もできるようになります。

tokenPocket(トークンポケット)

【セキュリティが不安?】初心者の人にお勧めしたい高いセキュリティのモバイルウォレット3選

Dappsに興味がある方は、TokenPocketをお勧めします。
TokenPocketはEthurem & ERC20対応のモバイルウォレットでiPhone(iOS)アプリです。
イーサリアム上には8000種類以上のトークンがあり、ICOやAirDropへの参加も「tokenPocket」があれば簡単に参加出来きます。

気になるセキュリティー面ですが、tokenPocke公式(Medium)を覗いてみると、「私たちはサーバーで秘密鍵を管理するといったことを一切していないので、その意味で絶対にハッキングされることはありません。」とコメント。
セキュリティーに対して絶対の自信が感じられます。

アップデートも頻繁に行われており、ユーザーの意見をいち早く受け入れる運営体制が整っているので、より使い勝手の良いものとなることは間違いありません。手軽にDappsを楽しみたいという方は、ぜひトークンポケットをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

なおtokenPocketはiphone専用アプリです。
さらに、検証観点、安全性の観点から最新の iOS11 のみの対応となっています。

bitpay/copayウォレット

【セキュリティが不安?】初心者の人にお勧めしたい高いセキュリティのモバイルウォレット3選

bitpay/copayは、bitpay社の運営するウォレットです。別のサービスのように扱われていますが、copayは現在bitpayに統合されており、機能も操作もほとんど同じものです。

同一アプリで複数のウォレットを作成することが可能なため、個人用や仕事用などと用途に合わせて、別々のウォレットで管理を行うことができて便利です。ウォレットの画面切り替えも簡単にできるので、複数のウォレット管理も楽にできます。

bitpay/copayの場合はインターネット上にはデータを保管しないので、高いセキュリティが望めます。暗号通信によるペイメント認証機能も付いているので、送信ミスを防ぐこともでき、2段階認証により、第三者による不正な利用を防止することもできます。

こちらもバックアップ・フレーズが発行されるので、万が一端末がなくなったり、故障した場合にも復元が可能となっています。

さらにbitpay/copayはマルチシグに対応しています。

マルチシグとは「マルチシグネチャー」の略で、同じアカウントを複数の秘密鍵で管理する技術のことです。

自分のスマホとPCで設定して二段階認証のようにしておけば、片方を落としたりしてもコインを盗まれる心配はありません。

海外の製品ですが、日本語にも対応。さらにbitpay/copayはWindows,Mac,Linux,iPhone,​Androidの全てに対応したデスクトップウォレットとしても操作が可能なので、様々な端末からアクセスできます。セキュリティー面も大変強固なので評判も良いです。

デメリットとして、対応通貨がビットコイン、ビットコインキャッシュの2種類しか対応していないので、他のアルトコインを所有してる方は利用することができません。

まとめ

モバイルウォレットは、仮想通貨をより身近で使いやすいものにすることができる非常に便利なウォレットです。
決済通貨としても日々対応店舗が増えていっているので、スマホで持ち歩けるモバイルウォレットは、今後必須になっていくと思います。
それぞれのモバイルウォレットの特徴を把握したうえで、自分の使い方に適したものを選択し実際に使ってみることが良いでしょう。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • この著者による記事

    2019年10-11月に控える第4次相互審査|FATFとは
    今年(2019年)10月から11月にFATFの第4次相互審査が予定されています。 今回の審査では初めて仮想通貨も対象になることから、仮想通貨交換業者における対応も金融庁を中心に進められています。 この記事では、FATFのこれまでの取り組みについて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-05-31
  • ウェブウォレットの特徴
    ウェブウォレット(Webウォレット)とは仮想通貨を使用する際、運営の管理下にあるWeb上で仮想通貨を保管するタイプのものを指します。 インターネットに接続できる端末なら、パソコンでもスマートホンでも瞬時に残高の確認や送金手続きなどが行えます。 操作性も手軽でウォレットの中でも、利便性が非常に高いタイプです。 今回はウェブウォレットの特徴について纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-10-12
  • バイナンスも出資するCocos-BCXとは|特徴や将来性について解説
    ブロックチェーンゲームを開発する上で、ゲーム制作の知識、ブロックチェーンの知識と両方が必要となり、開発者にとって非常にハードルが高いです。 Cocos-BCXは独自の開発キッドを利用することで、簡単にブロックチェーン上でDappsを開発、デバッグ、リリースすることができきます。 Cocos-BCXは大手企業との提携や融資、バイナンスに上場したことで話題にもなりました。 この記事ではCocos-BCXの特徴や将来性ついて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • 通貨価格にも影響を示すハッシュレートについて
    ビットコインのハッシュレートは、日々変動しており、投資の動向を判断する際にも利用されています。 この項では、ビットコインの相場にも影響を及ぼすハッシュレートについて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-10-04
  • Blockchain/NFTの記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってでブロックチェーンゲームを分析しよう!
    dAppsの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の旧バージョンを使う方法(追記あり)
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のUIが新しくなり、MEWとしてリニューアルしてからしばらく立ちましたが、新バージョンにでログイン出来ない方もいるかと思います。 この記事では旧バージョンに戻す方法を説明します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-30
  • ニュース・記事

    Kickstarterでの資金調達に成功したBarehandが、Enjinのエコシステムに参加!
    「Cede」の動画から面白そうな雰囲気が伝わってきますね!期待できそうです。 ※以下プレスリリース引用しています。 この度 Enjin Pte. Ltd. (本社:シンガポー ル、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」) は、NFTを用いたブロックチェーンゲーム「Cede」を開発するBareHand LLCが、Enjinのエコシステムに参加したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-10-15
  • 【BCG初心者向け】Uniswapでリストにないトークンを取引する方法
    Uniswapでリストにないトークンを取引する方法をまとめました。ブロックチェーンゲーマーが、ゲームをプレイして得たトークンをUniswapで売るための必須知識です。
  • Blockchain/NFT
  • 2020-10-15
  • Blockchainを活用したコンテンツ領域における国内外の有名企業/プロジェクトによる「Tokyo BlockChain Contents Conference 2020」が10月23日開催
    「ブロックチェーンコンテンツ協会」はブロックチェーン領域のコンテンツにフォーカスして、デベロッパーによる事例紹介や、業界を牽引する関連企業によるパネルディスカッション等を実施するカンファレンス「Tokyo BlockChain Contents Conference 2020」を10月23日に開催します。 今年はコロナ禍の影響の為、オンライン無料開催となるので気軽に参加できます。 ブロックチェーンxコンテンツの可能性に触れる、またとない機会になりそうです。
  • イベント
  • 2020-10-07
  • 第1回NFT Awardsの審査員にソニーの元CEOやマイクロソフトに加えて、ユービーアイソフトが参画!
    NFT Awards 2020の審査員にUBISOFTが加わるようです。エントリーは開始しており、自薦も可能なため、NFTのデザイナー、ホルダー、デベロッパーの皆様、この機会に応募してみてはいかがでしょうか? ※以下プレスリリースを引用 ブロックチェーンを用いたゲームエコシステム構築をする Enjin Pte. Ltd. (本社:シンガポー ル、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」) は、ブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.( 本社:シンガポール、Co-CEO:吉田直人および椎名茂、以下「DEA」)と共同で、2020年に発行された価値あるNFTを表彰するイベント「NFT Awards 2020」を、2020年12月9日にオンライン開催いたします。本イベントは、ブロックチェーン上で発行されるデジタルアイテムである「NFT」の価値や活用事例を、より多くの方に知っていただくことを目的にしております。 そしてこのたび、賞の内容や、選考委員会のメンバーおよび審査員の追加が確定し、また各賞へのエントリーが開始したことをお知らせいたします。
  • イベント
  • 2020-10-06