ブロックチェーンゲームインフォ(BlockchainGame Info)- ブロックチェーンゲーム、dAppsゲームの最新情報を毎日配信中、最新ランキングも配信

クリプトスペルズのカード販売解説|在庫連動型ダッチオークションとは?

クリプトスペルズ(クリスペ)のカード販売が6月25日20:00から始まることが発表されました。

クリスペでは、ゲーム内通貨であるSPLを使ってゲーム内のショップでカードを購入します。

しかし、カードの販売価格は「在庫連動型ダッチオークション」というシステムによって変動するため、初めて買う人は戸惑ってしまうことが予想されます。

この記事では、クリスペのカード購入をスムーズに行うための解説をまとめます。

カード購入に使う「SPL」とは?

クリプトスペルズのカード販売解説|在庫連動型ダッチオークションとは?

SPLとはクリスペのゲーム内で使う通貨です。SPLを購入するためには、仮想通貨イーサリアム(ETH)が必要となってきます。

ETHは国内の仮想通貨取引所で購入することができますが、まだ口座を開設していない場合には、開設までに1週間ほどかかるケースもあります。クリスペのセールに間に合うように余裕を持って準備をしておきましょう。

SPLとETHのレートは固定となっており、1ETH=10,000SPLです。ETHと日本円のレートは固定ではありませんから、ETHの円建てでの価格が高くなれば、必然的にSPLを購入するための円価格も高くなってしまいます。ETHを買うタイミングにはご注意ください。

SPLはカード売却でも入手可能

クリプトスペルズのカード販売解説|在庫連動型ダッチオークションとは?

クリスペには、カードを売買するための取引所も実装される予定になっています。取引できるカードをゲームプレイで入手できれば、カードを売却してSPLを入手することができます。

現時点では、セール開始のスケジュールは公開されましたが、取引所実装のスケジュールはまだでていません。初期セールでは、ETH→SPL→カードという購入ルートをとることになると思います。

在庫連動型ダッチオークションとは

クリプトスペルズのカード販売解説|在庫連動型ダッチオークションとは?

在庫数連動型ダッチオークションとは、時間の経過によって価格が下がり、購入されて在庫数が減るたびに価格が上昇するシステムです。

同じシステムが、クリスペと同じくブロックチェーンゲームである「マイクリプトヒーローズ」でも導入されていますので、マイクリをプレしたことのある方にとっては馴染みのある販売形式となっています。

販売のルールや、上手に買うためのコツをまとめます。

在庫数が少なくなるほど価格上昇率が高くなる

在庫連動型ダッチオークションでは、在庫数に応じた価格上昇率が設定されています(非公開)。

在庫の数が少なくなるほど、誰かが購入した時に上がる価格の幅が大きくなり、最大で100%となります。

クリスペでは、カードのレアリティによって在庫数が異なります。レアリティーの高いカードほど在庫が少ないため、販売開始直後から値上がりの幅が大きくなるということです。

勢いよく価格が上がっていくため、自分の想定していた価格よりも高い価格で購入しないように注意が必要です。

カードの購入は連打戦!?

在庫数連動型ダッチオークションでは、販売開始直後が安くなる傾向があるため、開始直後に買いが集中します。

その結果、開始直後に購入ボタンを連打したプレイヤーが安く買える仕組みとなっています。買うプレイヤーがいなくなるまで価格が上昇すれば、その後は時間の経過とともに価格は下がっていきますが、それでも1番目に買えた人の方が得をするケースが非常に多いです。

クリスペはマイクリと違ったルールを追加してくるかもしれませんが、在庫連動型ダッチオークションのシステムは、マイクリから提供されているため、連打戦になる可能性が高いことを念頭に入れてセールに参加する必要がありそうです。

カードのパラメータ調整には買取補償がある

クリスペのカードを買ったのに、弱体化(ナーフ)されて価値が低下したら困りますよね。クリスペでは、パラメータを調整した際に買取保証を行うなどの補償が用意されています。ルールをまとめます。

・ショップで販売した最高価格のSPLで運営が買取または、
・ショップで販売した価格の最低補償SPL相当のETHにて運営が買取(販売後6ヶ月以内のカードのみ)

注意点としては、採掘で入手可能なシルバーカードに対する補填はありません。今回のセールのようにショップで販売されるカード限定の措置であることを覚えておきましょう。

クリプトスペルズ(Crypto Spells)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU
0
クリプトスペルズはCryptoGames株式会社が開発・運営を行うブロックチェーンカードゲームです。
ブロックチェーンゲームでありながら、リアルタイムでゲームをプレイする事が出来ます。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

関連記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

【900ETH超えたか?】CryptoSpells(クリプトスペルズ)のクラウドセールの売り上げ速報【クリスペ|売上分析】

クリプトスペルズのクラウドセールが昨日6月25日20時より始まりました。 リミテッドレジェンダリーは開始直後に5枚販売され、10万SPLから20万SPLへと高騰しました。 盛り上がりを見せるクリプトスペルズのクラウドセール、その売り上げについて分析をしてみました。 (記事執筆時、6月26日の昼) (最終追記 7月10日)

2019-07-10

【CryptoSpells】TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第二回 コミュニティの運営の在り方

CryptoSpells(クリプトスペルズ)リリース前対談として、カードゲーム界の方々を交えて、TCG(トレーディングカードゲーム)、DCG(デジタルカードゲーム)から見たブロックチェーンゲームについて対談を行いました。 今回は第二回、コミュニティの在り方について、WILL Studioの宍戸氏が語ります。 今後のCryptoSpellsのコミュニティ運営の方針のヒントがちりばめられた第二回です。 第一回 ブロックチェーンの可能性 第二回 コミュニティの在り方 第三回 海外との違い 第四回 PvPについて 第五回 炎上を振り返る ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(WILL STUDIO 株式会社 代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社 代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード 代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)

2019-04-17

【インタビュー】炎上を超えて。 CryptoGames株式会社 小澤孝太氏

昨年10月にプレセールが炎上をし、その後改めて再出発を発表したCryptoSpells(クリプトスペルズ)。 今回、CryptoSpells(クリプトスペルズ)を制作するCryptoGames株式会社代表の小澤孝太氏にインタビューを行いました。

2019-01-12

ブロックチェーンゲーム(dApps)のDAUとは

ブロックチェーンゲーム(dApps)のDAUは、大切な指標としてこの一年間大切な指標として重要視されていました。 そのDAUがどのようにして計測されているのかを解説します。

2019-07-08

シェア

ツイート

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

新着記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

keywords