BlockchaingameNews

国産dAppsが夏に大量配信。ソシャゲ企業が続々参戦する中、配信が発表されている国産dappsをまとめました。

2018年06月25日更新

ここ数週間の間に、相次いで国内のDapps業界に動きがありました。
国産Dappsに関して、現在判明している情報をまとめてみます。

国産Dappsがここにきて一気に増えてきました。
夏は、国産Dapps、しかもソーシャルゲーム開発会社の参入が数社予定されており、徐々に本格的に国内Dapps市場が盛り上がってきています。

国内Dapps情報を現在把握している範囲でまとめます。

リリース済み

クリプ豚|株式会社グッドラックスリー株式会社セレス共同開発

つい先日、ついにリリースされました。
グッドラックスリーと、セレスによる共同開発アプリです。
クリプ豚の特殊な所は、国内Dappsで、しかもIos、Androidに配信されているアプリであるという点です。
Dappsと言えば一昔前のブラウザゲーム…あるいはそれ以下の所が多い…と言う印象もある中、アプリで、3Dで…と欲張りなアプリです。
この点は、Dappsに対してAppleが排除しようとする動きを見せている部分などもあり、動向が気になる部分でもります。

他に、現在、Ios、Androidにて配信されているDappsは、GoCryptobot!があります。

Crypto-Oink (くりぷ豚)

取引量/24時間
0.162
取引数/24時間
267
DAU
33
くりぷ豚は、株式会社グッドラックスリーと株式会社セレスにより共同開発されたDappsです。豚を売買・交配することができます。

動きなし

CryptoSpells

今年3月にアカウントが作成され、5月に発表されて以来、事前登録キャンペーンを経て、5000人を超える事前登録をTwitterにて集めました。
国産Dappsとしては最も注目度が高かったのではないでしょうか。
公式のツイッターは先月5月12日に投稿があってから更新が止まっています。

BitHunters

こちらは、dappsとは少し異なりますが、ブロックチェーン技術を用いて、「歩きながら、仮想通貨を稼げるゲーム」として話題を呼びました。
昨年12月に発表され、サービス開始時期は本年1月ごろだったものの、その後3月に事前登録再開のお知らせを出したきり、更新が止まっています。

夏リリース予定

フィジカロジカ

フィジカロジカは、6月下旬にリリースが予定されているディフェンスゲームです。
現在事前登録の予約が開始されています。

11体のキャラクターが現在公開されており、かわいらしい世界観の下、ゲーム性のあるdappsとして期待されます。

イーサ三国志|エイチエムシステムズ株式会社

β版が先日公開されましたが、評価があまり良くなかったことを受け、国盗りゲームへと変更へ舵を切りました。
先日ミートアップが開催され、その際のレポートがいくつかブログ記事としてTwitterにあがっていたので紹介します。

CRYPTO NINJA|エバーシステム株式会社

エバーシステム株式会社が配信を発表した忍者ブロックチェーンゲームです。
「デジタルアセット(デジタル資産)をユーザー同士で取り合う戦略SLG」として紹介されています。
PCのブラウザゲームでの配信が予定されており、事前登録は1300名以上。
今月配信が予定されています。

記憶虫

育成ゲームです。
七月にプレスリリース、八月に育成、九月に対戦がスタートする事が発表されています。
こちらもフィジカロジカと同様、世界観がとても素敵ですね。
来月からの情報公開が待ち遠しい作品の一つです。

クリプトアンドドラゴンズ

先月末、プレセールオークションが終了し、八月以降に正式版がリリースされる予定です。
運営者は公開されていませんが、日本人による開発がうわさされており、日本人向けの懐かしいドット絵から、日本国内からの注目が高いDappsです。

WAXとの提携も発表されており、モンスターを売りやすい仕組みが導入されることが期待されます。

MyCryptoHeros|double jump.tokyo株式会社

double jump .tokyo株式会社により先日発表されたDappsです。
double jump.tokyo株式会社は、株式会社ディー・エル・イーのグループ会社で、株式会社ディー・エル・イーは、秘密結社鷹の爪などのコンテンツ事業や、「おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~」などのアプリ開発も行っています。

株式会社ディー・エル・イーではそのほかにBlockPunk Pte.と業務提携をし、映像製作スタジオ・クリエイター等に向けた、ブロックパンク独自のブロックチェーンソリューションを利用した分散型エンタテインメントプロジェクトを共同で展開する事が発表されています。

ゲーム+ブロックチェーンの注目もさることながら、エンターテインメント+ブロックチェーンも現在かなり注目が集まっている分野です。
MyCryptoHerosは、夏にリリースが予定されており、LoomNetworkを使用する事が発表されています。

ブロックチェーントレカ|株式会社アエリア

ブロックチェーントレカサービスを本年7月に公開予定です。
本プロジェクトは前年10月に開始されたものの、11月に延期が発表されたプロジェクトですが、今月に入り、再開、リリース予定の発表等一気に動き出しました。

ティザーサイトを見る限り、イケメン・美少年ゲームではないかと予想されます。
株式会社アエリアは、A3!、アイ★チュウなどで知られる株式会社リベル・エンタテインメントや、株式会社アリスマティック、株式会社アスガルドと、株式会社エイタロウソフトと、ソーシャルゲームに強い関連会社が名を連ねています。
dappsかどうかは、まだ不明ですが、女性向けイケメンゲームは、dapps界に一気に女性ユーザーが流れ込むきっかけになるのではないかと期待が集まります。

配信日未定

コントラクトサーヴァント|アクセルマーク株式会社

アクセルマーク株式会社が発表をしたブロックチェーンゲーム第一弾です。
現在のところいつ配信されるか、どんなゲームなのかはまだ発表されていません。

アクセルマーク株式会社は、代表取締役社長の尾下氏が、先日プレイボーイ誌にdApps marketのダプマ氏と共にインタビューに登場するなど、
Dapps関連の情報発信を積極的に行っています。

Dapps以外

ASOBI COIN|アソビモ株式会社

アソビモ株式会社によるICOトークンです。
プレセールまで残り九日。7月4日15時からプレセールの開始が予定されています。
なお、プレセールの日程は、アソビモ株式会社が共同開催をする、TokenSkyの開催中に予定されており、TokenSkyでは7月4日はブロックチェーン+ゲームについての議論が予定されています。
登壇者は、イーサエモンの開発者、Nedrick氏や、Dappsゲームの第一人者のキヨスイ氏が予定されています。

アソビモ株式会社では様々なブロックチェーン関連のイベントやメディアを立ち上げ、プレセールに向けて精力的に動いています。

また、同社が運営するAvavelOnlineにて、500万円分のASOBI COINをエアドロップする、AVABEL SUPER FIGHT!!を、6月29日、7月6日に予定しています。

CryptoChips byGMO|GMOインターネット株式会社

GMOインターネット株式会社は、ゲームアプリ内で仮想通貨を報酬として配布できる「CryptoChipsクリプトチップス byGMO(以下、CryptoChips)」を、グループ会社を通じて2018年8月する予定です。

実装の第一弾として、「ウィムジカル ウォー」への実装を予定しており、
2018年8月よりゲーム内のプレイヤーランキングに応じてビットコインの配布を行う予定です。

ブロックチェーン上で動くものでは無く、報酬を配布できるシステムなので、Dappsとは違いますが、
すでにメジャーなゲーム上で、ゲーム=稼げるという認識が広がるのはとても興味深い事ではないでしょうか。

まとめ

この夏は、様々な国内企業がひしめき合うようです。
おそらくこのほかにも、リリースに向けて動いている企業は複数あることでしょう。

ブロックチェーンゲーム関連銘柄として、株式会社モバイルファクトリー、AppBank株式会社、LINE株式会社、株式会社gumiなど、ソーシャルゲームでよく知られる企業が挙げられています。

上場企業もソーシャルゲームの専門企業もどんどん参戦しているdapps業界。
ソーシャルゲーム会社が本気で作ったdappsが大量に出てくる事で、これまでのdappsとは全く別の雰囲気ともなりそうですが、
一気にdapps業界に、認知や技術など、大きな変化が訪れる夏となるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

更新情報を毎日お届けします

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エンタメ情報を毎日お届けします

シェアする気になったらシェアする

ツイート

ユーザー情報ユーザーの紹介

BlockChainGamer

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

関連するキーワードキーワードから記事を探す