BlockchainGame Info (ブロックチェーンゲームインフォ)- dApps、ブロックチェーンゲームの最新情報を毎日配信中、最新ランキングも配信

カードが資産になる!ブロックチェーンTCG【Crypto Spells】の基本情報を解説

Crypto Spellsは、仮想通貨を用いてカードの売買が可能なブロックチェーンTCGです。
従来のカードゲームと違い、入手した全てのカードが自分の資産になるので、カードゲーマーだけでなく様々な人がこのゲームに期待をしています。
この記事では、Crypto Spellsで使用するカードの基本情報について解説しています。

使用するカードの種類は4種類

Crypto Spellsでは、所持している様々なカードから自分だけのデッキを組んでバトルします。
カード全部で4種類あり、詳細は以下の通りです。
・ユニットカード
・スペルカード
・土地カード
・マジックボトルカード
それぞれのカードに独自の特徴があり、使用用途も異なるため、カードバランスを考えたデッキ構築がCrypto Spellsでは重要だと予測できます。

Crypto Spellsのカード4種を徹底解説

ここからは、上記で紹介した4種類のカードについて、それぞれの特徴や使い方などを解説します。
Crypto Spellsリリース後、スムーズにデッキ構築できるように予習しておきましょう。

ユニットカードについて

カードが資産になる!ブロックチェーンTCG【Crypto Spells】の基本情報を解説

出展 : medium.com

Crypto Spellsユニットカードの画像

ユニットカードは、場に召喚することで相手のユニットやリーダーを攻撃することができます。
また、ユニットには体力と攻撃力があり、カードの左下の数値が体力、右下の数値が攻撃力になっています。

スペルカードについて

カードが資産になる!ブロックチェーンTCG【Crypto Spells】の基本情報を解説

出展 : medium.com

Crypto Spellsスペルカードの画像

スペルカードは、使用することでカード中央に書いてある効果を発動することができます。
スペルカードはユニットカードと違い、使用したら場に残らないため注意が必要です。

土地カードについて

カードが資産になる!ブロックチェーンTCG【Crypto Spells】の基本情報を解説

出展 : medium.com

Crypto Spells土地カードの画像

土地カードはスペルカードと同様、使用することで効果を発動することができるカードです。
ただし、土地カードは使用しても場に残り、効果の発動が続きます。

マジックボトルカードについて

カードが資産になる!ブロックチェーンTCG【Crypto Spells】の基本情報を解説

出展 : medium.com

Crypto Spellsマジックボトルカードの画像

マジックボトルカードは、一見スペルカードと同じようですが、マジックボトルカードはリーダースキルやユニットの能力で入手することが可能です。

カードに表示されているアビリティについて

Crypto Spellsでは、各カードにアビリティが付与されている場合があります。
アビリティには様々な効果があり、召喚したターンに攻撃することができる『速攻』や、リーダーやユニットの体力を回復する『回復』などがあります。

【まとめ】カードの特徴を理解して、自分だけのデッキを作り上げよう

カードゲームを遊ぶにあたり、それぞれのカードの特徴を理解してデッキを組むことが勝利の秘訣になります。
皆さんも、この記事で解説した内容を参考に、Crypto Spellsのプレセール実施に備えましょう。

Crypto Spells (クリプトスペルズ)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU
0
クリプトスペルズはCryptoGames株式会社が開発・運営を行うブロックチェーンカードゲームです。
ブロックチェーンゲームでありながら、リアルタイムでゲームをプレイする事が出来ます。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

関連記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

【インタビュー】炎上を超えて。 CryptoGames株式会社 小澤孝太氏

昨年10月にプレセールが炎上をし、その後改めて再出発を発表したCryptoSpells(クリプトスペルズ)。 今回、CryptoSpells(クリプトスペルズ)を制作するCryptoGames株式会社代表の小澤孝太氏にインタビューを行いました。

2019-01-12

【CryptoSpells】TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第二回 コミュニティの運営の在り方

CryptoSpells(クリプトスペルズ)リリース前対談として、カードゲーム界の方々を交えて、TCG(トレーディングカードゲーム)、DCG(デジタルカードゲーム)から見たブロックチェーンゲームについて対談を行いました。 今回は第二回、コミュニティの在り方について、WILL Studioの宍戸氏が語ります。 今後のCryptoSpellsのコミュニティ運営の方針のヒントがちりばめられた第二回です。 第一回 ブロックチェーンの可能性 第二回 コミュニティの在り方 第三回 海外との違い 第四回 PvPについて 第五回 炎上を振り返る ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(WILL STUDIO 株式会社 代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社 代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード 代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)

2019-04-17

TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第四回 PvPについて

第一回 ブロックチェーンの可能性 第二回 コミュニティの在り方 第三回 海外との違い 第四回 PvPについて 第五回 炎上を振り返る ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(WILL STUDIO 株式会社 代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社 代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード 代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)

2019-05-20

TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る

第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)

2019-05-24

【ブロックチェーンTCG】クリプトスペルズのクラウドセールを前に、マイクリのプレセールでを振り返る

クリプトスペルズのクラウドセールが6月25日に開始されます。 クリプトスペルズのセール方法は、マイクリプトヒーローズと同じく在庫連動型ダッチオークションです。 マイクリプトヒーローズは、一番最初のプレセールでは、最高レアリティのLimited Legendaryとして、ナポレオンと織田信長が10体限定で10ETHから販売されました。 クリプトスペルズでも、Limited Legendaryが9体限定10ETHと、似た発行数、価格で販売が開始されます。 クラウドセールでどのような価格となるのかの参考になればと、マイクリプトヒーローズの最初のプレセールを振り返ります。

2019-06-19

CryptoSpells(クリスペ)ベータのプレイングレビュー

国産ブロックチェーントレーディングカードゲームのクリプトスペルズが、正式リリースにデータを引き継げるベータ版をスタートしました! 早速プレイしてみたので、ゲームのレビューやマッチングのしやすさなどについて紹介していきます。

2019-06-04

クリプトスペルズのカード販売解説|在庫連動型ダッチオークションとは?

クリプトスペルズのカード販売は6月25日から!上手に買うための必須知識をまとめました。

2019-06-17

【CryptoSpells】TCG × ブロックチェーンの可能性を考える会第一回 ブロックチェーンの可能性

今回、CryptoSpells (クリプトスペルズ)リリース前対談として、カードゲーム界の方々を交えて、TCG(トレーディングカードゲーム)、DCG(デジタルカードゲーム)から見たブロックチェーンゲームについて対談を行いました。 本日から5回にわたって、以下の予定でお届けします。 第一回 ブロックチェーンの可能性 第二回 コミュニティの在り方 第三回 海外との違い 第四回 PvPについて 第五回 炎上を振り返る ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(WILL STUDIO 株式会社 代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社 代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード 代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)

2019-04-12

シェア

ツイート

著者について

freebloger

ゲーム攻略、紹介の記事

新着記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

keywords