English
ログイン
ニュース・記事

【Enjinはブロックチェーンに特化したプラットフォーム。特徴を簡単解説】

【Enjin(Enjin Coin)の要約】

・ゲームのプラットフォームのこと
・2019年時点でユーザー数約2000万人
ブロックチェーンゲームに特化するために生まれた
・ゲーム内でアイテムを作り資産として売買・交換できるなどの特徴がある
・オープンソースでゲームの開発支援を行っており、さらなる普及を目指している

1.Enjin(Enjin Coin)とは?

Enjinは、2009年に作られたシンガポールの会社で、ゲームのプラットフォームが運営されています。そのプラットフォームの呼び名もEnjinです。

Enjinのプラットフォームで使われる仮想通貨のことをEnjin Coinといいます。世界最大級の海外の取引所である、Binance(バイナンス)でも取引きされていますよ。

Enjinの規模を示す数字として、2019年時点Enjinプラットフォームのユーザーは約2000万人です。数が大きいため、市場として安定していることがわかります。

そんなEnjin(Enjin Coin)について、どんな特徴があるのか簡単に解説していきましょう。

2.Enjin(Enjin Coin)の特徴

Enjin Coin(Enjin Coin)は、とくにブロックチェーンゲームに特化した仮想通貨です。

こんな特徴があります。

・ゲーム内でアイテムを作成でき資産として売買・交換できる
・2つのトークンをまとめたERCトークン(ERC-1155)で一気に取引可能
・オープンソースでゲームの開発支援

それぞれ解説していきましょう。

2-1.ゲーム内でアイテムを作成でき資産として売買・交換できる

オンラインゲームをプレイしていて、「アイテムはそのゲーム内のみでしか使えない」というイメージがあるのではないでしょうか?

Enjinのプラットフォームを使ったブロックチェーンゲームだと、アイテムを作ることができるうえ、ユーザー同士で売買・交換も可能です。そのアイテムは、ゲーム内でも利用できます。自分の持つアイテムにも、資産的価値が出るわけです。

さらに、一つのゲーム内だけではなく、同じEnjin内であればゲーム間で対応可能。流動性と柔軟性を感じられますよね。他のゲームで費やした努力や時間が、同じEnjin内であれば評価され価値が出るわけです。

また、せっかくゲームをはじめてもサービス自体が終了すれば、全てなくなる結果に。Enjin(Enjin Coin)だと、自分の手元に資産として残されます。ゲームの安心した取引と、透明化にも繋がっています。

2-2.2つのトークンをまとめたERCトークン(ERC-1155)で一気に取引可能

ブロックチェーンゲームのトークンの規格では、ERC-20とERC-721が使われています。Enjinでは、この2つの規格の機能を組み合わせた、ERC-1155規格のトークンで一気に取引できるようになっています。

というのも、ERC-20は代替できる通貨としての規格、ERC-721は代替できないゲームのキャラクターなどをトークン化するための規格。それぞれ取引が個別に行われていました。

これまで別々の処理が必要だったことが、ERC-1155によってひとまとめにできるようになったことで、効率的になりました。

2-3.オープンソースでゲームの開発支援を行っている

Enjinでは、ゲーム開発のためのSDK(Software Development Kit:ソフトウェア開発キット)のオープンソースを、無料で公開しています。このオープンソースはJavaなどの多言語に対応しています。

オープンソースで公開することで、Enjinによるゲームの普遍性と、プラットフォームとして普及させることを目指していることがわかります。

3.まとめ

ゲーム業界の規模拡大に合わせてさらに注目が集まりそうなEnjin。今後、どんなゲームが登場するかによって、大きな変動を起こす可能性が考えられます。

少しでも気になる方は、ぜひともEnjinを購入しておきましょう。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

youtube

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【2021年5月】AnimocaBrandsのブロックチェーンゲームまとめ
コインチェックとの提携でも話題になったAnimocaBrandsのBCGについて紹介します。 MOTO GPとCrazy Defense Heroesについて追記(2021/3/16) AnimocaBrandsのサッカーゲームについて追記(2021/5/28)
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-12-23
  • 2022年版最新「Sorare」(ソラーレ)の概要・始め方・遊び方
    現実でのサッカーの試合結果と連動したイーサリアムに対応したブロックチェーンゲームのSorare(ソラーレ)について概要、始め方、遊び方を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2022/07 MLBを追記しました。 ※2021/09/09 Sorareとラ・リーガが提携しました。 ※2021/03/10 インストール方法を最新版に差し替えました ※2020/8/18 J1リーグ参加 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/5/24 更新
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 話題のM2E「RunBlox」の初め方と遊び方を解説
    RunBloxのインストールから遊び方をわかりやすく解説しました。 2022/08/08 正式リリースについて追記 2022/06/28 マーケットプレイスについて追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-30
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • Blockchain/NFTの記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってブロックチェーンゲームを分析しよう!
    ブロックチェーンゲームの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。 ※2021-03-21 画像を追加
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • NFTfiとは|NFT担保のレンディングプロトコル
    アート系NFTが盛り上がっていますが、昨年から盛り上がっているDeFiとの絡みも少しずつ開発が進んでいっています。 今回紹介するのは、Axieやクリプトキティー、HashMasksなどのNFTを担保にETHを借りることのできるプラットフォーム「NFTfi」です。
  • Blockchain/NFT
  • 2021-04-27
  • Powered by