English
Connect
ニュース・記事

仮想通貨に関する用語解説【トレード編】

更新日

仮想通貨、または株、為替などをトレードすると聞きなれない用語がいっぱい出てきます。

これから仮想通貨をはじめる方にとっても難しくて理解するのが一苦労だと思います。

この記事ではトレードに関わる用語について解説します。

トレードとは

仮想通貨に関する用語解説【トレード編】

トレードとは売買の取引をすることを言います。

仮想通貨なら日本円でビットコインを買い、ビットコインの価格が高くなった時に売る。この取引がトレードです。

仮想通貨も為替や株同様トレードによって差益が発生し利益を上げることができます。


1BTCの価格が50万円のとき1BTC購入する

買った1BTCが60万円になったので売る

10万円の利益が発生

持っている仮想通貨の価格が上がりその時点で売れば利益がでますが、逆に持っている仮想通貨の価格が下がれば損をしてしまいます。

トレード手法は主に短期売買のスキャルピング、1日でトレードを完結するデイトレード、数日~数週間の行うスイングトレード、長期保有で投資するポジショントレードの4種類に分かれます。

価格変動の仕組み

仮想通貨は他の金融商品(株、為替など)よりも値動きが激しいので、トレーダー(トレードをする人)の間でも人気がとても高いです。

仮想通貨に限らずものの価値は需要と供給のバランスで決まります。

需要➤○○を欲しいと思っている人
供給➤○○を提供する量

○○が欲しいと思っている人数(需要量)に対して、○○の量(供給量)が少ないと、○○を奪い合うので価値(価格)が高くなります。

ビットコインの価格は現在(2018年12月3日)45万円台
リップル(XRP)の価格は現在(2018年12月3日)40円台

ここまで価格に差があるのは発行枚数(供給量)が大きく違うからです。

仮想通貨のボラティリティ(値動きの大きさ)が高いのは、市場規模がまだ発展途上であることも挙げられます。

因みに仮想通貨市場は約15兆円ほどですが、株式市場は全世界で5450兆円規模と言われていす。

双方の市場を比較した時、同じ1兆円でも価格に与える影響は大きく違います。

現物取引、FX、先物取引、信用取引

仮想通貨の取引方法は大きく分けて現物取引FX先物取引信用取引があります。
現物取引以外は全て証拠金が必要でFX先物取引信用取引は購入した仮想通貨を店舗で使ったり送金したりすることはできません。

現物取引

現物取引とは自身が持つ資金で現物を売買する取引のことを言います。
1BTC:50万円のときに自身のお金で50万円払って購入したら現物取引になります。
通常売買する一般的な取引です。

仮想通貨FX

FXは本来為替を対象にした取引方法で「外国為替証拠金取引】と言います。
往来(為替)の取引と同じ方法で行われるのでこのように呼ばれています。
証拠金を預けることでレバレッジや空売りを仕掛けることができ、先物取引信用取引の大きな違いとして、「決済期限がない」というのが特徴です。
先物取引信用取引には決済期限があるため、期限が来ると強制的に決済されますが、FXは決済期限がないのでそのようなことはありません。

先物取引

仮想通貨先物取引は決済期限が設けられておりFX同様レバレッジや空売りをすることができます。
定められた期限がくると強制的に決済されるのがFXとの大きな違いです。
(この定められた日を限月と言います)
期限は各取引所によって違い1週間先物、2週間先物、四半期先物などあります。

国内ではビットバンク、海外ではBitMEXが有名です。

信用取引

信用取引は取引所から融資を受けて取引を行います。
融資を受けて行うので返済期日もあります。(返済期日がない取引所もある)
先物取引は決済される期限が決まっていますが、信用取引は利用者によって期限日が異なります。

さいごに

各取引所でFXと表記されていますが、全てがFX(外国為替証拠金取引)という訳ではまりません。

取引所によっては「FX」と表記されているものの、「Foreign eXchange=外国為替証拠金取引」ではなく「Future eXchange=先物取引」を示している所もあります。

例えばbitbank Trade(BTCFX)は、サービスの名称に「FX」と表記されています。しかし取引ルールを見ると取引期限が存在しているので、先物取引に分類することができます。

このようにFXと表記されていた場合、決済期限があれば先物取引で決済期限がなければFXと認識すれば良いと思います。

FX先物取引信用取引は証拠金を預けることでレバレッジをかけることができます。

しかし手数料、ロスカット、追証などリスクも大きいので、もし行う際はしっかり知識を身に着けてから利用した方が良いでしょう。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • 日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • 話題のM2E「RunBlox」の初め方と遊び方を解説
    RunBloxのインストールから遊び方をわかりやすく解説しました。 2022/08/08 正式リリースについて追記 2022/06/28 マーケットプレイスについて追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-30
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • この著者による記事

    イーサリアムのキャスパー(Casper)とは
    イーサリアムを調べていくと、キャスパー(Casper)というワードを良く目にします。 イーサリアムのキャスパーは、PoWからPoSへと移行するにあたり重要なステップとされています。 この項ではキャスパーについて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-10-29
  • ブロックチェーンは大きく分けて3種類ある パブリック、プライベート、コンソーシアムそれぞれの違いと特徴
    パブリックブロックチェーン、プライベートブロックチェーン、コンソーシアムブロックチェーンについて簡単に纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-08-06
  • コンセンシス(ConsenSys)社の取り組み
    先日(2018年11月6日)、新生銀行とコンセンシス(ConsenSys)がブロックチェーン技術活用を検討するための基本合意に関する覚書を締結しました。 各メディアで取り上げられましたが、コンセンシス(ConsenSys)がどのような企業なのか、分からない方もいらっしゃると思います。 この記事では、コンセンシスがどのような取り組みを行い、どういう活動を行っているかを纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-11-12
  • 分散型プラットフォームIOSTの特徴について
    トランザクションを高速で処理しシームレスなブロックチェーンアプリ(Dapps)を構築することができるIOSTの特徴につてい解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-07-16
  • Blockchain/NFTの記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってブロックチェーンゲームを分析しよう!
    ブロックチェーンゲームの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。 ※2021-03-21 画像を追加
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の旧バージョンを使う方法。(重要な追記あり)
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のUIが新しくなり、MEWとしてリニューアルしてからしばらく立ちましたが、新バージョンにでログイン出来ない方もいるかと思います。 この記事では旧バージョンに戻す方法を説明します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-30
  • Powered by