BlockchainGameInfo
 

【セキュリティが不安?】初心者の人にお勧めしたい高いセキュリティのモバイルウォレット3選

2018-07-23

初心者の人でも安心・安全に使えるお勧めモバイルウォレットを3つ選びました。
どれも評判も良く使いやすいので一度試してみてはいかがでしょうか。

2017年以降、仮想通貨に興味を持たれる方が急増し、コインを保有される方がかなり増えてきました。
一方、ハッキングなどの被害件数も増え、取引所のウォレットに大事な資産を預けるのに抵抗を持つ人もいます。
今回は、使い方も簡単で費用も掛からない、初心者でも安心して使える高いセキュリティを持つウォレットを三つご紹介します。

Ginco(ギンコ)

【セキュリティが不安?】初心者の人にお勧めしたい高いセキュリティのモバイルウォレット3選

Gincoは無料アプリをダウンロード&インストールするだけで利用できる手軽なモバイルウォレットです。
それでいてクライアント型方式と独自の暗号通信によって高い安全性と利便性を実現。
シンプルで使いやすいUIを搭載し、ユーザーからの評価も非常に高い人気のあるウォレットです。

Gincoは完全に日本企業がリリースしたアプリなので、日本語インターフェース、シンプルですっきりしたデザインとなっており、説明書がなくても直感的に使えます。

創業者である森川氏は京都大学在学中に起業し、仮想通貨ウォレットアプリ開発、ブロックチェーンに係わるコンサルティングを行っていました。

また、LINE Payの事業戦略を担当していた房安氏がCOOを務めるなど、優秀な人材が開発、運営に携わっています。


クライアント型ウォレットとは

仮想通貨には「公開鍵」と「秘密鍵」の2つの鍵があります。
「公開鍵」は銀行でいえば口座番号のようなもので、誰に知られても問題はありません。
一方「秘密鍵」は金庫の鍵のようなもので、誰かに知られてしまうと仮想通貨を自由に動かされてしまいます。
取引所やウェブウォレットでは運営会社のサーバーでユーザーの「秘密鍵」を集中して保管しています。
自身で管理しなくてもよい手軽さはありますが、万が一、運営会社がハッキングされてしまうと自分の資産も含め多額の仮想通貨を盗難されてしまうリスクがあります。
クライアント型では自分の秘密鍵は自分の端末(スマホ)で管理します。
これによりハッキング等で盗まれるリスクが低くなり、アプリ利用者同士で手軽に仮想通貨の送金もできるようになります。

tokenPocket(トークンポケット)

【セキュリティが不安?】初心者の人にお勧めしたい高いセキュリティのモバイルウォレット3選

Dappsに興味がある方は、TokenPocketをお勧めします。
TokenPocketはEthurem & ERC20対応のモバイルウォレットでiPhone(iOS)アプリです。
イーサリアム上には8000種類以上のトークンがあり、ICOやAirDropへの参加も「tokenPocket」があれば簡単に参加出来きます。

気になるセキュリティー面ですが、tokenPocke公式(Medium)を覗いてみると、「私たちはサーバーで秘密鍵を管理するといったことを一切していないので、その意味で絶対にハッキングされることはありません。」とコメント。
セキュリティーに対して絶対の自信が感じられます。

アップデートも頻繁に行われており、ユーザーの意見をいち早く受け入れる運営体制が整っているので、より使い勝手の良いものとなることは間違いありません。手軽にDappsを楽しみたいという方は、ぜひトークンポケットをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

なおtokenPocketはiphone専用アプリです。
さらに、検証観点、安全性の観点から最新の iOS11 のみの対応となっています。

bitpay/copayウォレット

【セキュリティが不安?】初心者の人にお勧めしたい高いセキュリティのモバイルウォレット3選

bitpay/copayは、bitpay社の運営するウォレットです。別のサービスのように扱われていますが、copayは現在bitpayに統合されており、機能も操作もほとんど同じものです。

同一アプリで複数のウォレットを作成することが可能なため、個人用や仕事用などと用途に合わせて、別々のウォレットで管理を行うことができて便利です。ウォレットの画面切り替えも簡単にできるので、複数のウォレット管理も楽にできます。

bitpay/copayの場合はインターネット上にはデータを保管しないので、高いセキュリティが望めます。暗号通信によるペイメント認証機能も付いているので、送信ミスを防ぐこともでき、2段階認証により、第三者による不正な利用を防止することもできます。

こちらもバックアップ・フレーズが発行されるので、万が一端末がなくなったり、故障した場合にも復元が可能となっています。

さらにbitpay/copayはマルチシグに対応しています。

マルチシグとは「マルチシグネチャー」の略で、同じアカウントを複数の秘密鍵で管理する技術のことです。

自分のスマホとPCで設定して二段階認証のようにしておけば、片方を落としたりしてもコインを盗まれる心配はありません。

海外の製品ですが、日本語にも対応。さらにbitpay/copayはWindows,Mac,Linux,iPhone,​Androidの全てに対応したデスクトップウォレットとしても操作が可能なので、様々な端末からアクセスできます。セキュリティー面も大変強固なので評判も良いです。

デメリットとして、対応通貨がビットコイン、ビットコインキャッシュの2種類しか対応していないので、他のアルトコインを所有してる方は利用することができません。

まとめ

モバイルウォレットは、仮想通貨をより身近で使いやすいものにすることができる非常に便利なウォレットです。
決済通貨としても日々対応店舗が増えていっているので、スマホで持ち歩けるモバイルウォレットは、今後必須になっていくと思います。
それぞれのモバイルウォレットの特徴を把握したうえで、自分の使い方に適したものを選択し実際に使ってみることが良いでしょう。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

オススメの記事BlockchaingameNews注目記事

シェア

ツイート

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。