マイクリプトヒーローズのバトルベータが終了!トップランカーのチーム構成は?

2018-10-30

マイクリプトヒーローズのバトルベータが終了しました。トップランカーのチーム構成を分析してみます。

国産DAppsゲームとして話題になっている「マイクリプトヒーローズ」のランキングベータテストが終了しました。

これまでのDAppsゲームでは、デイリーアクティブユーザーは200〜300人程度でしたが、ランキングバトルの最終日には900人を超えるユーザーが集まりました。

ランキングテストは第二回も予定されているため、今回のトップランカーのチーム構成を学んでおけば、次回に生かせること間違いなしです。

そこでこの記事では、マイクリプトヒーローズのランキングテストの様子とトップランカーのチーム構成解説をします。

バトルベータのランキングマッチ概要

バトルのバランス調整や、ランキングマッチの実装試験などを目的として、バトルベータのランキングマッチが行われました。ルールの概要をまとめます。

▼チーム構成について
・使用可能ヒーローは、プレセール、レンタル、無料配布のヒーロー
・ヒーローに装備できる「エクステンション」はすべてレンタル
・ヒーローのグラフィックを変更することで得られる「スキルエディットスキル」を自分で設定可能(全13種類)

▼ランキングマッチについて
・自分より上位のプレーヤーを倒すと、そのプレーヤーのランキングと入れ替わる
・何回でも挑戦可能で、挑戦した時に負けてもランクダウンしない

テストということもあり、かなりシンプルなルールになっていました。挑戦して負けてもランクダウンしないので、ある程度チームの構成を練った後は、基本的には数撃ちゃ当たる戦法でランクを上げていくことになりました。

ランキングテストの振り返り・レビュー

サイドチェーンのLOOMが詰まる

マイクリプトヒーローズでは、バトルをスムーズに行うために、ETHではなくLOOMというサイドチェーンを利用しています。

ETHと比べて、トランザクションの処理速度が速く、gas代もかからないのでゲーム向きだとされていました。

しかし実際には、900人程度のユーザーが集まっただけで詰まってしまい、快適なプレイをすることができませんでした。最終日のランキングテスト終了直前には、バトル自体が全く動かなくなるというトラブルも発生してしまいました。

おそらく、LOOM側のトランザクションを処理するためのノードが足りていないこと、マイクリプトヒーローズ側のプログラムが最適化されていないことなどが原因だったと思います。今後の課題として運営も認識しているので、改善されていくでしょう。

参加者は900人超え、DAppsゲームとしては世界最大級

LOOMを使ってたため、ETHのDAUには反映されていませんでしたが、実際にプレーヤーは900人以上集まっていました。

これまでのDAppsゲームのDAUが200〜300人であったことを考えると、一気に世界最大級のDAUをもつDAppsが日本から生まれたことになります。

日本は法規制などの問題もあり、ブロックチェーン後進国になることが懸念されていますが、意外とそうでもないかもしれませんね。

ゲームバランスは良好:無課金チームが1位をとることも

マイクリプトヒーローズは、課金すれば勝てるというような仕組みをとらず、戦略次第では格上の相手に勝てるようなゲームバランスにすると運営が発表していました。

今回のテストでは無課金勢の方も多く参入していましたが、それでもランキング1位になっていることを何度か目にしました。

最終的には課金していないと勝ちにくくなっていましたが、それでも賞品がもらえるランキング圏内は十分に目指すことのできるゲームバランスとなっています。

トップランカーのチーム構成・強力なヒーロー

ランキング1位のチーム解説

ランキングテスト終了直前には、ブロックチェーンのつまりでバトルができなくなっていたので「最強チーム」というわけではありませんが、終盤ソコソコ1位をキープしていたチームです。

▼チーム構成
ベートーヴェン、ダヴィンチ、ダルタニャン

▼チーム解説
フロントのベートーヴェンは、「歓喜の歌」で自分のHPが50%未満になった時に相手のPHY/INT/AGIを25%下げます。これがかなり凶悪で、バフを積んでいないチームだと回復が一気に追いつかなくなります。

ミドルのダヴィンチは、INTアタッカーと強力なスキル「モナリザ」持ちです。HPが60%未満になってモナリザが発動すると、INTの全体攻撃が発動します。レジェンダリーヒーローだけあって、ダメージがえげつないです。ベートーヴェンのデバフと、ダルタニャンのバフが相まって、相手チームを一気に壊滅状態に追い込むことができます。

最後のダルタニャンは優秀なバフ持ちです。バトル開始時に味方のステータスを20%アップしてくれるので、今回のランキングテストでも使用している方が非常に多い印象でした。

調整したい方のために対戦用URLを貼っておきますね。

強力なヒーロー紹介:張飛

張飛をフロントに置いているチームには、苦戦した方も多いと思います。自分が死んだ時に1回だけHPの30%回復して生き返るスキルを持っている優秀なディフェンダーです。

PHYだけを強化していると、INTダメージで落ちてしまうので、今回の環境ではPHYとINTをバランス良くあげている張飛の方が耐久性が高かった印象。

後衛にはダルタニャンを置いて、開幕バフが強い戦略でした。

強力なヒーロー紹介:佐々木小次郎

優秀なPHYアタッカーです。自身のスキルの効果で、攻撃をするたびにどんどんAGIが上がり、攻撃回数が増えていきます。

アタッカーなので前衛・中衛に配置しがちですが、後衛に配置して極限までAGIを上げていくと後半一気に追い上げることができます。

ダルタニャンやベートーヴェンなどのバフ・デバフ持ちと相性が非常に良かったです。

強力なヒーロー紹介:ナポレオン

ナポレオンのスキル「コルシカの悪魔」は自身の攻撃時に10%の確率で追加ダメージを与えるものです。

ダメージ計算が、INTの150%というかなり高ダメージであり、コルシカの悪魔が発動すると100越えのダメージが出ることも良くあります。

運の要素は強くなってしまいますが、ダメージの期待値として考えても強力です。

まとめ

マイクリプトヒーローズのランキングテストについてまとめました。

第二回のランキングテストについての詳細はまだ明らかになっていませんが、今のうちに強いチーム構成を練っとくと勝ちやすくなるハズ。

不足したヒーローは、OpenSeaなどで仕入れながらランキング1位を目指してみてはいかがでしょうか。無課金でどこまでいけるかチャレンジするのも、なかなか面白いですよ!

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

シェア

ツイート

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

ゲーム攻略、紹介の記事

keywords