English
SignIn
ニュース・記事

マイクリコイン(MCHC)の稼ぎ方・入手方法まとめ 1/2

update at :

マイクリからガバナンストークンのマイクリコイン(MCHC)がリリースされました。ゲームをプレイして入手するまでの流れが少し複雑なので、詳しく解説していきます。

ツイート

マイクリコインとは

マイクリコインは、マイクリの開発方針やユーザー提案システムへの投票を行う投票権のようなもの。投票を行うガバナンスの機能を持つトークンなので、ガバナンストークンと呼ばれています。

MCHC1枚=1票として投票を行うことができます。将来的には、その時点でのMCHC発行数の1%以上を保有しているとシステムの提案をすることができます。

具体的には、プロデューサーの選挙を行ったり、各種手数料のランドと運営の比率に関する投票などが考えられます。投票権というと無価値かと感じる方もいるかも知れませんが、ランドオーナーの収益配分などは実利に直結しますから、意外と大事なんです。投票権。

マイクリコインの価格

マイクリコインは、ERC-20という規格のトークンで、Uniswapで取引することができます。

MCHCのコントラクトアドレス:
0xd69f306549e9d96f183b1aeca30b8f4353c2ecc3

Uniswapの使い方はこちらを参考にしてください。
https://news.blockchaingame.jp/788

この記事を書いている時点での価格は、10000MCHC=約1ETHです。1アカウントあたりのアセット保有量に応じた初期配布が最大3000MCHCだったことを考えると、そこそこの値段がついていると思います。

ちなみに、価格情報やプール量などはこちらで確認することができます。
https://info.uniswap.org/pair/0x5B272Ce3E225B019a3fBD968206824B24C674344

マイクリをプレイしてMCHCを入手する方法

クリプトニウム⇢クリプトインゴット⇢MCHC

ゲームをプレイ報酬やゲーム内通貨のGUMを消費することでクリプトニウム(Cp)を入手できます。

Cpは条件を満たすことでクリプトインゴット(CI)に変換することができ、変換レートは インゴットの 「付与発行数(4500万)/ 残発行数」×基準レート「200」で計算され、発行されるほど入手難度が上昇します。

つまり、MCHCを多く稼ぎたいのであれば、早いうちからGUMをたくさん消費して、積極的にゲームに参加していったほうが有利です。

Cpを幻獣大戦のために消費するのは、ナイトやナイトコマンダーにならなくても大丈夫なので、全プレイヤーがCp消費に応じたCIを入手できるチャンスがあるということです。

CpをCIに変化するための条件は、幻獣大戦の砦バトルにおいて、プレイヤーが自ランドの強化要素として使用し、自ランドが勝利した場合にクリプトニウム消費率に応じてインゴットの配分を受けられます。

配布は各シーズンの幻獣大戦終了時に一括で行われます。配布後には、ある程度まとまった売り圧が生まれることになりますから、MCHCを売却したい方は注意してください。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • 【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • ゲーム攻略/紹介の記事

    【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ(2020年版)
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。 ※2020/11/01 Labが廃止されているなど現状に合わせて記事を追記、修正しました。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • CryptoSpells(クリプトスペルズ)で新しいカードを手に入れる方法【クリスペ|遊び方】
    クリプトスペルズでより勝てるようにするためには、新しいカードの入手が必須です。 クリプトスペルズのカードの入手方法について、紹介します。 新しい方法が実装され次第追記していきます。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-06-27
  • ニュース・記事

    前払式扱いの日本円ステーブルコイン「JPYC」がxDAI及びPolygonに対応しネットワーク手数料を削減
    前払式扱いの日本円ステーブルコイン「JPYC」がxDAI及びPolygonに対応。今回の対応によってネットワーク手数料の大幅な改善が行えます。 日本暗号資産市場株式会社(東京都港区、代表取締役社長:岡部 典孝)は、2021年3月にxDAI及びPolygonに対応いたしましたことをご報告いたします。JPYC(JPYCoin)は1JPYC=1円で取引される前払式支払手段扱いの日本円ステーブルコインです。今回のxDAI及びPolygonへの対応によって、ネットワーク手数料の大幅な改善を可能にした選択が可能になりました。
  • プレスリリース
  • 2021-03-08
  • ギルドオブガーディアンズ|immutableXと提携したブロックチェーンアクションRPG
    GODS UNCHAINEDの運営が開発中のL2であるImmutableXに乗る新しいゲームが発表されました。アクションRPGのギルドオブガーディアンズについて紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2021-03-08
  • 「仙台89ERS(エイティナイナーズ)」がFiNANCiEで国内初のプロバスケットボールクラブトークンを発行
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。
  • プレスリリース
  • 2021-03-05
  • Hyperledger Fabric環境の管理方法について学習する日本語のオンラインコース「Hyperledger Fabric管理」を開始
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 オープンソースを通じて大規模イノベーションを実現する非営利団体Linux Foundationは本日、新しい日本語のオンラインコース「Hyperledger Fabric管理」を開始しました。
  • プレスリリース
  • 2021-03-04