モバイルウォレットの特徴について

2018-10-17

多彩な機能を持つモバイルウォレット。

対応通貨も多くなり、これからウォレットの主流となるかも知れません。

そんなモバイルウォレットの特徴について纏めてみました。

モバイルウォレットの特徴

モバイルウォレットは、スマートフォンアプリを利用して仮想通貨を管理する方法で、ご自身のスマートフォンにApp Store、Google Playからアプリケーションをインストールして使用します。

「仮想通貨を管理」というよりも、「秘密鍵を管理」という表現の方が適してるかも知れません。

送金、着金がアプリ上で操作できるため、外出先での取引も可能です。

モバイルウォレットは、ユーザーが秘密鍵を入力することでアドレス内において資金管理が可能になり、秘密鍵はスマートフォンのみで管理されます。

このことから、ウェブウォレットよりハッキングされるリスクが低く持ち運びに優れているのが特徴です。

モバイルウォレットのメリット

携帯性が良い

使用する端末がスマートフォンということで携帯性が非常に良いです。

デスクトップウォレットなどはパソコンがないとウォレットにアクセスすることができませんが、モバイルウォレットならスマートフォンから操作することができるので、持ち運びするのにも邪魔になりません。

ウェブウォレットよりもセキュリティが高い

モバイルウォレットは、ウェブウォレットよりもセキュリティが高いと言われています。

前述でも記載しましたが、モバイルウォレットは秘密鍵を自身が持つ端末で管理します。

一方ウェブウォレットは、秘密鍵の管理を運営元が管理するので、もしサービスを停止したり不具合が起こった場合、サイトにログインできず資産が凍結されてしまう可能性があります。

このことから秘密鍵を自身で管理できるモバイルウォレットは、ウェブウォレットよりもセキュリティが高いと言えます。

また、マルチシグネチャにも対応したウォレットもあります。

決済機能に優れている

実店舗にて仮想通貨で支払いをする場合、手軽に持ち運びできるモバイルウォレットは最適な選択肢になります。

決済時のときスマートフォンのカメラを利用してQRコードを読み取ることができるため、スムーズな支払いが可能です。

仮想通貨決済は大手企業から、飲食店などの個人事業者まで少しづつ導入店舗が増えてきています。

今後も決済導入が増えることが予想されるので、モバイルウォレットは必要不可欠なツールとして広がると思います。

対応通貨が豊富

モバイルウォレットは多くの企業からリリースされており、各社が提供するウォレットは、様々な特徴を持ち合わせています。

数十種類以上の仮想通貨に対応したウォレットや、8,000種類以上ものERC-20トークンに対応したウォレットなどもあります。

また、メインネット移行が話題となったイオス(EOS)やイオス系のトークンにも幅広く対応したウォレットもあります。

モバイルウォレットのデメリット

スマートフォンが壊れるとアクセスできない

手軽に持ち運べるメリットがある反面、紛失したりスマホが故障したことで、通貨を失ってしまうリスクがあります。

ただし、バックアップをしっかりとっておけば、資産を取り出すことができます。

ハードウェアウォレットよりセキュリティは劣る

秘密鍵を端末保存するモバイルウォレットは、ウェブウォレットより安全です。

ただし、ハードウェアウォレットと比べると安全性は劣るでしょう。

スマートフォンに限らずオンラインで使用する端末は不正アクセスされる可能性があります。

更にモバイルウォレットの種類によっては、直接仮想通貨のネットワークにアクセスせず、インターネットを経由して提供するサービスもあるので、事前にサービス内容を確認しておくことが大切です。

気になるモバイルウォレット

Bitpie(ビットパイ)

Bitpie(ビットパイ)は海外企業が提供するモバイルウォレットですが、日本語に対応しておりそのインターフェイスはとてもシンプルなので、初心者の方でも迷うことなく利用することができます。

対応通貨も40種類以上と非常に多く、ビットコインのハードフォークコインにもかなり対応しています。

セキュリティ面も非常に評判が良く、国内でも多くのユーザーが利用しています。

また、レンディング機能も搭載されているのも大きな特徴です。

TokenPocket(トークンポケット)

TokenPocket(トークンポケット)は日本の企業が提供するウォレットで、イーサリアムを始め8,000種類以上のトークンに対応しています。

当然ですが日本語にも完全対応していますので、操作上迷うことはありません。

また、Webブラウザが搭載されており、クリプトキティーズやくりぷ豚などのDAppsゲームやForkDeltaなどのDEX(分散型取引所)に対応しています。

最後に

利便性・携帯性においてモバイルウォレットは、他のタイプのウォレットよりも非常に優れていると言えるでしょう。

ここでは紹介していませんが、パソコンと共有できるモバイルウォレットもあります。

これから仮想通貨の決済導入店舗が増えるにつれ、モバイルウォレットが多く使われるのではないでしょうか。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

シェア

ツイート

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。