English
SignIn
ニュース・記事

【TBGC2019レポート-後編】日本から世界へブロックチェーンゲームにフォーカスしたイベント「Tokyo BlockChain Game Conference2019」レポート 1/4

update at :

国内外のブロックチェーンゲーム業界のキーパーソン、キープロジェクトが集結した「Tokyo BlockChain Game Conference2019」イベントレポート-後編をお送りまします。

ツイート

「Tokyo BlockChain Game Conference2019」とは

2019年9月16日にセガサミーホールディングス株式会社が運営するメンバー制コワーキングスペースのTUNNEL TOKYOで開催された、BlockchainPROseedによるブロックチェーンゲームにフォーカスし、デベロッパーによる事例紹介や、業界を牽引する関連企業によるブロックチェーンゲームの未来への勢いを感じたイベントレポートの後編です。

イベントレポートの前編はこちらから

Panel Discussion : Blockchain game producers

【TBGC2019レポート-後編】日本から世界へブロックチェーンゲームにフォーカスしたイベント「Tokyo BlockChain Game Conference2019」レポート

業界をリードするブロックチェーンゲームプロデューサーによるパネルディスカッション。

モデレーターにMasatu Ikedaさん、パネリストにAleksander Leonard Larsenさん(Axie Infinity)、Arnoldo Concepcionさん(SandBox)、石川 駿さん(MyCrypto Heroes)が登壇しました。

海外プロモーションに関する話題では、各社グローバルマーケティングに力を入れ、パートナーの提携も積極的に行なっているという事が話されました。
またユーザーの獲得コストの話になると、石川さんはマイクリでは良いアセットが手に入ればイーサで売れるということが認知されてきた為、獲得コストはそこまで高い認識ではないとのことを話していました。

Axie InfinityのLarsenさんは新作タイトルとしてカードゲームの開発を行なっており、マイクリにパートナー提携を持ちかけていると話していました。

Keyonte : 株式会社Arc

【TBGC2019レポート-後編】日本から世界へブロックチェーンゲームにフォーカスしたイベント「Tokyo BlockChain Game Conference2019」レポート

早川 晃輔さん(株式会社Arc COO)は新作ゲームウォレットバトラーを紹介。
ウォレットバトラーの開発は昨年から公表されていたものの、情報があまり出てこなかった事もあり、業界では開発の進捗を心配する声もありましたが、そんな心配を吹き飛ばすような発表内容でした。

発表内容は主に
・プロモーションムービーの初公開
・エコシステムについて発表
・ロードマップの公開
・オープンバトルβを9月18日に開始
と突然のオープンβバトルの開催を告知しました。
システム構成図も公開され、オフチェーンとオンチェーンとのハイブリットシステム構成が明らかになっています。

エコシステムについては「Kingdom」という機能が用意され、World Marketと貿易が可能になる図が記されており、他には無い特徴と言えます。

【TBGC2019レポート-後編】日本から世界へブロックチェーンゲームにフォーカスしたイベント「Tokyo BlockChain Game Conference2019」レポート

ウォレットバトラー ロードマップ

【TBGC2019レポート-後編】日本から世界へブロックチェーンゲームにフォーカスしたイベント「Tokyo BlockChain Game Conference2019」レポート

ウォレットバトラー エコシステム

出展 : youtube

【公式】ウォレットバトラーPV (Wallet battler Official Trailer)

Ethereumベースのブロックチェーンゲーム「ウォレットバトラー(Wallet battler)」の公式プロモーションビデオです。
オフィシャルサイト:https://www.walletbattler.net/

2019年9月18日よりオープンβテスト開催!βテスト限定のランキングバトルも開催予定です。上位ランクユーザーにはリリース後に使用出来るオリジナルモンスターをプレゼント!

~この世界の最強のは”価値”がある~
・Ethereumアドレスを使ってモンスターを召喚!世界中のETHアドレスから強力なモンスターを見つけよう。
・編成とスキル発動が戦局を左右する5対5の戦略モンスターバトル!
・素材を組み合わせて新たなモンスターを生み出そう!
・スキル継承でモンスターのスキルを組み替えよう!オリジナルのモンスターが生成出来る!
・入手したモンスターやアイテムはNFT(ERC721)化してマーケットで流通させる事が出来る!

辿り着け、君だけの最強に。

公式twitter
https://twitter.com/walletbattler

Keynote : 株式会社グッドラックスリー

【TBGC2019レポート-後編】日本から世界へブロックチェーンゲームにフォーカスしたイベント「Tokyo BlockChain Game Conference2019」レポート

井上 和久さんは(株式会社グッドラックスリー 代表取締役社長兼グッドラッカー)
くりぷ豚が「くりぷ豚レーシングフレンズ」へのリニューアルした事を紹介しました。
リニューアルを記念し会場でミニ大会を開催、優勝者にTシャツがプレゼントされました。

今回のリニューアルはレースゲームとしての面白さと、DAppsとしても成立するゲームにするというチャレンジだったと話し、今後の展開としてレースの世界一決定戦「新リーグ戦」を9月に実装、トンの自慢大会「トン・コレクション」を9月に開催予定を発表し、さらに「くりぷ豚」を使った新しいゲームの計画もあると述べました。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

BlockchainGameInfo master

ニュース・記事

BinanceSmartChain(BSC)でブロックチェーンゲームをプレイする方法まとめ
バイナンスのブロックチェーンであるBainanceSmartChain。DeFiが盛り上がっているタイミングでプロダクトがちらほら登場してきました。BCGも少しですが出始めているので、プレイする方法を紹介します。
  • DApps入門
  • 2020-10-28
  • Uniswap|ゲームトークンの流動性マイニングのやり方と注意点まとめ
    DeFiの動きを受けて、ゲームトークンをUniswapに流動性提供をして、そこで得られるLPトークンをさらに預けることでゲームトークンを得ることのできるゲームが登場してきています。やり方と注意点をまとめます。
  • DApps入門
  • 2020-10-26
  • 決定的瞬間がNFTに!NBA Top Shotまとめ
    DapperLabsが開発しているFlowのBCG「NBA TopShot」についてまとめます。好調な売上を見せており、今後注目のBCGです。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-10-24
  • double jump.tokyo、ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応を支援する「Asset Mirroring System」β版をリリース!NFT取引所「miime」との実証実験を開始!
    ※以下プレスリリースの内容を掲載しています。 Game+Blockchain - ゲームにエコシステムをプラス!- ブロックチェーンゲーム開発支援サービスMCH+  ブロックチェーンゲームの開発・運営を行うdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸)は、ブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」にて、ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応を支援する「Asset Mirroring System」(以下、MCH+AMS)を開発し、株式会社メタップスアルファ(本社:東京都港区、代表取締役:山﨑 祐一郎)が運営するNFT※1の取引所「miime(ミーム)」と、MCH+AMSを介したNFTの出品、購入を可能にする実証実験を2020年10月26日より開始いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-10-23
  • keywords