English
Connect
ニュース・記事

持続可能なメタバースエコシステムに特化したブロックチェーン「MOOI」を本日より正式ローンチ

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

ココネ株式会社のグループ企業であるPOST VOYAGER PTE LTD.(所在地:シンガポール、以下「POST VOYAGER」)は、メタバース領域に特化したブロックチェーンネットワーク『MOOI』の運用を6月30日(木)に開始します。

POST VOYAGERについて

MOOI Networkを開発運用するPOST VOYAGERは、国内のアバターアプリ業界をリードするココネ株式会社のグループ企業です。ブロックチェーンプロジェクトに特化して2019年に設立された同社は、当初からその専門性を発揮し、Klaytn Networkのガバナンス協議会のメンバー(ノードバリデーター)を務めています。創業者を含めてチームの半数が開発者であるPOST VOYAGERは、グループ企業への技術的なサポートやアドバイスの役割を担っており、ココネグループにおける技術集約的な企業となっています。

また、お客様の資産を守るべく、MOOI Networkのセキュリティの完全性を保証するための監査を継続的に受ける予定です。ネットワークの完全性の重要性を強調するだけでは決して十分ではなく、それを確保するために必要なあらゆる手段を講じていきます。

【公式サイト】 https://postvoyager.com/

独自の価値観で持続可能なメタバースエコノミーを約束する『MOOI』

ココネグループではMOOI Networkを基盤としたメタバースサービスをすでにいくつか開発しています。しかし、MOOIのビジョンはデジタルアプリに限定されません。リアルでもデジタルでも、MOOI Networkのコアバリューに適合するあらゆるプロジェクトでエコシステムを拡大することを想定しています。

MOOI Networkはまず、Klaytn Networkとブリッジされる予定です。その後、PolygonやEthereumといった他のブロックチェーンとのブリッジを増やし、さらにマルチチェーンとしてエコシステムを拡大していきます。

持続可能なメタバースエコシステムに特化したブロックチェーン「MOOI」を本日より正式ローンチ

持続可能なメタバースエコノミーをサポートするために、従来と少し異なるアプローチでMOOI Networkは構築されています。MOOI Networkの経済はまず、サービスをプレイしたりデジタル資産を所有したりすることに真の価値を見出すお客様たちによって形作られます。そして価値が確立された後、エコシステムの拡大が自然に行われていくと考えています。

これらはWeb2市場でココネが証明してきたデジタル資産の価値と実績(※)から想定されるもので、Web3市場でも同様に証明されると考えています。※ココネがこれまでに提供したデジタル資産の制作数14万点および90億個を超える販売実績

ネットワークの経済は、ガバナンストークンである$MOOIを中心に構築され、個々のサービスも独自のトークノミクスを持つことになります。POST VOYAGERには「Crypto Finance Team」と呼ばれる特別なチームがあります。MOOIのエコシステム設計とモニタリングに専念するチームで、ネットワークに参加するDappプロジェクトにより良いトークノミクスを構築するためのアドバイスを提供し、最終的には持続可能なメタバースエコノミーを共に構築することを望んでいます。さらに、POST VOYAGERの独創的なアプローチはブロックチェーン業界のパイオニアたちを虜にし、MOOIトークン初のプライベートセールスのラウンドを成功裏に終えました。その結果、シンガポールのベンチャーキャピタル、Block Crafters Capitalからの早期投資が決定。韓国の大手ブロックチェーン企業であるOzysとの戦略的パートナーシップを締結しました。


POST VOYAGERが運用するMOOI Networkは、ローンチ前からすでに技術力とコンテンツリッチなエコシステムの両方を確保することに成功しています。同社が技術面に注力する一方で、そのほかのココネグループ企業でMOOIを基盤にしたメタバースサービスを開発しています。

【公式サイト】https://mooinetwork.io/mooinetwork
【medium】https://medium.com/@mooi_network
【Discord】https://discord.gg/YGdEzHaDRz
【Twitter】https://twitter.com/mooi_network

MOOI基盤の新サービスを少なくとも年内に4つ開始予定

ココネの基幹事業であるアバターサービスは世界中の4200万人のお客様から愛され、数々の賞を受賞するなど多方面から高い評価を得ています。ココネサービスの根幹であるCCP(Character Coordinate Play)の核心は「仮想世界に没入して現実と仮想世界の境界を取り払うこと」で、昨今注目されているメタバースの概念と非常に似ているものでした。

そのため、ココネグループではメタバースおよびブロックチェーン事業を本格化するに至り、これまでのWeb2サービスをWeb3サービスへと発展させるべく注力しています。

持続可能なメタバースエコシステムに特化したブロックチェーン「MOOI」を本日より正式ローンチ

最初にサービスを開始するのは、人気アプリ『リヴリーアイランド』のIPを活用したGameFi『Meta Livly』です。ゲームをプレイすることで収益を得ることができるP2E要素や、実際にアイテムを所有・取引することができるNFTを搭載する予定です。2022年7月下旬にリリース予定です。

ココネグループのcoone connect株式会社が開発を進めているGameFi『ClawKiss』においては、2022年6月中旬に公式サイトとSNSアカウントを公開しました。世界170カ国以上で愛されているアバタージェネレーター『セルフィ』のIPをベースにブロックチェーン技術を導入したDress to earnアプリで、2022年内にリリース予定です。

ココネグループでは『Meta Livly』と『ClawKiss』を皮切りに、数年以内にMOOI Networkで10以上のサービスをリリースする予定です。また、POST VOYAGERは、ココネのIP以外にもMOOI Networkに搭載されるメタバースサービスを積極的に募集しています。

【『Meta Livly』公式サイト】https://metalivly.com/
【『ClawKiss』公式サイト】https://clawkiss.com/

ココネグループについて

スマートフォン向けのアバター着せかえアプリ『ポケコロ』シリーズや『リヴリーアイランド』など、4,200万人以上のお客様から支持される各種CCPサービスを提供しています。「キャラクター(Character)」が存在し、「コーディネート(Coordinating)」要素をもち、「遊ぶ(Play)」ことができるサービスを「CCP(Character Coordinating Playの略)」と定義し発展させてきました。アバター開発とコミュニティ運営の経験とともに、ブロックチェーン技術の開発、NFTマーケットプレイスの運営などを通した最新技術を融合させ、利便性や機能性ではなく、ココネが得意とする「感性」をカタチにできるデジタルワールド、メタバース空間の構築を進めています。

【ココネ株式会社 公式サイト】https://www.cocone.co.jp/

<POST VOYAGER PTE LTD. 会社概要>
・代表者:KIM JEONG HUN
・設立:2019年1月10日
・所在地:63 CHULIA STREET #15-01 SINGAPORE
・事業概要:ブロックチェーン基盤技術開発

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • この著者による記事

    MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/11/10 ブリッジ機能が追加されたため説明を追記 ※2022/10/02 portfolio機能が追加 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • 日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • プレスリリースの記事

    CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • keywords

    Powered by