ブロックチェーンゲームインフォ-BlockchainGame Info- ブロックチェーンゲーム、dAppsゲームの最新ランキング・情報配信サイト

Gods Unchainedのベータ版を楽しむための基礎知識まとめ

ツイート

ブロックチェーンを利用したトレーディングカードゲームとして、国内ではCrypto Spellsが有名ですが、海外ではGods Unchainedが人気を集めています。現在はベータ版をプレイすることができるので、事前に知っておきたい基礎知識をまとめていきます。

Gods Unchained(GU)とは

Gods Unchainedのベータ版を楽しむための基礎知識まとめ

GUはブロックチェーンの技術を利用したトレーディングカードゲームです。カードがただのデジタルデータではなく、ブロックチェーンに保管されるアセットという最大の特徴があります。クリスペをプレイしたことがあればゲームのルールや仕組みは近いので、理解しやすいと思います。

ゲーム自体はハースストーン、シャドバに近い完全ターン制(MtGのような相手のターンに使うスペルがない)であり、相手のHPを削りきったほうが勝ちというルールです。ハースストーンで言うHeroに該当する「Gods」が6種類あり、Godsに対応したカード+ニュートラル属性のカードを組み合わせて30枚のデッキを作り戦います。

特徴としては、クリスペのクリプトスペルのように1回使って終わりではなく、くり返し使えるものもある「ゴッドパワー」がそれぞれのGodsに設定されていることと、装備スペルをキャストすれば、Godsがクリーチャーと同じように攻撃に参加することもできるようになります。

クリスペと比べると、カードプールや効果が複雑なカードが多いので、デッキ構築の幅が広いのですが、モバイル非対応・日本語非対応ということで、日本ではあまり話題になりきれていないゲームです。

Gods Unchainedのβテスト概要

βテストへの参加方法

現在GUはβテストを実施しています。参加するためには、すでにβテストに参加しているプレーヤーからキー付きのURLをもらう必要があります。私のキーを載せておきます。

▼βテストへの参加はこちらから
https://godsunchained.com/?beta-key=https://godsunchained.com?beta-key=pDBZcyfPUl

▼キー
pDBZcyfPUI

βテストでのカードの取扱

GUにはブロックチェーンに保管されるカードセット(Genesis Set)とブロックチェーンアセットではなく、プレイ報酬として入手できるCore Setの2種類があります。

βテストではGenesis Setのバランス調整をすることが主目的となっています。そのため、バランス調整が終わるまでは、Genesis Setを購入しても、トレードすることはできないのでご注意ください。Core Setはゲームプレイによって入手できますが、βテストから正式リリースに引き継ぐことはできず、回収されていまします。こちらも合わせてご注意ください。

正式サービス開始は10月と予定されていますが、これまで何度も延期されてきているので、また延期になる可能性もあります。それまでカードのトレードはできませんので、Genesis Setを買う場合にはロック期間があることを念頭に置いて購入しましょう。

ちなみに、カードパックを買っただけでは、カードはNFT化されていません。サイト下部のアクティベーションからNFT発行手続きを行います。

βテストのコンテンツ

CPU戦

Gods Unchainedのベータ版を楽しむための基礎知識まとめ

βテストでは初めてのプレーヤーでも遊べるように、6種類のGodsそれぞれにスターターデッキが用意されています。スターターといっても、それぞれのGodsの特徴をしっかりと感じることのできる良デッキです。まずはCPU戦で対戦の雰囲気、進行を覚えてから対人戦にいくといいでしょう。

対人戦

Gods Unchainedのベータ版を楽しむための基礎知識まとめ

対人では他のプレーヤーとマッチングしてバトルをします。GUにはランクマッチが実装されているので、飛び込みで入っても自分と近いランクの相手に当たるので、初めてでも安心してプレイできます。

マッチングはかなり良く、最近では待たされることはほとんどありません。ベータ版ですから、気軽にプレイしてみてください。

対人で勝利すると、Core SetとRaffle Tokenを入手することができます。Raffleトークンとは、βテストで配布される仮想通貨で、テスト終了後にくじ引きを引くことができます。大当たりはTethysというMythicのカードです。過去にGUでは、Mythicのカードに400ETH以上の値段がついたことがあります。もしも当たったら大儲けできちゃうかもしれません。

その他は、Trinketというアイテムです。ゲーム中に装着できるアイテムで、こちらもトレード可能となっています。どれくらいの価値がつくのかは未知数です。

カードの購入方法

Gods Unchainedのベータ版を楽しむための基礎知識まとめ

GUのカード購入は、METAMASKなどのウォレットを使ってサイトにアクセスする必要があります。アカウントとウォレットを紐付けておいて、カード購入ページから買ってください。支払いはETHです。

現在販売されているパックの種類は次の通り。

・レア(0.012ETH):レア以上1枚確定
・エピック(0.075ETH):エピック以上1枚確定
・レジェンダリー(0.112ETH):レジェ1枚以上、レア1枚以上確定
・シャイニーレジェンダリー(1ETH):シャイニーレジェ1枚以上、レア1枚以上確定

オススメとしては、ゲームで使うためのカードを安く揃えられるレアパックです。GUはレジェだからといって圧倒的なパワーをもっているというわけではなく、デッキの相性やプレイングの影響が大きいゲームです。プレイング重視のプレイヤーなら、無理にレジェを買う必要はありません。正式リリース後には、マーケットで選んで買うこともできますからね。

まとめ

海外で人気が出てきているブロックチェーントレーディングカードゲーム「Gods Unchained」のβテストについてまとめました。

注意点をおさらいしておくと以下の通り。

・Genesis Packはトレード可能なブロックチェーンアセット、Core Packはプレイで入手できるトレード不可なカード。
・Core Packはβテスト終了時に回収されるので無理に集める必要はない。
・Genesis Packはバランス調整のため、正式リリースまでトレードできない。
・Genesis Packのカードをトレードするためには、アクティベーションが必要。

なかなかクオリティーの高いTCGです。ぜひ一度プレイしてみてくださいね!

Gods Unchained TCG(ゴッド アンチェインド ティーシージー)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU
0
美麗カードのコレクトバトルゲーム。本格的ブロックチェーンTCG。
ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

関連記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

2019年リリース予定の注目ブロックチェーンゲームまとめ

2019年の注目ブロックチェーンゲームを4つピックアップしました。

2019-06-18

ブロックチェーンゲームとは?従来のゲームとの違いを解説

2017年末にCryptoKittiesが出てきて、ブロックチェーン技術を用いたゲームが一気に話題になりました。 この記事では、ブロックチェーンゲームとは何か、また、従来のゲームについての違いを簡単に説明します。

2019-06-13

【Gods UnchainedはTCG(トレーディングカードゲーム)!始め方からカードの種類まで簡単解説!】

【Gods Unchained要約】 ・1対1対戦型のTCG(トレーディングカードゲーム) ・世界初となるブロックチェーンゲームのeSports ・賞金総額は最大160万ドル(約1億7千万円) ・プレセール中は380種類のカードが販売 ・レア度に合わせたカードパックがある ・最もレアなカードは出現率0.5%、146ETHで落札された

2019-04-15

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

ゴッズアンチェインドのベータでは、それぞれのゴッドのスターターデッキで遊ぶことができます。この記事では、オススメのゴッドを3つに絞って紹介していきます。

2019-10-23