English
SignIn
ニュース・記事

ENJINベースのオープンワールドRPG|TheSixDragonsとは?

update at :

エンジンベースのゲームが少しずつ増えてきています。PCベースのゲームが多いということもあり、全体的なクオリティはETHのBCGよりも高い印象です。

この記事では、オープンワールドRPGのBCGである「TheSixDragons(TSD)」について紹介していきます。

ツイート

TheSixDragons概要

出典 : youtube

The Six Dragons - Gameplay alpha footage

TheSixDragons(TSD)は、EnjinというBCGプラットフォームを活用して制作されているオープンワールドRPGのBCGです。ゲーム内のアイテムは、ブロックチェーン上で管理され、プレイヤーが自由に取引する事ができます。

実際にBCGアセットのマーケットプレイスであるOpenSeaや、EnjinアセットのマーケットプレイスであるenjinXで取引がされています。

こういったマケプレでの取引をチェックすることでゲームの盛り上がりを知ることができますので、実際にアセット購入を検討する際にはチェックしてみましょう!

OpenSea:https://opensea.io/accounts/thesixdragons
EnjinX:https://enjinx.io/

ゲームとしては、オーソドックスなオープンワールドRPGです。敵を倒してキャラクターを育成したり、ドロップアイテムを集めて武器を生成したりして強くなっていきます。

実際のゲーム動画を見ていただくと、様子がわかると思います。

TheSixDragonsのガバナンスNFTとは?

現在、TSDはガバナンスNFTのプレセールを実施中です。
https://thesixdragons.com/shop-page/governance-nft/

ガバナンスNFTには、保有していることにより3つのメリットがあります。

1. Yeild farming
2. Voting Power
3. Governor Status

それぞれ説明していきますね。

Yield farming

ガバナンスNFTの保有者は、TSDのオンチェーン上の取引やアイテムのクラフティングで支払われた手数料の一部をもらうことができます。

支払いは、エンジンコインと1:1でペッグされたTSDTというトークンで行われます。ガバナンスNFTを複数持っていれば、支払われるパーセンテージを増やすことができます。

NFT自体を売却することもできますから、TSDの成長に伴ってキャピタルゲイン・インカムゲインを得られるシステムとなっています。もちろん、盛り上がらなければ配当も乏しく、NFTの価値も下がりますから損をするリスクも高いです。

ちなみに、最近の流行りにのってDeFiとかイールドファーミングとかのワードを使っていますが、ゲームシステムでの手数料を得られるNFT自体は割と初期からあって新しさはないです。DeFiというワードに釣られて飛びつかないようにご注意ください。

Voting Power

TSDのゲームシステム上のパラメーターは、提案によって変更することができます。この時に行われる投票で1NFT=1票として機能します。

最近はマイクリでも投票券としてのガバナンストークンが実装されました。プレイヤーが運営に関わっていくというモデルがBCGのひとつの流れになりそうですね。

参考:https://news.blockchaingame.jp/810(2020年11月9日より、世界No.1を記録した『My Crypto Heroes』がガバナンストークン「MCH Coin」を発行開始!)

Governor Status

TSDを実際にプレイする人にとっては、実はこれが一番嬉しいかもしれません。

NFTを保有している間、Governorステータスとして名前の色が変わり、他のプレイヤーと差別化してくれます。TSDが盛り上がってくれば、Governorとして一目置かれる存在になるかもしれませんね。

まとめ

EnjinベースのBCG「TheSixDragons」についてまとめました。これまでのBCGにはなかったRPGで、ゲーム内のアイテムを自由に売却できるというのは注目を浴びるポテンシャルを持っているかなと。

TSDは、PS5への展開を2021年に行うと発表しており、コンシューマーゲーム機でBCGがプレイできる時代も意外とすぐ近くに来ているのかなと感じます。

現在はまだアセットホルダーも1000人に満たない程度(OpenSeaデータ)ですが、今後も動向は追っておいて損のないゲームですね!

他のENJINのゲームが気になる方は、こちらの記事も読んでみてください。
https://news.blockchaingame.jp/815(【2020年11月版】ENJIN関連のゲームまとめ)

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • 【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • ゲーム攻略/紹介の記事

    【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ(2020年版)
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。 ※2020/11/01 Labが廃止されているなど現状に合わせて記事を追記、修正しました。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • ニュース・記事

    Illuvium(イルヴィウム)とは?NFTのスケーリングソリューションImmutableXを利用したRPG
    スケーリングソリューションであるImmutableXを利用した、オープンワールドRPGであるイルヴィウムについて紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2021-01-21
  • LINEの暗号資産取引サービス「BITMAX」、「2021年 新春プレゼントキャンペーン」を開催! 暗号資産の購入で10,000円相当以上のイーサリアム(ETH)をプレゼント!
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長CEO:林 仁奎、以下「LVC」)は、暗号資産取引サービス「BITMAX」にて、本日より「2021年 新春プレゼントキャンペーン」を開催しますので、お知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2021-01-20
  • 日本初!ゲームトークンとなる暗号資産 Enjin Coin(ENJ)の取扱い開始が決定
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 2021年1月19日発表(東京)— この度 Enjin Pte. Ltd.(本社: シンガポール、CEO: Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(以下、JVCEA)の承認を受け、2021年1月26日よりEnjin Coin(エンジンコイン、ティッカーシンボル:ENJ)がコインチェックで取り扱い開始されることを発表いたします。Enjin Coinはゲーム向けに発行された暗号資産としては、日本初の取り扱いとなります。
  • プレスリリース
  • 2021-01-19
  • 日本初! NFT(Non-Fungible Token)によるチャリティープロジェクト 著名人の作品オークションによる資金で生活に苦しむ若年層の食糧支援 KIZUNA ✕ ENJINチャリティーNFTプロジェクト 目標金額200万円
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 ブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するENJIN Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、SDGs x Blockchainで社会を変える想いを繋ぐプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する「株式会社グラコネ」(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤本真衣、以下 グラコネ)と、著名人の作品オークションによる販売で得た資金で、生活に苦しむ若年層への食糧支援事業に寄付をする、日本初となるNFT(※)によるチャリティープロジェクトを開始することを発表します(2021年2月に実施予定)。 ※NFT:「Non-Fungible Token」の略称でブロックチェーン上で流通させる代替のできない固有の価値を持つデジタルトークン。
  • プレスリリース
  • 2021-01-18
  • keywords