ブロックチェーンゲームインフォ-BlockchainGame Info- ブロックチェーンゲーム、dAppsゲームの最新ランキング・情報配信サイト

【CryptoSpells】TCG × ブロックチェーンの可能性を考える会第一回 ブロックチェーンの可能性

update at :

今回、CryptoSpells (クリプトスペルズ)リリース前対談として、カードゲーム界の方々を交えて、TCG(トレーディングカードゲーム)、DCG(デジタルカードゲーム)から見たブロックチェーンゲームについて対談を行いました。
本日から5回にわたって、以下の予定でお届けします。

第一回 ブロックチェーンの可能性
第二回 コミュニティの在り方
第三回 海外との違い
第四回 PvPについて
第五回 炎上を振り返る

▼対談参加者(写真左から)
宍戸英治氏(WILL STUDIO 株式会社 代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親)
小澤孝太氏(CryptoGames株式会社 代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー)
若山 史郎氏(株式会社チアード 代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表)
Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)

ツイート

ブロックチェーンによって変わること

【CryptoSpells】TCG × ブロックチェーンの可能性を考える会第一回 ブロックチェーンの可能性

小澤氏 : まず、よく言われることですが、ブロックチェーンによって発行枚数と、誰が所持しているのかが明確になります。
今までデジタルの世界では、音楽でも、攻略情報でも、簡単にコピーすることができるようなりました。ブロックチェーンが出てきたことによって、デジタルデータにもオリジナルという概念が出てきたと思っています。アナログTCGでもありましたよね、世界で1枚のオリジナルカードに価値がついて、売られているのはレプリカみたいな。

宍戸氏 : 今GodsUnchainedですごいカードが出ていますよね。1コス10/10でしたっけ?

小澤氏 : 1コス10/10で相手のデッキを変えてしまうカードなんですが、それが当時価格で700万で売れていますね。もしかしたら大会には使用できないかもしれませんが。

発行枚数が制限されたゲームは面白くなるのか?

若山氏 : TCGとDCGでかなり違うと思っています。
DCGはそもそもトレーディング要素がないのでトレーディングカードじゃないんですが、
今のDCGは、強いデッキをネットで調べて、そのカードを集めてラダー(ランク戦)を回すゲームであって、自分でデッキを作るゲームではもうすでになくなっています。

小澤氏 : まずは攻略サイトやツイッターで勝率の高いデッキ調べて、カードを揃えるところから入りますよね。

若山氏 : でも僕は、一番カードゲームが楽しいのは、情報とかは特に入れずに、僕の考えた最強デッキを使って、友達と遊んでいる時間が一番だと思っています。
なので、新しくDCGがリリースされましたって時は、縛りプレイをするんです。攻略サイトを見ないし、それこそツイッターもよくデッキをあげる人はリムるみたいな。
その瞬間が一番楽しいと思っていて、その期間が長く続けばいいなぁと思っています。

ゲームの楽しみ方が「ラダーを回して、ランクを上げてね」という部分がパブリッシャー側が提示するゲームの楽しみ方のメインストリームになってしまっているという側面はあると思っていて、「そこに行かないゲームを作る」というのは、ブロックチェーンゲームの可能性としてはすごく大きいと思っていますね。

小澤氏 : 僕も弟が二人いるんですけど、小さい頃遊んでいたときに、弟のカードとかお互いに全部知っているんですよ。お互いの手持ちを知っている状態の中で、どうしたら勝てるか考えてデッキを作るみたいなのは、すごく楽しかった思い出がありますね。 「あれ、お前このカード持ってたっけ!?」みたいな。

地方のTCG事情とブロックチェーンゲーム

若山氏 : カードの枚数が制限されてる状態って、地方で言うと制限されてるんですよ、実際。

函館が地元なんですが、当時20年前は、Magic the Gatheringをやっていると、普通に函館の市場に枚数の制限があるカードが絶対に出てくるので、欲しくても買いようがないんです。
通販はないですし。あのカードが欲しいからダストにして、何か買うという概念すらそもそもないので、もう探しに行くしかないんですよね。

「あっちのショップに持っている奴いたらしいぜ」みたいな、ほぼRPGなんですよ。

探し出して「あのカード持っているって聞いたんですけど、トレードしてもらえませんか」と聞くと、「いや初めて会うやつとはトレードしない」と返ってきて。これ何のRPGだよみたいな世界観。

でも実際、「取引するためにはどうしたらいいですか?」「まずはどんな方か知りたいです。」っていう、ビジネス上のお取引とそんなに変わらないんですよね。

なので「大会で何度か会いましたよね」と顔見知りになったら、トレードしてくれたりとかもする。そういう世界観は、カード枚数に制限があると、楽しい。

小澤 : メルカリでコメントして価格の交渉するのが楽しいみたいな。売買もエンターテイメントとして成立しますよね。

若山氏 : アナログでも結局大会で勝ちたいなと思ったりすると、「強いデッキの情報を集めて、強いデッキを使って勝つ」っていう、さっきお話したDCGの世界と全然変わらない感じになっちゃうんですけど。別にそれをやんないとゲームは楽しくないかというと、全然そんなことはない。

TCGとかDCGという定義に無理に合わせて行く必要はそもそもなくて、再定義してやれるって見ると、ブロックチェーンゲームはめちゃくちゃ未来があると思います。

小澤氏 : さっきおっしゃっていた、色々なショップ探し回るとか、その人に直接交渉しに行くみたいな、それできる世界観にブロックチェーンゲームはなってくるかなと思っています。

ゲームによっては外部のマーケットでアセットの取引ができたりとか、もしくは直接的にそのユーザーにTwitterでメッセージを送って、貸してくれませんかみたいな取引ができるようになっていて、完全に金額だけじゃなくて、「その人だから売る」「その人だから貸し出す、スポンサーする」みたいな概念が生まれたのは面白いですよね。

若山氏 : アナログゲームでもそうした事は普通にありますね。大会結果によって、カードを貸してくれたお礼がよくなる。例えば、お礼にご飯奢るね。とかよくあるんですけど、お店のグレードが変わるとか。
その辺が、ブロックチェーン技術によって、お礼というか、貸し借りという行為に価値が発生するのは面白いなと思います。

小澤氏 : 理想としてはスマートコントラクトで、借りる際はイーサリアムをデポジットするとか、賞金の折半の割合が50%50%ですよとかを決めらているとか、信頼性がある貸し借りも実現することが可能です。

宍戸氏 : 仮パクできないわけね。

不均衡なゲームの楽しさは

【CryptoSpells】TCG × ブロックチェーンの可能性を考える会第一回 ブロックチェーンの可能性

小澤氏 : 一方で、ブロックチェーンゲーム は一般的に所有しているアセットで勝負をするので、どこかで不平等なゲームではないか。という議論はどこかで出てくると思っています。

MMOやブラウザゲームも平等ではなかったですが、特にカードゲームを題材としていると、eスポーツの文脈で「みんなフェアな戦いでなければいけない」という概念が暗黙の了解にありますね。

若山氏 : 僕は極論、不均衡な大会でも面白いと思っています。

ヨーロッパのサッカーやモータースポーツも似ているかもしれませんね。技術の粋を集めてトヨタとベンツが殴り合っているんですよ。それがつまらないかというと、そんなことありません。結局、そのゲームが何を提供したいかなので。

ブロックチェーンゲームという文脈の中で言うと、オープンな大会にはならないということを前提にすると、結構大きく変わると思いますね。

ユーザー目線での平等さ

【CryptoSpells】TCG × ブロックチェーンの可能性を考える会第一回 ブロックチェーンの可能性

小澤氏 : プレイヤー目線ではいかがですか。

koroneko氏 : 僕はいろいろなゲームやってきましたが、自分がしてきたゲームや売れているゲームはどのゲームもやっぱり平等のところがあると思います。
例えば、とあるeスポーツゲームであれば、お互い1レベルから何もアイテムを持ってなくて、所持金も500円からスタートですし、カードゲームであれば、お互い全カードの中から自分の好きなカードを選べて、そこからデッキを作って、それを比べてバトルするというやっぱり平等のところがあります。
アナログTCGも店舗とか行けば欲しいカードを買えるので、フェアの条件として成り立っているのかもしれません。とあるTCGでは強いカードや、発行枚数が決められているカードは、左下に「公式大会では使用できません」とちゃんと書かれているんですよね。

今のeスポーツの文化について行くのであれば、大会のモードでは全てのデッキからカードを選べるというシステムを採用しないと、いまのeスポーツ文化としては扱われないんじゃないかと思っています。

あくまで「今のeスポーツの文化について行く」という話ですが。

宍戸氏 : 異種格闘技戦が面白いかって話ですよね。面白いとも思うし、逆にいうと柔道やボクシングみたいに階級とかレギュレーションをきちっとやって、しのぎ削るみたいなのもありだと思うし、どういう定義にするかなんでしょうね。

koroneko氏 : どれを選ぶのもありだと思いますが、どこがターゲットになっているのか次第だと思います。

小澤氏 : 例えば今回はみんなが持ってるブロンズのカードだけでデッキを組んで、大会をしましょうとかだったら、成立するという訳ですね。

宍戸氏 : そうですね。体重一緒だし、エンジンも一緒だしね。

第二回に続く

第二回では、コミュニティ運営の在り方について、Force of Willを世界に広めた宍戸氏が体験を語ります。

クリプトスペルズ(Crypto Spells)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
38
DAU
12
クリプトスペルズはCryptoGames株式会社が開発・運営を行うブロックチェーンカードゲームです。
ブロックチェーンゲームでありながら、リアルタイムでゲームをプレイする事が出来ます。
ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ 浜田

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

関連記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか

人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。

2019-09-09

【900ETH超えたか?】CryptoSpells(クリプトスペルズ)のクラウドセールの売り上げ速報【クリスペ|売上分析】

クリプトスペルズのクラウドセールが昨日6月25日20時より始まりました。 リミテッドレジェンダリーは開始直後に5枚販売され、10万SPLから20万SPLへと高騰しました。 盛り上がりを見せるクリプトスペルズのクラウドセール、その売り上げについて分析をしてみました。 (記事執筆時、6月26日の昼) (最終追記 7月10日)

2019-07-10

【クリスペ】カードセール#002情報【最新値実況】 8月20日更新

プリンセスブロッサム(LEGEND)、キラー・スウィート(GOLD)のカードセールが開催されました。 販売総数、現在価格などを実況します。 クリプトスペルズのカードセール情報を実況していく記事です。

2019-08-20

クリプトスペルズのカード販売解説|在庫連動型ダッチオークションとは?

クリプトスペルズのカード販売は6月25日から!上手に買うための必須知識をまとめました。

2019-06-17

keywords