ブロックチェーンゲームインフォ-BlockchainGame Info- ブロックチェーンゲーム、dAppsゲームの最新ランキング・情報配信サイト

国内外のブロックチェーントレーディングカードゲームまとめ

国内外のブロックチェーントレーディングカードゲームを紹介します。「クリプトスペルズ」「コントラクトサーヴァント」「GodsUnchained」「Relentless」の4本!

ツイート

日本国内では、ブロックチェーントレーディングカードゲームとして、クリプトスペルズに人気が集まっています。トレーディングカードゲームとブロックチェーンは相性がよく、海外でも開発が進められてきています。

そこでこの記事では、クリスペを含めて、国内外のブロックチェーントレーディングカードゲームの特徴・開発状況などを紹介していきます。

クリプトスペルズ

国内外のブロックチェーントレーディングカードゲームまとめ

<クリプトスペルズの特徴>

・モバイルアプリ:あり
・プレイ:可能
・マーケット:未実装
・マッチング:おおよそいつの時間帯でもする
・ゲーム:ハースストーン・シャドーバース系
・課金:ETH(無料プレイも可能)

実際にサービスが可動している中で、国内外含めても最も進んでいるブロックチェーンTCGです。実際にプレイしている方もブロックチェーンゲームインフォの読者の方には多いと思います。

ハースストーンやシャドーバース系のTCGで、特定のレアリティ以上のカードがブロックチェーンに保管されるアセットとなっています。

現時点では、それらのブロックチェーンアセットをトレードするマーケットは実装されていませんが、将来的には可能となる予定です。また、単純な売買だけでなく、レンタルシステムも考えているというところが特徴的ですね。

ゲームのプレイは、モバイルアプリ・PCどちらからでも可能で、WEBアプリなのでウォレットがなくてもプレイすることが可能になっています。ETHがなくてもプレイできますし、ゲームをコツコツプレイしていれば無課金でもブロックチェーンアセットを入手することができます。初心者にもオススメのブロックチェーンTCGです。

クリプトスペルズ(Crypto Spells)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
27
DAU
7
クリプトスペルズはCryptoGames株式会社が開発・運営を行うブロックチェーンカードゲームです。
ブロックチェーンゲームでありながら、リアルタイムでゲームをプレイする事が出来ます。

コントラクトサーヴァント

国内外のブロックチェーントレーディングカードゲームまとめ

<コントラクトサーヴァントの特徴>

・モバイルアプリ:開発中?
・プレイ:開発中
・マーケット:未実装
・マッチング:ー
・ゲーム:オートバトル
・課金:ETH(無料プレイも可能)

コントラクトサーヴァントは、アクセルマークが開発するブロックチェーンゲームで、カードをマス目に配置し、カードの能力に応じてオートバトルで試合が進んでいく、新感覚TCGです。

6月28日には試遊会も実施されており、リリースが近いのでは?と期待されています。

▼試遊会の様子はコチラの記事をどうぞ!
https://news.blockchaingame.jp/540

試遊会に参加したプレーヤーの話では、「難しい」「覚えるまでが大変」というコメントが有る一方で、「配置を変えただけで勝てるようになった」「奥が深い!」などのコメントも出ています。参入障壁を取っ払うために、チュートリアルには力を入れていくそうなので、リリースが楽しみですね!

試遊会はPCで行われていましたので、モバイルアプリがでるかは不明です。気軽にプレイするためにも、モバイルアプリは是非欲しいですね。

コントラクトサーヴァント-CARD GAME- (Contract Servant)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU
0
『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』(コンサヴァ)は、分散型アプリケーションやスマートコントラクトを構築するプラットフォームであるEthereumで動作するトレーディングカードゲームです。
プレイヤーはオンライン空間上で自由にカード(サーヴァント)を取引することが可能で、ブロックチェーンが不正を監視します。
マーケットプレイス以外のバトルや強化などのゲーム部分をオフチェーン化(※)したユーザーフレンドリーな設計となっています。

GodsUnchained(ゴッズアンチェインド)

国内外のブロックチェーントレーディングカードゲームまとめ

<ゴッズアンチェインドの特徴>

・モバイルアプリ:開発中
・プレイ:ベータ版としてプレイ可能
・マーケット:OpenSeaに出品のみ可能
・マッチング:時間帯による
・ゲーム:ハース・シャドバ系
・課金:ETH(無料プレイも可能)

ゴッズアンチェインドはプレセールでかなりの金額を集めたことで話題になったブロックチェーンTCGです。プレセールの売上の一部が世界大会の賞金になることでも話題を集めました。

現在はベータテスト中で、定期的にカードの効果などが見直されつつアップデートされています。海外プレーヤーはそこそこいるようで、時間帯によってはちゃんとマッチングします。日本人同士で遊びたい場合には、今は人数が少ないので、「せーの!」でマッチング開始ボタンを押せば、うまいことマッチングします。試してみてください。

カードの効果が確定して正式リリースされないと、OpenSeaでのトレードはできるようになりません。現在はカードを買って、ベータ版で遊ぶだけの状態です。

カードの効果はクリスペと比べるとかなり複雑で、それぞれのリーダーの特徴も際立っています。カードの種類が多い文、デッキ構築の面白さはゴッズアンチェインドに軍配が上がります。クリスペでは物足りないという方は、一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

Gods Unchained TCG(ゴッド アンチェインド ティーシージー)

取引量/24時間
23.926
取引数/24時間
420
DAU
166
美麗カードのコレクトバトルゲーム。本格的ブロックチェーンTCG。

Relentless

国内外のブロックチェーントレーディングカードゲームまとめ

Relentless(リレントレス)の特徴>

・モバイルアプリ:あり
・プレイ:PC・スマホで可能
・マーケット:ゲーム内マーケットあり
・マッチング:ほとんどしない
・ゲーム:ハース・シャドバ系
・課金:ETH、TRXなど(無料プレイも可能)

リレントレスはもともとゾンビバトルグラウンドというタイトルで開発が進められていたゲームです。開発は、ブロックチェーンゲーム用のチェーンであるLOOMを開発している「LOOM NETWORK」です。

スマホのアプリでは、トークン化されたカードのパックを買うことはできないんですが、WEBサイトでは、ETHやTRXを使ってブロックチェーンアセットとなるカードを購入し、トレードすることができるようになっています。ただし、あまりプレーヤーはいないようで、マッチングもしないですし、トレードがどれだけ活発に行われているかもわかりません。

ゲーム自体は、クリスペやゴッズアンチェインドと同じタイプですが、若干ゲームのテンポが悪いのが気になります。

ネガティブなコメントをしてしまいましたが、既にアプリが出ていて、マーケットも実装されているのブロックチェーンTCGの中では、何気にRelentlessが一番しっかりしています。マーケティング次第では、まだ可能性はあるかなと思っています。

ゴッズアンチェインドと同じように、カードの効果は英語で書かれています。チュートリアルは日本語なので、日本へのローカライズも考えているようですが、まだまだ完全ではありません。今後に期待です。

リレントレス(Relentless)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU
0
リレントレスは、LOOM NETWORKにより開発されているカードゲームです。
ゾンビバトルグラウンドと言う名前からリレントレスに改名されました。
入金方法はETH以外にも様々な方法に対応してあります。

SkyWeaver

国内外のブロックチェーントレーディングカードゲームまとめ

<SkyWeaverの特徴>

・モバイルアプリ:実装予定
・プレイ:PC・スマホで可能となる予定
・マーケット:不明
・マッチング:まだプレイできない
・ゲーム:ハース・シャドバ系
・課金:ETH

SkyWeaverの特徴は、ヒーロー自身が他のカードと並んでバトルが進行していくことです。つまり、フィールドには常に最低1対はユニットがいる状態が続くということですね。クリスペやゴッズアンチェインドとは盤面有利のとり方が変わってきそうで楽しみです。

もう一つの特徴は、ユニット自身がスペルを持っている場合があるということ。ユニットを召喚し、マナを支払ってユニットの能力を発動することができます。このあたりはマジック・ザ・ギャザリングに近い仕様ですね。

ゲームのリリースはまだですが、プレイ動画はコチラから確認することができますので、気になる方はチェックしてみてください。

https://www.twitch.tv/videos/454072231

スカイウィーバー(SKYWEAVER)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU
0
スカイウィーヴァー(SKYWEAVER)はブロックチェーンカードゲームです。
$3.75Mの資金調達を行っています。
ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

関連記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

【インタビュー】炎上を超えて。 CryptoGames株式会社 小澤孝太氏

昨年10月にプレセールが炎上をし、その後改めて再出発を発表したCryptoSpells(クリプトスペルズ)。 今回、CryptoSpells(クリプトスペルズ)を制作するCryptoGames株式会社代表の小澤孝太氏にインタビューを行いました。

2019-01-12

クリプトスペルズのカード販売解説|在庫連動型ダッチオークションとは?

クリプトスペルズのカード販売は6月25日から!上手に買うための必須知識をまとめました。

2019-06-17

【国産dApps】日本発ブロックチェーンゲームまとめ【リリースからサービス終了まで】

日本の国産ブロックチェーンゲームも数が多くなってきました。 その中で、稼働中、開発中、サービスが終了したゲームをそれぞれ簡単に紹介します。 開発状況が変わりましたらその都度更新していく所存です。

2019-07-23

【クリスペ】カードセール情報【最新値実況】 8月16日更新

クリプトスペルズのカードセール情報を実況していく記事です。

2019-08-16

【コンサヴァ】コントラクトサーヴァントオープンβテストまとめ

コントラクトサーヴァントのオープンβバトルが8/8 12時から開催されます。 必要なことやTipsなどまとめます。

2019-08-13

【コンサヴァ】ストーリーからプレセールトークンを紹介

コントラクトサーヴァントにはストーリーがあります。 現在公開されている一章には、今回プレセールで販売されるサーヴァントも登場します。 プレセールで販売され、一章に登場するサーヴァントをそれぞれ紹介します。

2019-08-06

【国産dApps】日本発ブロックチェーンゲームまとめ【リリースからサービス終了まで】

日本の国産ブロックチェーンゲームも数が多くなってきました。 その中で、稼働中、開発中、サービスが終了したゲームをそれぞれ簡単に紹介します。 開発状況が変わりましたらその都度更新していく所存です。

2019-07-23

【最新デザイン版】コントラクトサーヴァントのカードパラメーター解説

コントラクトサーヴァントは非常に多くのパラメーターがカード内にところせましと並んでいます。 マーケットで理想のサーヴァントを手に入れるうえで、カードに掲載された数値がそれぞれ、どのようなものを示すのか簡単に解説します。 前回の試遊会で公開された最新デザインバージョンにて、カードパラメーターを説明します。

2019-07-05

新着記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!