English
ログイン
ニュース・記事

「暗号資産」に関する記事一覧


堀江貴文氏がオーナーの3x3プロバスケットボールチームが、「FiNANCiE」でリーグ初のクラブトークンを販売
  • ニュース
  • 2021-09-10
  • メルカリグループに暗号資産ブロックチェーンの分析技術を有するBasset社が参画
  • ニュース
  • 2021-08-05
  • JPYCがCoinGecko銘柄に採用|市場データの閲覧がより簡単に
  • プレスリリース
  • 2021-08-02
  • フォビジャパン、「収益分析」の最新機能を提供開始
    フォビジャパンは2018年に日本での取引所サービスを開始し、「ローカライズ戦略」を中心にビジネスを展開しています。「顧客第一」というグループの理念に基づいて、日本のお客様にサービスを提供しています。お客様の要望に応えるため、「収益分析」の最新機能を追加しました。
  • プレスリリース
  • 2021-08-02
  • 【日本初】暗号資産のお困りごとを対面で相談できる 『ビットコインの相談窓口』渋谷道玄坂に実店舗を8月中にオープン予定
    株式会社サクラエクスチェンジビットコイン(近畿財務局長第00003号、以下、SEBC、本社:大阪府大阪市、代表取締役:山本仁実)は、暗号資産をより身近に捉えていただくことを目的とした「ビットコインの相談窓口」を、2021年8月中に渋谷道玄坂にオープンする予定です。
  • プレスリリース
  • 2021-07-29
  • RealPayギフトがbitFlyerと提携し、デジタルギフトでビットコインが配布可能に
  • プレスリリース
  • 2021-07-15
  • バイナンスも出資するCocos-BCXとは|特徴や将来性について解説
    ブロックチェーンゲームを開発する上で、ゲーム制作の知識、ブロックチェーンの知識と両方が必要となり、開発者にとって非常にハードルが高いです。 Cocos-BCXは独自の開発キッドを利用することで、簡単にブロックチェーン上でDappsを開発、デバッグ、リリースすることができきます。 Cocos-BCXは大手企業との提携や融資、バイナンスに上場したことで話題にもなりました。 この記事ではCocos-BCXの特徴や将来性ついて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • 仮想通貨(暗号資産)無料で使える便利なツールサイト
    仮想通貨(暗号資産)を取引する上で情報収集はとても大切なことです。 この記事では仮想通貨(暗号資産)の情報に役立つ無料のサイトを幾つかピックアップしてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-07-16
  • 分散型プラットフォームIOSTの特徴について
    トランザクションを高速で処理しシームレスなブロックチェーンアプリ(Dapps)を構築することができるIOSTの特徴につてい解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-07-16
  • Google CloudのBigQueryへの導入が発表されたChainLinkの特徴について
    2019/6/14に、Googleは、BigQueryをdAppsで利用するミドルウェアとしてChainLinkの導入を発表しました。 また、当日30%以上価格が高騰しました。 SWIFTも興味を示すChainLinkの特徴や将来性について解説します
  • Blockchain/NFT
  • 2019-06-20
  • G20サミット閉幕|IOSCO(証券監督者国際機構)とは
    G20サミットの声明文にてFATF、FSB、IOSCOの報告書を歓迎するとしています。 さて、ここで出てきたIOSCOとはどのような機関なのでしょうか? この項ではIOSCO(証券監督者国債機構)について纏めたみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-06-12
  • 暗号資産、規制強化の改正法が成立。どのような点が改正されたのか?
    2017年4月に資金決済法により交換業者に登録制を導入しましたが、取引については明確な規制はありませんでした。 5月31日、暗号資産(仮想通貨)に関する規制について資金決済法と金融商品取引法が本会議で可決・成立され2020年までに執行する見通しとなっています。 今回の法案成立について内容を纏めてみました。 今回の法案成立について内容を纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-06-04
  • 2019年10-11月に控える第4次相互審査|FATFとは
    今年(2019年)10月から11月にFATFの第4次相互審査が予定されています。 今回の審査では初めて仮想通貨も対象になることから、仮想通貨交換業者における対応も金融庁を中心に進められています。 この記事では、FATFのこれまでの取り組みについて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-05-31
  • 楽天ウォレットの概要について
    楽天ウォレット(旧みんなのビットコイン)はみなし業者として営業していましたが、3月25日仮想通貨交換業者として登録を終え、6月からサービスを開始する予定です。 この記事では6月予定とされる楽天ウォレットの概要について纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-05-22
  • Holo(ホロ)の特徴について
    5月21日、各暗号資産(仮想通貨)が調整する中、前日比+30%超え、着々と順位を上げてきています。 この記事では分散型P2Pアプリケーションを構築するためのフレームワークとして注目される、Holo(ホロ)の特徴について纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-05-21
  • Powered by