日本語
English

着せ替えNFT“Dress & Earn”「ClawKiss」がグローバルサービス開始

着せ替えNFT“Dress & Earn”「ClawKiss」がグローバルサービス開始

ココネからWEB3アバターアプリが登場しました。ヴァンパイアをモチーフにしたアバターに自分好みに着せかえして稼ぐという新たなコンセプト「Dress & Earn」を実装した新しいアバターサービスです。MOOIという独自運用のブロックチェーンネットワークに対応し、デュアルトークンシステムに対応しており本格的なGamiFiとなっています。また自分でカスタマイズしたアバターをマーケットプレイスに出品して販売することも可能です。

※以下プレスリリースを掲載しています。

全世界1億3千万人のお客様に愛されるアバターサービスを展開するココネ株式会社(以下「ココネ」)は、当社グループで運用するブロックチェーンネットワーク「MOOI」を基盤にしたFree to Play & Earnの新作web3アプリ『ClawKiss』のサービスを、2022年12月20日(火)よりグローバルで開始します。

「セルフィ」ブランドの新作アバターサービス

「セルフィ」は全世界170カ国1,300万人のお客様に愛され、登場アイテム数が13万点を超えるオリジナルアバターブランドです。『ClawKiss』はその「セルフィ」のIPを用いてブロックチェーン技術による新しい遊びを取り入れた、ココネがグローバルに挑戦するための新作web3アプリです。

ー ヴァンパイアとして暮らす

舞台は人間とヴァンパイアが入り混じる世界。お客様にはヴァンパイアとして、日々の生活を楽しんでいただきます。美味しい血を手に入れるために、ヴァンパイアの大切なパートナー(アバター)を、綺麗に着せ替えてあげてください。サービス開始時には約20,000種のアバターを用意しており、あなたに相応しいパートナーをきっと見つけられるはずです。

ー 可愛く遊んで、稼げる(Dress & Earn)

楽しくカワイイだけでは終わらない。ブロックチェーン技術を導入することで、楽しく可愛いのは当然として、楽しみながら稼ぐことができます。NFTとして限定販売されるアバターを手に入れて遊べば、独自のトークンを手に入れることができます。ブロックチェーン技術によりお客様が手に入れたデジタルアセットは唯一無二であると証明され、カスタマイズしたアバターをマーケットプレイスに出品して販売することも可能です。

『ClawKiss』概要

タイトル名 : ClawKiss(クローキス)
ジャンル : Dress and Earn GameFi (Free to Play & Earn対応)
サービス開始  : 2022年12月20日 
対応チェーン : MOOI network
対応端末 : iOS 11.0以降(iPhone,iPad,およびiPod touchに対応)、 Android OS 6.0以降  ※一部端末には対応しない場合があります。
アプリ内言語 : 英語、ポルトガル語 ※随時追加変更されます。

【App Download】 https://app.adjust.com/u8gkqme
【Official Site】 https://clawkiss.com/jp
【Whitepaper】 https://clawkiss.gitbook.io/whitepaper/
【PV】 https://youtu.be/txZBcLFpEG0

<コンセプト>

「ヴァンパイア」は押し付けられた常識に生きづらさを感じる人のメタファー

多くのGameFiでは経済的側面に強く焦点を当てていますが、『ClawKiss』では押し付けられた常識や固定観念から現代社会に生きづらさを感じている方々が思うままに自己表現したり、多様なソーシャルグラフを創り出せるデジタルワールドの構築を目指しています。
トークノミクスの成長・成熟はもちろんですが、Play to Earnの側面だけに価値を見出すのではなく、世界中のお客様に『ClawKiss』だからこその癒しと開放感を提供します。
また、Free to Playとして、NFTの購入や課金がなくとも楽しむことが可能です。『ClawKiss』は、コミュニティと創造性に基づく遊びを提供するだけでなく、プレイする方々の生活を豊かにすることも目指しています。

<ストーリー>

「あなたはヴァンパイアですか?」
そう聞かれたら、ほとんどの人が『いいえ』と答えます。

では、「押し付けられた『常識』に苦しめられたことは?」という問いならどうでしょう。
異性と恋愛をしろとか、早すぎず遅すぎずに結婚しろとか、フィクションより現実を愛せとか。

人はいつも『常識』の奴隷です。
社会に馴染めない部分を持ちながら、マジョリティのふりをして生きてはいませんか?
人間界の『常識』に迎合しながら苦しむ──それはまるで人を装いながらも太陽を避けるヴァンパイアのようです。

web3の世界は『大多数の人のため』ではなく、『すべての個人のため』にあります。
いかなる個人でも、何ものにも縛られない世界の実現。

そのために必要なのは、『常識』の奴隷から解放されるコミュニティ。

我々は、我々に賛同してくれる皆様と共に、誰もが生きやすい世界を構築していきます。

すべてのヴァンパイアに、かつてない癒しの空間を。
すべてのヴァンパイアに、かけがえのない自由を。

さぁ、我々の手を取って。
ヴァンパイアだけの最高のコミュニティへご招待します。

ー サービスプレイ

Dress & Earn

サービス開始時には、約1,000個のファッションやインテリアアイテムを用意しています。ガチャで獲得できるそれらを用いて、NFTのアバターである「ESA」をドレスアップすることができます。自己表現やスタイルを探求し、ユニークでスタイリッシュなコーデを作成してお楽しみください。ファッションアイテムには「コモン」から「エピック」まで、レアリティと価値のレベルを設けています。

ジェネレーティブNFTでもあるNFT ESAは、各ESAが持つ個々の性能と、アプリ内で着せかえできるファッションアイテムのレアリティなどの合計値に基づいてグレードが評価されます。

グレードはアプリ内のパラメーターには影響しませんが、当社グループで運営するNFTマーケットプレイス「Jellyme」でNFT ESAを出品する際、価値を定める要素になります。

ClawKiss(吸血)からトークン獲得

「ESA」にチャームという魔法を与えることで、幸福度を向上させることができます。幸福度を最大値にして吸血を行うと、ユーティリティトークンの「KissStone($KS)」や様々な称号を得られる「Blood collection」を獲得することができます。$KSやアプリ内通貨「VCash」は、様々なミッションを達成することでも入手可能です。

また、ガバナンストークンでもある「CLAW」は、イベント報酬などによる配布を予定しております。

多様なコミュニティ

ほかのお客様のルームを訪問し、その方が持つESAにもチャームを与えることができます。そのため、複数のお客様との相互協力の関係を自然に築くことができる設計となっています。

様々なコミュニティ群を形作るきっかけとなり、リアルの世界とはまた違ったつながりやコミュニケーションを楽しむことができます。

ー NFT

ClawKiss』におけるNFTは、アバターの「ESA」です。

独自のアルゴリズムで生成されるジェネレーティブNFTで、さまざまなパターンの肌や髪の色、顔、スタイルの特徴を持つ個性あるアバターが高い頻度で定期的に制作されます。

また、一般的なNFTとは異なり、NFT ESAは単なる芸術作品ではなく、『ClawKiss』のエコシステムにおいて重要な役割を担います。創造的な遊び方以外にも、多くのNFT ESAに投資することでKSトークンを獲得する機会が増加します。

Free to Playのお客様も非常に限られた量の$KSを受け取ることができますが、より完全な『ClawKiss』を体験をされたい場合はNFT ESAが不可欠です。

<NFTの購入>

NFT ESAは、ココネグループが提供するNFTマーケットプレイス「Jellyme」で購入できます。また、ヴァンパイアの皆さまが月に数回購入できるよう、新しいNFT ESAは定期的にMintされます。

<NFTの販売>

ドレスアップしたESAを『Jellyme』に出品することができます。ESAが持つ個々の性能と、アプリ内で着せかえできるファッションアイテムのレアリティなどの合計値に基づくグレードによって、マーケットでの価値が変化します。

<マイニング方針>

NFTの過多とインフレを回避し『ClawKiss』の世界を保護するために、MintされるNFT ESAの数は毎日のお客様のアクティブ数や新規登録数などに基づいて調整されます。

また、当社が必要と判断した場合や当社の裁量により、Mint数が調整されることもあります。

ー トークノミクス

ClawKiss』は当社グループで運営開発する「MOOI」ブロックチェーンを基盤にしています。

流通トークンとして、同チェーンから発行される「KissStone($KS)」「CLAW($CLAW)」トークンのデュアルトークンシステムとなります。

「KissStone」

【種類】ユーティリティトークン
【用途】
・ESAの回復アイテムの購入
・ミステリーボックスで限定アイテムを購入
MOOIウォレットからKissStoneを出金

「CLAW」

【種類】ガバナンストークン
【発行限度枚数】100,000,000枚
【用途】
・アプリ内通貨「V-Cash」に変換してミステリーボックス購入を使用
・NFT ESAとCLAWをMOOIウォレットに転送する際の手数料
・CLAWの用途は今後追加導入される予定です

ー ロードマップ

web3事業を加速させるココネグループについて

1億3千万人のお客様に愛されるアバター事業を展開し、世界7ヵ国8都市に拠点を持つココネ。10年以上のアバター開発から得たデジタル資産「130億個以上の流通数」「100万点以上の制作数」の実績を武器に、グループ全体で10近いweb3プロジェクトを立ち上げ、事業を加速しています。

グループ全体で100名以上がブロックチェーンおよびweb3事業に携わっており、アバターサービスのノウハウと新規プロジェクトへの潤沢なリソースを持っているからこそ、世界基準かつ世界規模の「kawaii」という価値を新しい形で提供することが可能です。進化するアバターサービスの楽しさとブロックチェーン技術の活用によって、お客様が所有するアバター=デジタル資産の価値拡大を目指してまいります。

ココネが提供するブロックチェーンネットワーク『MOOI』について

MOOI」は、ココネグループのPOST VOYAGER PTE LTD.(所在地:シンガポール)が開発する“メタバース領域に特化”したブロックチェーンネットワークで、今夏より運用を開始しました。

各方面のお客様が「MOOI」基盤のサービスを気軽にお楽しみ頂けるよう、直感的なUIとUXの設計、低価格な取引手数料および高速で利便性の高いブロックチェーンの確立を目指しています。

ココネグループでは『PKCL Twins』をはじめとした様々なプロジェクトを「MOOI」プラットフォーム上で展開し、そしてサービス独自のNFTやトークンを発行していきます。

【「MOOI」公式サイト】https://mooinetwork.io/mooinetwork

<ココネグループが提供する「MOOI」基盤のサービス>

『Jellyme』(NFTマーケットプレイス)  https://jellyme.io/
『PKCL Twins』(NFT×アバターアプリ)  https://www.pkcltwins.com/
ClawKiss』(Dress & Earn) https://clawkiss.com/ja/
『JANKEN』(GameFi) https://janken.game/
『Meta Livly』(GameFi) https://metalivly.com/

ココネ株式会社について

ココネでは、スマートフォン向けのアバター着せかえアプリ『ポケコロ』シリーズや『リヴリーアイランド』などの各種CCPサービスを提供しています。「キャラクター(Character)」が存在し、「コーディネート(Coordinating)」要素をもち、「遊ぶ(Play)」ことができるサービスを「CCP(Character Coordinating Playの略)」と定義し発展させてきました。グループを通して運営するCCPタイトルのお客さまは全世界で1億3千万人以上、流通デジタルアイテムは130億個を超えています。アバター開発とコミュニティ運営の経験とともに、グループ会社にて展開するブロックチェーン技術の開発などを通した最新技術を融合させ、既存のCCPサービスを元に、利便性や機能性ではなく、ココネが得意とする「感性」をカタチにできるデジタルワールド、メタバース空間の構築を進めています。

<会社概要>

会社名:ココネ株式会社(URL:https://www.cocone.co.jp/
代表者:代表取締役社長 CEO 高谷 慎太郎
設立:2008年9月
所在地:東京都世田谷区若林3-1-18
事業概要:ソーシャルネットワーク、アプリ開発、教育、語学、ブロックチェーン開発

関連記事

ブロックチェーンゲーム「Dark Throne(ダークスローン)」配信1週年記念イベントを実施

ブロックチェーンゲーム「Dark Throne(ダークスローン)」配信1週年記念イベントを実施

「リヴリーアイランド」を運営するココネがNFTプロジェクト立ち上げを発表

「リヴリーアイランド」を運営するココネがNFTプロジェクト立ち上げを発表

日本発Play-to-Earnゲーム 「SKY FRONTIER Fantasy Battle」公式サイトを開設

日本発Play-to-Earnゲーム 「SKY FRONTIER Fantasy Battle」公式サイトを開設

ココネ、web3サービスとサーバ(バックエンド)開発についてトークイベントを開催

ココネ、web3サービスとサーバ(バックエンド)開発についてトークイベントを開催

この記事をシェアする

ポストする
Facebookでシェア
はてなブックマーク