English
SignIn
ニュース・記事

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

ツイート

最近話題になってきているゴッズアンチェインド。ハースストーンからもプレーヤーが流入してきており、盛り上がってきています。現在ゴッズアンチェインドはβテスト中で、カードパックを購入しなくてもそれぞれのゴッドのスターターデッキで遊ぶことができます。

そうはいっても、英語オンリーのカードゲームですから、いきなりプレイするハードルは高くなっています。そこでこの記事では、初心者にオススメのデッキを3つ紹介します。メインとなるカードの解説もあわせてしていくので、これを読んでいただければ英語がわからなくてもざっくりとプレイできるようになるはずです。

Lightのスターターデッキ解説

Lightスターターデッキの特徴

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Lightのスターターデッキには、パワー低めヘルス高めのスタッツが特徴のクリーチャーが多く入っています。また、ゴッドパワーの中にも毎ターン2/2のクリーチャーを召喚できるものがあるため、使い勝手のいいアグロ系デッキとしてプレイすることができます。

クリーチャーの除去とまでは行かないんですが、高いパワーを持っているクリーチャーを無力化するスペルやヘルスを回復・バフするカードを駆使して盤面を制圧していくイメージです。

クリーチャーをバンバン出しながら、敵の強いカードに弱体化スペルをぶつけていくというかなりシンプルな動きでプレイできるので、初心者でもオススメできるデッキになっています。

Lightのオススメゴッドパワー

ゴッドパワーとは、ゲーム開始時に選択し、毎ターンあなたのゴッドが使えるスキルのようなものです。実際にはマナを支払って発動するので、手札にあり続けるスペルともいえます。

Lightのゴッドパワーは、以下の4種類。

①Heal:クリーチャーのヘルスを2回復する。フルヘルスだったらヘルスを+1する。
②Chosen Visions:デッキトップの2枚のカードをみる。一枚を選び+2/+2してデッキに戻す。
③Heaven's Light:敵クリーチャーのパワーを2下げる。ただし2以下にはならない。
④Summon Acolyte:2/2のAcolyteを召喚する。

この中でオススメなのは、④です。3マナで毎ターン2/2のクリーチャーを生み出し続けることができるので、相手からするとかなり嫌なゴッドパワーとなっています。しかもLightにはヘルスを強化するカードが多数ありますから、しっかりと除去していかないとどんどん厄介になります。

基本的にマナが余っているタイミングや、手札のカードを取っておきたいときにはどんどん使っていくことになるゴッドパワーです。

Lightのカード紹介

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Bright Mage:召喚時、味方クリーチャーのヘルスを2回復する。

Lightはヘルスの高いクリーチャーが多いので、なにかと活躍する機会の多いクリーチャー。自身も2/4とヘルス高めのスタッツなので使い勝手がいいです。

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Holy Enchanter:召喚時、味方クリチャーすべてに+0/+2を与える。

味方のヘルスをまとめて強化してくれるクリーチャー。場に2体ほどでもクリーチャーが出ていれば、盤面有利にしやすいカード。パワーが上がるわけではないので、盤面を支配できるまではいかないことが多いです。ゴッドパワーとも相性がいいクリーチャーです。

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Harp Cupid:召喚時、クリーチャーのパワーとヘルスを2にする。

クリーチャーを弱体化させるためのカード。中版から終盤にかけてパワーの低いクリーチャーで相手クリチャーを倒しきれなくなってきたときに活躍してくれます。強いクリーチャーであっても、2/2に変えてくれるので、ゴッドパワーで生んだAcolyteでも倒すことができちゃいます。

LightではゴッドパワーでAcolyteを生み出し、こういったヘルス特化のカードで強化しながら殴り倒していきます。使いやすい・わかりやすいデッキですよ!

Nature(ネイチャー)のスターターデッキ解説

Natureデッキの特徴

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Natureのデッキもクリーチャーをガンガン召喚しながら相手を殴っていくアグロ系のデッキです。Lightアグロと比べるとクリーチャーのパワー・展開力が高い反面、スペルが少ないので応用がきかないデッキになっています。

クリーチャーやゴッドパワーの能力としても、召喚系やバフ系が多いです。他のカードゲーム経験者で、盤面のとりかたのコツがわかっているのであれば、スターターデッキでも十分戦えるんじゃないかと思います。

Confuse(混乱)やRegen(回復)がクリーチャーの能力としては特徴的です。混乱持ちのクリーチャーは、攻撃が指定した相手にいかなくなる可能性がある反面高スタッツになっています。Regenもちは、ターン終了時にヘルスを回復するため、うまくバフをかけてあげれば、中盤あたりにはかなり厄介なクリーチャーに育てることができます。

召喚!強化!殴る!これがNatureの基本コンセプトですね。

Natureのオススメゴッドパワー

Natureで選べるゴッドパワーは以下の4種類。とあるレジェンダリーのカードを使った場合に、ゲーム開始時に選択していたゴッドパワーを置き換える能力がありますが、そちらは割愛。

・Flourish:2体の異なる味方クリーチャーの攻撃力をそれぞれ+1
・Leech Life:ランダムの敵クリーチャーに2ダメージ与え、自分のゴッドを1回復
・Animal Bond:ランダムに1/2か2/1のクリーチャーを召喚
・Forge:自分のVoidから3枚のカードを除去し、Voidが空になれば手札にNatureのカードを加える。

使い勝手がいいのは、Leech LifeかAnimal Bondです。相手にProtected(攻撃を1回無効化)やDeadly(ダメージを与えられると死ぬ)を持っているクリーチャーの多いデッキでは、Leech Lifeでダメージを飛ばしていくのが非常に役に立ちます。Natureは除去系のスペルが乏しいですからね。素直に使いやすいのはAnimal Bondです。スタッツはそれほど高くありませんが、毎ターン手札を消費せずにクリーチャーを召喚し続けられるのはかなり強い。あとはバフして育てましょう。

Natureのカード紹介

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Marsh Walker:Regen 1(ターンエンド時に1回復)

1マナ1/4のRegenもちということで、1ターン目に出したいカードNo.1です。ヘルスが4あって回復もできてしまうので、他のカードを使ってバフをしていくと、相手からすると処理しにくいクリーチャーになります。ゲームエンドまで生き残ることも何度も見てきました。

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Overgrown Rhino:Confused

4マナ5/5とそれなりのスタッツですが、Confusedをもっていますので狙ったところに攻撃が行かないことも。次に紹介するカードと組み合わせも視野に入れつつ、とにかく殴っていくカード。

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Firewine

味方のすべてのクリーチャーのパワーを+2し、overkillをターンエンドまで付与します。overkillは相手のクリーチャーを倒した場合、相手クリーチャーのヘルスーoverkill持ちのパワーが別のターゲットにダメージとして飛びます。マジック・ザ・ギャザリングでいうトランプルに近いですね。

先程紹介したConfused持ちのカードと組み合わせて、パワーゴリ押しができます。クリーチャーをたくさん召喚しておけば、フィニッシャーにもなりうるカードです。

クリーチャーの展開力、プレイングのわかりやすさでNatureアグロはオススメです。

Magic(マジック)スターターデッキの解説

Magicの特徴

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Lightアグロ、Natureアグロと紹介してきたので、最後はコントロール系を紹介します。

Magicはクリーチャー除去のスペルが非常に多いゴッドです。相手クリーチャー全体へダメージを与えるスペルもたくさん入っており、1枚のカードで相手のボードを空にする爽快感の得られるデッキになっています。

アグロ系に対しても相性が良いので、カードゲームの基礎力がある方であれば、序盤のマッチングでは勝ち星を稼ぎやすいかもしれません。

Magicのオススメゴッドパワー

Magicのゴッドパワーは以下の4種類。Magicでもとあるレジェンダリーカードを使うと、ゴッドパワーを変更できますが割愛。

・Blastwave:最もヘルスの高い2体の敵クリーチャーに1ダメージずつ与える。
・Clear Mind:Foresee 2 (デッキトップ2枚を見て不要ならデッキの下に入れる)自分のゴッドをprotected(攻撃一回無効)にする。
・Magebolt:選択した敵クリーチャー1体に2ダメージ。
・Discovery:voidからスペルを1枚手札に加える。加えたカードにsoullessを付与し、マナコストを+1する。(soulless:次にvoidに行くときに変わりにゲームから除外する。)

Magicのゴッドパワーはどれを使っても面白いです。アグロが多いこともありよく見かけるのはBlastwaveです。Magicの中には、「Spell boost」という能力を持ったカードがあります。これは、スペルによるダメージを+1するというもの。スペルブーストとゴッドパワーを組み合わせると、アグロ系はなすすべがなくなります。毎ターン2対のクリーチャーに2ダメージ与えられるわけですからね。

個人的にはLightと当たった場合には、2/2のAcolyteを召喚するゴッドパワーを使われることを警戒してMagebolt、それ以外はBlastwaveを使うことが多いです。

Discoveryは使ったスペルをもう一度マナコストを+1して再利用できるゴッドパワーです。中盤〜終盤にかけての息切れを防いでくれたり、ダメージソースであるWyrmbreath(4マナ5ダメージ)を再利用してとどめを刺すこともできます。

Magicのカード紹介

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Wyrmbreath:5ダメージを与える。(ゴッドでもクリーチャーでも選択可)

Magicの貴重なダメージソースです。できればクリーチャー除去ではなく、相手のゴッドに使いたいところ。ボードにスペルブーストを持ったクリーチャーがいればダメージが増えるので、コスパが良くなります。

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Street Conjuror:スペルブースト+1

こちらがスペルブースト持ちのクリーチャー。ヘルスが3ありますが、ダメージ量アップの要なので、前衛持ちのクリーチャーと一緒に出すなど、過保護気味の運用がオススメ。

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

Tracking Bolt:どちらか1つを選ぶ「すべての敵クリーチャーに1ダメージ」「1体のクリーチャーに3ダメージ」

全体ダメージ、個別除去を選択できる非常に使い勝手のいいカード。Street Conjurorとセットで出しても3マナと序盤のボードコントロールに役立ちます。スターターデッキには、この他に5マナ全体2点ダメージ、7マナ全体5点ダメージのカードが入っています。

まとめ

【GODS UNCHAINED】初心者にオススメのスターターデッキ3選

ゴッズアンチェインドのベータ版は、スターターデッキでもかなり楽しむことができます。まずは今回紹介した3つのゴッドを中心にプレイしてみてはいかがでしょうか。

β版のプレイのためには、招待コードが必要です。ゲームをダウンロードしたあと、以下のコードを入力すれば始めることができます。

▼βテストへの参加はこちらから
https://godsunchained.com/?beta-key=https://godsunchained.com?beta-key=pDBZcyfPUl

▼キー
pDBZcyfPUI

Gods Unchained TCG(ゴッド アンチェインド ティーシージー)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU/24時間
0
美麗カードのコレクトバトルゲーム。本格的ブロックチェーンTCG。
ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

関連記事

【2020年版】ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【副業になる?】
ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2019/8/7公開 ※2020/6/1追記
  • DApps入門
  • 2020-06-02
  • 2019年リリース予定の注目ブロックチェーンゲームまとめ
    2019年の注目ブロックチェーンゲームを4つピックアップしました。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-06-18
  • Gods Unchainedのベータ版を楽しむための基礎知識まとめ
    ゴッズアンチェインドのβテストの基本知識をまとめました。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-10-09
  • オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

    【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • DApps入門の記事

    【2020年版】ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【副業になる?】
    ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2019/8/7公開 ※2020/6/1追記
  • DApps入門
  • 2020-06-02
  • ブロックチェーンゲーム(dApps)のDAUとは
    ブロックチェーンゲーム(dApps)のDAUは、大切な指標としてこの一年間大切な指標として重要視されていました。 そのDAUがどのようにして計測されているのかを解説します。
  • DApps入門
  • 2019-07-08
  • 【初心者向け】MyCryptoHeroesをGoogleAccountで始める方法
    MyCryptoHeroesはEthereumチェーン上で動いているブロックチェーンゲームですが、Googleのアカウントのみでも登録し、遊ぶことができます。 メタマスクやウォレットアプリを入れて…と言った煩雑な作業をひとまずは後に回して、まずMyCryptoHeroesがどんなゲームかを触ってみたい人向けの記事です。
  • DApps入門
  • 2019-01-29
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)にログインできない!アカウントが作れない時の対処法。【新バージョンへのリンクを追加】
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、使いやすいオンラインウォレットとして、初めてオンラインウォレットを利用する人にも多く選ばれています。ですが、セキュリティの高さゆえ、ログイン出来なくなると対処法がわかりにくいということも起こります。今回は、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)がログイン出来ない時やアカウントが作れない時の対処法について説明します。
  • DApps入門
  • 2019-09-02
  • ニュース・記事

    NFT×DeFiの流れがアツい!?4つの事例紹介
    DeFiの盛り上がりの中で、NFTに関連するプロジェクトもでてきました。ブロックチェーンゲーマーと関わりの強いNFT。DeFi×NFTの事例紹介をまとめました。
  • 仮想通貨
  • 2020-09-22
  • 【プレスリリース】Enjin、NFTの表彰イベント「NFT Awards」をDEAと共催!審査員としてMicrosoftや元ソニーCEOの出井伸之氏が参画
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 ブロックチェーンを用いたゲームエコシステム構築をするENJIN Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、12月9日に主催企業のTwitchおよびYouTubeチャンネルにおいて、受賞NFTを発表いたします。 ブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.( 本社:シンガポール、Co-CEO:吉田直人および椎名茂、以下「DEA」)と共同で、2020年に発行された価値あるNFTを表彰するイベント「NFT Awards2020」を、2020年12月9日にオンライン開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-09-18
  • 【プレスリリース】ブロックチェーンの最先端技術と未来を知る1日限りのイベント「BlockChainJam2020」が、今年は 10月24日 に完全オンライン・完全無料で開催。
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は世の中にどんな変化を起こすのか? 最先端の技術を知り、一足先の未来を知ることができる1日限りのイベントです。
  • プレスリリース
  • 2020-09-17
  • コインチェック、『マインクラフト』に続き”全世界4,000万DL”を達成した『The Sandbox』内で利用可能なNFTを取扱うべく連携を開始
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡、以下当社)は、NFTマーケットプレイス事業において、2020年下半期に日本で正式ローンチを予定しているブロックチェーンゲーム『The Sandbox』と、同ゲーム内で利用可能なNFTを当社のNFTマーケットプレイスにて取扱うべく連携を開始しました。当社では、すでに2020年9月に大人気ゲーム『マインクラフト』内で利用可能なNFTの取扱いに向け「Enjin」と連携を開始することを発表しております。
  • プレスリリース
  • 2020-09-16