ビットギルドで遊べるゲームBITIZENとは?アバターを早速作ってみたよ!

2018-08-28

ブロックチェーンゲームアセットのマーケットプレイスプラットフォームであるビットギルドで遊べる「BITIZEN」について紹介します。

ブロックチェーンゲームのアイテムなどをトレードするプラットフォーム「BitGuild」から、アバター系ゲームの「BITIZEN」の一部機能がリリースされました。

早速プレイしてみたので、BITIZENの紹介も交えながらゲームの様子をお伝えします。

BITIZENとは?

BITIZENは、自分の分身となるアバターを作り、冒険に出したり、着飾ったりして楽しむゲームです。既存のゲームだと、「どうぶつの森」が近いようです(公式談)。

BITIZENでは冒険に出てアイテムを探索してくることを「マイニング」と称しています。いかにも仮想通貨ゲームらしいネーミングです。掘り当ててくるアイテムがブロックチェーンに保管されるトークンであることにも由来しています。

マイニングでゲットしたレアアイテムを装備すると、他のブロックチェーンゲームでの能力強化や、よりレアなアイテムを発見しやすくなるといった効果をもたせることを予定しています。単独のゲームで完結するのではなく、他のゲームとのコラボできるのもブロックチェーンゲームならではの特徴です。

その他にも、例えばビットギルドと提携しているRPGでゲットした伝説の剣を、BITIZENの自分のアバターに装備させるなんてこともできるようになるかもしれません。

BITIZENのコンテンツ

WARDROBE

プレセールで購入した洋服やマイニングでゲットした装備などを着せ替える機能です。

ブロックチェーンゲームのトークン自身のグラフィックを自分で変化させられるのは、クリプトキティのサードパーティゲームであるキティハット以外では、BITIZENが初めてだと思います。

何かと不自由の多いブロックチェーンゲームですが、ブロックチェーンを利用するというメリットは残しつつ、少しずつ既存のゲームとの境界がなくなっていますね!

MINING

マイニングは自分のアバターを冒険に出してアイテムをゲットするコンテンツ。

アイテムのコレクションを充実させていきましょう。マーケットプレイスが実装されれば、売買もできるようになりますから、レアアイテムをマイニングできれば収益化できるかもしれません。

大人気のどうぶつの森なんかは、データがヤフオクやメルカリで売買されているくらいですからね。(ほとんどがチートですが。)

BITROPOLIS

こちらは情報が出ていません。
乞うご期待。

BITIZENでアバターを作ってみよう

8月29日現在、BITIZENではアバター作成のコンテンツだけ先行リリースされています。
早速作ってみたので紹介します。

まずはビットギルドのページへアクセス。

ビットギルドからBITIZENへアクセス。

アバターをつくっていきます。

・性別
・髪型
・目、鼻、口

などを選んでいきます。

完成系はこんな感じ。

今はポストカードとして友達にシェアできるようになっています。

まとめ

BITIZENについて紹介しました。

現時点で遊べるコンテンツはアバターの作成のみですが、ブロックチェーンアセットのグラフィックを自分で弄れるってのは、かなり新鮮な体験でした。

他のコンテンツがでるのも楽しみですね!

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

シェア

ツイート

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

ゲーム攻略、紹介の記事

keywords