日本語
English

日本発NFTマーケットプレイス『nanakusa』がβ版サービスを開始

日本発NFTマーケットプレイス『nanakusa』がβ版サービスを開始

本日より(3月22日)βサービスを開始し、イーサリアム及びPolygonに対応して出品・購入可能と発表しました。

株式会社スマートアプリは、日本初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイスnanakusa」のβ版サービスを開始したと発表しました。
β版の段階からイーサリアム及びPolygonにて出品と購入に対応し、国内ブロックチェーンゲームのNFTや、NFTトレカ、VtuberNFTの購入が可能としています。

β版の対応タイトルは以下となっています。

イーサリアム決済
・NFTトレカ
・MyCryptoHeroes
・CryptoSpells
・Brave Frontier Heroes
・CHOJO -CryptoGirlsArena-

Polygon決済
・VtuberNFT
・MyCryptoSaga

出典 : prtimes.jp

外部のDAppsと提携した専用ページも用意可能としています。

Brave Frontier Heroes専用ページ

また、引き続き公認クリプトアーティストの募集を行っており、下記フォームより応募を受け付けています。現在、国内海外の個人クリエイター・チーム・団体などから、合わせて150件以上の応募が集まっているとのことです。

■募集期間
2021年3月28日 23:59まで

■募集資格
アーティスト(アナログ/デジタル)、フォトグラファー、イラストレーター、作家、ミュージシャン、声優、動画クリエイターなど、アーティスト活動を行っている方、または今後クリプトアーティストとして活動を目指している方。

■応募方法
下記フォームよりご回答お願いいたします。
日本語フォーム
https://forms.gle/GT5bWLh7jbEuuFrd8

English form
https://forms.gle/R94Zr4MHaLW7agb56

出典 : prtimes.jp

NFTマーケットプレイスnanakusa
https://nanakusa.io

関連記事

MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方

MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方

「キャプテン翼 -RIVALS-」のブロックチェーンにPolygonが採用

「キャプテン翼 -RIVALS-」のブロックチェーンにPolygonが採用

前払式扱いの日本円ステーブルコイン「JPYC」がxDAI及びPolygonに対応しネットワーク手数料を削減

前払式扱いの日本円ステーブルコイン「JPYC」がxDAI及びPolygonに対応しネットワーク手数料を削減

MCH+支援タイトルが"Asset Mirroring System"を通じてPolygonに対応

MCH+支援タイトルが"Asset Mirroring System"を通じてPolygonに対応

この記事をシェアする

ポストする
Facebookでシェア
はてなブックマーク