English
ログイン
ニュース・記事

【クリスペ】CM放映で話題の「クリプトスペルズ」開発・運営元 CryptoGames小澤孝太氏ZOOMインタビュー 3/3

永続するコミュニティ運営とは

【クリスペ】CM放映で話題の「クリプトスペルズ」開発・運営元 CryptoGames小澤孝太氏ZOOMインタビュー

木村:
以前のインタビュー※を読み返すと「永続するコミュニティが出来たらいいなと思います」という事を仰ってまして、その目標に向けて今どういった認識で活動されていますか?

小澤:
ギルドが出た事によって、ギルドの中だけの大会とかも頻繁に行われていたり、結構コアなコミュニティーは出来つつあるのかなと思っている状況です。
前回のステークホルダー総会で発表した今期の方針なんですけれども、ギルド内のイベントをより行いやすいように運営がサポートしていきたいと思っています。
例えば、今日からゲーム内のチャットも実験的に入るんですけれども、大会のやり取りがしやすいような場を作ったり、よりコミュニティが活性化する環境を作っていくのが役目かなと思っております

5月末に開催したAerial PartnersさんとのRUBYの大会ですとか、運営が第三者スポンサーと一緒に大会を開催していきたいです。


そこはギルドのマスター、オーナーさん達とも意見交換をしながら、より活性化する施策を進めているというのが今の状況です。

ブロックチェーンゲームの課題

非中央集権的ゲーム運営へのチャレンジ

【クリスペ】CM放映で話題の「クリプトスペルズ」開発・運営元 CryptoGames小澤孝太氏ZOOMインタビュー

小澤:
今までブロックチェーンゲームの課題は、どうしても運営がアセットを発行する以上どうしても中央集権的になってしまう部分があったと思うんですけれども、今回クリスペSという新しいゲームモードで、ユーザー自身がカードを発行出来る、NFTを発行出来る新モードを入れる事で、よりユーザー自身にオーナーシップを持ってもらう、自走してもらえるような仕組みを作っていきたいと思っています。

木村:
ユーザーがカードを発行出来る「クリスペS」はコミュニティ形成に大きな影響を与えると感じています。


小澤:
そこは結構マイクリとも思想は近いかなとは思っているんですけれども、運営会社はあくまでゲームを運営する上での一部の機能でしかないとは思っているので、ユーザーがゲームを運営している要素を増やしていきたいと思っています。それによって自走していくゲーム運営や自走していくコミュニティにより近付くかなと思っています。

クリスペSはパラメータが自動調整?

木村:
ユーザーがカードを発行できてしまう事で、ゲームバランスへの影響が心配ですが、どう考慮されているのでしょうか?

小澤:
皆さん一番そこを気にされているとは思うんですけれども、そこを成り立つように色々試行錯誤しているという形ですね。もちろんいわゆるぶっ壊れみたいなカードは出ないように、ある程度決められたパラメーターの範囲内で発行できるようなゲームの仕組みになっています。


一番最初は強いカード発行するにはある程度パーツを集めなければいけないので、みんなが強いカードを発行出来るわけではなくて、いわゆるそれがマイニングのような形で獲得したアセットを組み合わせる事によって強いカードが生まれるというような仕組みになっています。

木村:
クラフト系ゲームの武器作成みたいなイメージですか?

小澤:
そうですね。強い素材だと少しだけ強いカードが作れるというのはありますね。
これは成功するかどうかとこれが面白いかってのはまだ分かんないんですけど。

木村:
カードゲームでは画期的な機能だと思われます。

小澤:
もしかしたらマイクラに近いのかもしれないんですけれども、特にTCGなどこういうクラフティング系のゲーム以外では、ユーザーがキャラクターを発行するってあまりなかったので、そういう意味ではチャレンジングかもしれないですね。

今後の予定

木村:
今後の予定を教えてください。

小澤:
まずは6月は1周年ということで、そのタイミングに合わせて個人、ギルドそれぞれで、ワールド戦という大会を行います。

また、1周年のタイミングで、ちょっとまだこれはお約束は出来ないんですけれども、ユーザーがカードを発行出来る新機能の「クリスペS」をβリリースし、7月以降により機能拡張していく計画になっております。

木村:
最後に意気込みや目標、読者に伝えたい事があればお願いします。

小澤:
クリスペ自体は「みんなで作るTCG」というビジョンを掲げているんですけれども、今まで出来なかった、ユーザー自身がカードを発行するというのが、この1周年から出来るようになる予定です。

これが成功するか、面白くなるのかは分からないですが(笑)、2年目以降もいろいろなチャレンジをしていきたいと思いますので、頑張っていきたいと思いますので宜しくお願いします。

木村:
ありがとうございました。


ps .オフィス新しくなった(間借り)ので遊びに来てくださいね!

インタビュー写真(自撮り)

【クリスペ】CM放映で話題の「クリプトスペルズ」開発・運営元 CryptoGames小澤孝太氏ZOOMインタビュー

【クリスペ】クリプトスペルズ(Crypto Spells)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
2
DAU/24時間
2
Crypto Spells(クリプトスペルズ)はCryptoGames株式会社が開発・運営を行うブロックチェーントレーディングカードゲームです。
デジタルカードはNFTとしてユーザー同士で自由な売買ができることで、
「カードが資産になる」次世代カードゲームです。
招待コード「y8zS」を入れて初回ログイン時に「採掘チケット」をゲット。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

関連記事

【無課金でクリスぺ攻略】クリプトスペルズは無課金で稼げるのか
人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 ※こちらの記事ではあくまでも方法の紹介のみになり、BCGで稼ぐことを勧めている記事ではございません。 #クリスペ 2021年7月1日 更新 月間、チャレンジミッションに関する記載、その他を追記 2020年5月26日更新 アセットアナライザーにNFT追加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【インタビュー】炎上を超えて。 CryptoGames株式会社 小澤孝太氏
    昨年10月にプレセールが炎上をし、その後改めて再出発を発表したCryptoSpells(クリプトスペルズ)。 今回、CryptoSpells(クリプトスペルズ)を制作するCryptoGames株式会社代表の小澤孝太氏にインタビューを行いました。
  • インタビュー
  • 2019-01-12
  • Openseaでクリプトスペルズのカードを売買してみよう!
    クリプトスペルズのゴールドカード以上のカードが、自分のウォレットへ移動できるようになりました。 Openseaでの売買の仕方を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-07-24
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

    【2021年5月】AnimocaBrandsのブロックチェーンゲームまとめ
    コインチェックとの提携でも話題になったAnimocaBrandsのBCGについて紹介します。 MOTO GPとCrazy Defense Heroesについて追記(2021/3/16) AnimocaBrandsのサッカーゲームについて追記(2021/5/28)
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-12-23
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • 2022年版最新「Sorare」(ソラーレ)の概要・始め方・遊び方
    現実でのサッカーの試合結果と連動したイーサリアムに対応したブロックチェーンゲームのSorare(ソラーレ)について概要、始め方、遊び方を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2022/07 MLBを追記しました。 ※2021/09/09 Sorareとラ・リーガが提携しました。 ※2021/03/10 インストール方法を最新版に差し替えました ※2020/8/18 J1リーグ参加 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/5/24 更新
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 話題のM2E「RunBlox」の初め方と遊び方を解説
    RunBloxのインストールから遊び方をわかりやすく解説しました。 2022/08/08 正式リリースについて追記 2022/06/28 マーケットプレイスについて追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-30
  • この著者による記事

    注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/11/10 ブリッジ機能が追加されたため説明を追記 ※2022/10/02 portfolio機能が追加 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • インタビューの記事

    【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • Powered by