ブロックチェーンゲームインフォ-BlockchainGame Info- ブロックチェーンゲーム、dAppsゲームの最新ランキング・情報配信サイト

【Enjinはブロックチェーンに特化したプラットフォーム。特徴を簡単解説】

ツイート

【Enjin(Enjin Coin)の要約】

・ゲームのプラットフォームのこと
・2019年時点でユーザー数約2000万人
ブロックチェーンゲームに特化するために生まれた
・ゲーム内でアイテムを作り資産として売買・交換できるなどの特徴がある
・オープンソースでゲームの開発支援を行っており、さらなる普及を目指している

1.Enjin(Enjin Coin)とは?

Enjinは、2009年に作られたシンガポールの会社で、ゲームのプラットフォームが運営されています。そのプラットフォームの呼び名もEnjinです。

Enjinのプラットフォームで使われる仮想通貨のことをEnjin Coinといいます。世界最大級の海外の取引所である、Binance(バイナンス)でも取引きされていますよ。

Enjinの規模を示す数字として、2019年時点Enjinプラットフォームのユーザーは約2000万人です。数が大きいため、市場として安定していることがわかります。

そんなEnjin(Enjin Coin)について、どんな特徴があるのか簡単に解説していきましょう。

2.Enjin(Enjin Coin)の特徴

Enjin Coin(Enjin Coin)は、とくにブロックチェーンゲームに特化した仮想通貨です。

こんな特徴があります。

・ゲーム内でアイテムを作成でき資産として売買・交換できる
・2つのトークンをまとめたERCトークン(ERC-1155)で一気に取引可能
・オープンソースでゲームの開発支援

それぞれ解説していきましょう。

2-1.ゲーム内でアイテムを作成でき資産として売買・交換できる

オンラインゲームをプレイしていて、「アイテムはそのゲーム内のみでしか使えない」というイメージがあるのではないでしょうか?

Enjinのプラットフォームを使ったブロックチェーンゲームだと、アイテムを作ることができるうえ、ユーザー同士で売買・交換も可能です。そのアイテムは、ゲーム内でも利用できます。自分の持つアイテムにも、資産的価値が出るわけです。

さらに、一つのゲーム内だけではなく、同じEnjin内であればゲーム間で対応可能。流動性と柔軟性を感じられますよね。他のゲームで費やした努力や時間が、同じEnjin内であれば評価され価値が出るわけです。

また、せっかくゲームをはじめてもサービス自体が終了すれば、全てなくなる結果に。Enjin(Enjin Coin)だと、自分の手元に資産として残されます。ゲームの安心した取引と、透明化にも繋がっています。

2-2.2つのトークンをまとめたERCトークン(ERC-1155)で一気に取引可能

ブロックチェーンゲームのトークンの規格では、ERC-20とERC-721が使われています。Enjinでは、この2つの規格の機能を組み合わせた、ERC-1155規格のトークンで一気に取引できるようになっています。

というのも、ERC-20は代替できる通貨としての規格、ERC-721は代替できないゲームのキャラクターなどをトークン化するための規格。それぞれ取引が個別に行われていました。

これまで別々の処理が必要だったことが、ERC-1155によってひとまとめにできるようになったことで、効率的になりました。

2-3.オープンソースでゲームの開発支援を行っている

Enjinでは、ゲーム開発のためのSDK(Software Development Kit:ソフトウェア開発キット)のオープンソースを、無料で公開しています。このオープンソースはJavaなどの多言語に対応しています。

オープンソースで公開することで、Enjinによるゲームの普遍性と、プラットフォームとして普及させることを目指していることがわかります。

3.まとめ

ゲーム業界の規模拡大に合わせてさらに注目が集まりそうなEnjin。今後、どんなゲームが登場するかによって、大きな変動を起こす可能性が考えられます。

少しでも気になる方は、ぜひともEnjinを購入しておきましょう。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

youtube

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!