English
SignIn
ニュース・記事

Google CloudのBigQueryへの導入が発表されたChainLinkの特徴について

update at :

2019/6/14に、Googleは、BigQueryをdAppsで利用するミドルウェアとしてChainLinkの導入を発表しました。
また、当日30%以上価格が高騰しました。

SWIFTも興味を示すChainLinkの特徴や将来性について解説します

ツイート

概要

【通貨名】
ChainLink
【通貨単位】
➤LINK
【発行日】
➤2017年

【公式サイト】
https://chain.link/
【ホワイトペーパー】
https://link.smartcontract.com/whitepaper
【ソースコード】
https://github.com/smartcontractkit/chainlink

【公式Twitter】
https://twitter.com/chainlink
【ブログ】
https://medium.com/chainlink

【現在流通量】
➤350,000,000 LINK(2019年6月14現在)
【最大供給量】
➤1,000,000,000 LINK

【現在価格】
➤200.78円(2019年6月14日現在)
【時価総額】
1,0271,373,174円(2019年6月15日現在)
【時価総額ランキング】
➤23位(2019年6月14日現在)

【購入可能取引所】
➤Binance・Huobi・OKEx

ChainLinkとは

ChainLinkとは、ニューヨークのSmartContract社が開発するブロックチェーンのミドルウェアで、ChainLinkを利用することで種類の違うさまざまなブロックチェーンを繋ぐことができます。

(*ミドルウェア:コンピューターの基本的な制御を行うOSと、業務に応じた処理を行うアプリケーションの中間に位置するソフトウェアのこと)

2017年9月19日から行われたICOでは、ハードキャップである約36億円に達し終了しました。

Google CloudのBigQueryへの導入が発表されたChainLinkの特徴について

ChainLinkを利用することで、イーサリアムなど様々なスマートコントラクトを外部サービスと連携できるようになるほか、オフチューン(銀行の支払いや店頭での決済など)と繋げることも可能。

現在、イーサリアム・ビットコイン・HyperLedgerの3種類のスマートコントラクトに対応したChainLinkが開発されています。

6/14 GoogleがBigQueryとdAppsをつなぐミドルウェアとしてChainLinkの導入を発表

ChainLinkの特徴

Google CloudのBigQueryへの導入が発表されたChainLinkの特徴について

本来スマートコントラクトは、異なるブロックチェーン上の資産に干渉することができません。

しかし、ChanLinkが間にはいることでイーサリアム上に公開されているスマートコントラクトによりビットコインの資産を移動させることができます。

通常、取引所を利用しなければ交換することができませんが、ChainLinkを通すことで、ブロックチェーン同士の交換ができるようになります。

オフチェーンで取引ができる

Google CloudのBigQueryへの導入が発表されたChainLinkの特徴について

ChainLinkはブロックチェーン同士だけでなく、オフチェーンのAPIや、銀行・Paypalなどの金融機関とブロックチェーンを繋げることができます。

例えば、銀行の預貯金を仮想通貨に交換することができる他、クレジットカードVISA、PayPalへ繋いで送金することもできます。

将来性

2016年、SmartContract社はSibosをきっかけに、SWIFT(国際銀行間通信協会)と提携を結んでおり、ChainLinkを使ってブロックチェーンの実証実験にも成功しています。

*Sibos(サイボス):SWIFTが主催する金融関連の世界最大級の国際会議

SWIFTとは世界各国の金融機関などに高度に安全化された金融通信メッセージ・サービスを提供。世界のライブ稼働国は200を超え、金融機関などのライブユーザー数は11,000も超える巨大な組織です。

世界各国全ての国際決済がSWIFTを通して行われているため、仮に正式に採用されれば実需に繋がり価格が高騰することも考えられます。

また、スマートコントラクトは中間業者や仲介手数料を必要としなく業務を遂行できることから、SWIFTだけでなくさまざまな企業からも注目される技術です。

ChanLinkはこのスマートコントラクトを繋ぐことでより効率的、かつ導入しやすい仕様になっています。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • この著者による記事

    通貨価格にも影響を示すハッシュレートについて
    ビットコインのハッシュレートは、日々変動しており、投資の動向を判断する際にも利用されています。 この項では、ビットコインの相場にも影響を及ぼすハッシュレートについて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-10-04
  • バイナンスも出資するCocos-BCXとは|特徴や将来性について解説
    ブロックチェーンゲームを開発する上で、ゲーム制作の知識、ブロックチェーンの知識と両方が必要となり、開発者にとって非常にハードルが高いです。 Cocos-BCXは独自の開発キッドを利用することで、簡単にブロックチェーン上でDappsを開発、デバッグ、リリースすることができきます。 Cocos-BCXは大手企業との提携や融資、バイナンスに上場したことで話題にもなりました。 この記事ではCocos-BCXの特徴や将来性ついて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • 分散型プラットフォームIOSTの特徴について
    トランザクションを高速で処理しシームレスなブロックチェーンアプリ(Dapps)を構築することができるIOSTの特徴につてい解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-07-16
  • ブロックチェーンは大きく分けて3種類ある パブリック、プライベート、コンソーシアムそれぞれの違いと特徴
    パブリックブロックチェーン、プライベートブロックチェーン、コンソーシアムブロックチェーンについて簡単に纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-08-06
  • Blockchain/NFTの記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってでブロックチェーンゲームを分析しよう!
    dAppsの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の旧バージョンを使う方法。(重要な追記あり)
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のUIが新しくなり、MEWとしてリニューアルしてからしばらく立ちましたが、新バージョンにでログイン出来ない方もいるかと思います。 この記事では旧バージョンに戻す方法を説明します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-30
  • ニュース・記事

    『Age of Rust』がSteamにて3月19日に配信開始予定 92.7万ドル相当の暗号資産およびアイテムをゲーム内で配布
    シングルプレイのオープンワールドRPGとしてAAA級のゲームになりそうです。 ※プレスリリースをそのまま掲載しています。 2021年1月25日発表(U.S.A.) — この度 Enjin Pte. Ltd. (本社: シンガポール、CEO: Maxim Blagov、以下「Enjin」) は、Enjinのエコシステム参画企業であるSpacePirate Gamesが、ブロックチェーンゲーム『Age of Rust(エイジ・オブ・ラスト)』を、2021年3月19日にSteamにて配信開始予定であることをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2021-01-25
  • 『iXA CUP プロジェクト』、第1弾を「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」のメーカー公認大会「KING of GIANT Festival 2nd」にて実施決定!
    ※以下プレスリリースをそのまま掲載しています。 〜eSports業界に新たなストリームを起こす!〜 ブロックチェーン技術を利用した、新世代のクラウドファンディング2.0「FiNANCiE」( https://financie.jp/ )でファンディング実施中の3社共同プロジェクト『iXA CUP プロジェクト』にて、この度第一弾として実施する大会が「KING of GIANT Festival 2nd」に決定いたしましたので、お知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2021-01-22
  • Illuvium(イルヴィウム)とは?NFTのスケーリングソリューションImmutableXを利用したRPG
    スケーリングソリューションであるImmutableXを利用した、オープンワールドRPGであるイルヴィウムについて紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2021-01-21
  • LINEの暗号資産取引サービス「BITMAX」、「2021年 新春プレゼントキャンペーン」を開催! 暗号資産の購入で10,000円相当以上のイーサリアム(ETH)をプレゼント!
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長CEO:林 仁奎、以下「LVC」)は、暗号資産取引サービス「BITMAX」にて、本日より「2021年 新春プレゼントキャンペーン」を開催しますので、お知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2021-01-20