English
MyPage
ニュース・記事

【8月6日イベントレポート】トランザクション速度・GAS問題を解決するセカンドレイヤー技術「Gaming BOLT」ワークショップ ブロックチェーンゲームDApps2.0ブーム到来を牽引

update at :

8月6日に行われたBOLTのイベントレポートです。トランザクションを劇的に素早く、手数料をほぼゼロにする技術です。

ツイート

TideiSunグループ(泰徳陽光集団、本社・香港)は8月6日、東京大手町ビルSPACESにて、パブリックブロックチェーンゲームアプリケーション技術Gaming BOLTの技術発表ワークショップを開催した。該グループのブロックチェーン技術会社InfiniteChain(台北)のメンバーも来日、BOLTの世界初の技術発表の場となった。

ゲーム開発会社、取引所、ブロックチェーン技術者、ブロックチェーン関連メディア、ICO企業などからの参加者で会場は満席となり、BOLTに強い関心を示すと同時に、参加者からは即時に多様な応用案や潜在力が挙げられた。TideiSunグループ総裁の陳平氏は、日本企業とのビジネスを始めて30年近くになるが、ブロックチェーンはまた一つの新たなビジネスパートナーシップを築くチャンスである、と語る。

【8月6日イベントレポート】トランザクション速度・GAS問題を解決するセカンドレイヤー技術「Gaming BOLT」ワークショップ ブロックチェーンゲームDApps2.0ブーム到来を牽引

Gaming BOLTはブロックチェーンレイヤ2の技術。トランザクション速度を加速し、毎回100万件余り、1000万TPSレベルのトランザクションが可能に、そしてリアルタイムに反映することができる。スマートコントラクトブースタによって、同時に同様のスマートコントラクトを遂行する複数の人たちが同様の結果を得てリアルタイムに利潤をシェアすることができる。つまり、多くの人がゲームで競うシーンにおいて、業界をリードする技術と言える。該技術チームは、BOLTはブロックチェーンゲームDApps2.0のブームを牽引するだろうと予測する。

ブロックチェーン開発者協会理事長の赤澤正純氏も出席。BOLTはゲームのみならず、パブリックチェーンの運用での信頼性とクラウドサービスによって、著作権保護においても有効な解決策となるととらえ、この分野でもBOLTを提案できると語る。また、これまでブロックチェーンの使用においては手数料の問題がソフトの開発や応用において大きな障壁となってきた。BOLTはこの課題を解決し、日本のみならず世界のゲーム開発者がブロックチェーン技術を活用し、また、データの改ざんが不可能であるというBOLTの特性は金融業など取引記録や証明が必要な業界でおおいに効果を発揮できると期待する。

Gaming BOLTのゲーム開発への導入の先駆けであるゲーム開発企業Platinum Egg代表取締役・竹村也哉氏は、ゲームDApps「クリプトキティーズ」を例に、従来のブロックチェーンにおける、メインチェーンの帯域幅不足やスピードの鈍化、デザイン性の欠如、マネーフローの単純性による多数のゲームプレイヤーによる競争が不可能といった課題を挙げる。そして、ゲームDApps2.0の特長として、豊かなデザイン性、マルチゲーム設計、ユーザーの使用における利便性、膨大なアクティブユーザーという四点を挙げる。BOLTはゲーム業者のDApps2.0の実現を大いにサポートする。さらには高度なトランザクション処理能力で、スピーディーに状況を反映、パブリックチェーンの信頼性を維持、高額なマイナーコストが不要といった特性を持つと説明する。

TideiSunグループ副総裁、InfiniteChain社長の陳洲任氏によると、ブロックチェーンゲームは必要不可欠でゆるぎない需要を備えると分析。統計によると、目下、ブロックチェーンDAppsは一週間で6,354ETHを生み出す。日本円に換算して約3億円だ。ゲームの運用においてブロックチェーンは従来のセントラル・サーバーの信頼性の低さを解決、ゲームプレイヤーとゲーム業者が双方ともに利益を享受できる環境を創り上げる。ブロックチェーンゲームの誕生は、小規模なゲーム開発会社に新天地をもたらした。かつては大手ゲーム会社の資金力に牛耳られていたが、まだ大手が参入していないブロックチェーンゲームの領域に先陣を切って参入し、ビジネスチャンスをものにするチャンスを与える。またゲーム会社はブロックチェーンのプラットフォームを構築することでInitial Item Offering(IIO)を行うことができ、ゲーム以外でも新たなビジネスモデルを築くことが可能だ。ブロックチェーンが切り開くToken Economyの目的を達成するものである。

【8月6日イベントレポート】トランザクション速度・GAS問題を解決するセカンドレイヤー技術「Gaming BOLT」ワークショップ ブロックチェーンゲームDApps2.0ブーム到来を牽引

TideiSunグループ首席科学者・黄冠寰氏は指摘する。Gaming BOLTブースタはパブリックブロックチェーン上でゲームが運用されるため、スピードの鈍化や取引の遅滞、高額な取引手数料といった問題が生じない。Gaming BOLTはイーサリウムのスマートコントラクトブースタによってコントラクトの公証がなされ、イーサリウムのマイナーによってチェーン上のデータの正確性と完全性が確認される。そしてゲーム会社はゲーム設計をスマートコントラクトに書き込み、ランダムな値で運用することで、信用性が強化され、ゲームプレイヤーにとって信頼のできるゲームを作ることができる。

【8月6日イベントレポート】トランザクション速度・GAS問題を解決するセカンドレイヤー技術「Gaming BOLT」ワークショップ ブロックチェーンゲームDApps2.0ブーム到来を牽引

InfiniteChain顧問・和泉翔氏によると、現在のゲーム界では、ゲーム運営者側がゲームのデータを掌握し、彼らが望めば自在にそのデータを変更し、削除することもできる。またゲーム間での資産の振り替えは従来のゲームではほぼ不可能だ。ゲームプレイヤーは従来のゲームではどんなに能力を強化しても、またゲームのソーシャルネットワークを活性化させても、なんら報酬を得ることができなかったが、ブロックチェーンであれば改善可能だ。

ワークショップ閉会後も、会場にはゲーム開発者やブロックチェーン技術者らが交流、懇談を続け、BOLTを使った新たなゲームビジネスのアイデアを出し合い、終電近くまで盛り上がりをみせた。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ 浜田貴朗

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

新着記事

【プレスリリース】暴騰中の仮想通貨が完全無料で貰える新作ゲーム&ポイ活アプリ「ユビホル」をリリース!
※以下プレスリリースの内容を掲載しています。 ゲームをしながら、無料で宝くじをひけちゃう?最大4万円相当の仮想通貨ETHが貰えるキャンペーンも実施中!
  • ニュース
  • 2020-08-04
  • 【プレスリリース】ユーザー共同運営型位置ゲーム 本日ついにリリース!! 「駅メモ! Our Rails」リリース記念キャンペーン開催!
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 株式会社モバイルファクトリー(本社:東京都品川区、代表取締役:宮嶌裕二)の100%子会社である株式 会社ビットファクトリー(本社:東京都品川区、代表取締役:深井未来生)は、「ステーションメモリー ズ!」(略称:駅メモ!)の最新シリーズとなる、「駅メモ! Our Rails」を2020年8月3日(月)よりWebブ ラウザ向け(スマートフォン専用)にリリースしました。
  • ニュース
  • 2020-08-03
  • アクセルマークとオルトプラス、 ブロックチェーンゲーム分野における業務提携の進捗状況について
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 ブロックチェーンゲーム分野におけるトッププレイヤーポジションの確立に向けて多方面での提携を検討  アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:尾下 順治 証券コード:3624 以下 アクセルマーク)と株式会社オルトプラス(本社:東京都豊島区 代表者:石井 武 証券コード:3672 以下 オルトプラス)は、ブロックチェーンゲーム関連領域での戦略的提携に合意し、ブロックチェーンゲームタイトルの共同運営ならびに新タイトルの企画検討を開始したことを発表いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-07-31
  • ブロックチェーンゲーマーのためのDeFi解説【超基礎】
    ブロックチェーンゲーマーに向けて、DeFiの基礎としてステーブルコインやUniswap、compoundでのレンディングについて紹介します。
  • DApps入門
  • 2020-07-30
  • keywords