English
Connect
ニュース・記事

仮想通貨ファクトム(Factom)とは

更新日

ファクトムがマイクロソフトと技術提携を行うことが明らかになりました。
また、NASDAQ 上場企業の子会社であるEquatorとも提携が発表され価格が急騰しています。

公式から14日に発表がありましたが、執筆時点(11月24日21:48)1,000円台を推移しており、ビットコインを含め他の通貨が下落している中、以前高値を維持しています。

Equatorの親会社であるアルティソースは資産管理、保険サービス、金融業サービス等など不動産関連サービスを提供する会社だそうです。

この記事では今回の提携も含めさまざまなプロジェクトを実施しているファクトムについて解説します。

ファクトム(Factom)の概要

名称
Factom(ファクトム
通貨単位
FCT
公開日
2015年9月1日
開発者
Peter Kirby
ウェブサイト     https://www.factomprotocol.org/      
公式ページ(日本語) 
http://www.factom.jp/
ホワイトペーパー
https://uploads-ssl.webflow.com/5bca6108bae718b9ad49a5f9/5bd02670d8a1981ea62cb11f_Factom_Whitepaper_v1.2.pdf
ソースコード     https://github.com/FactomProject
アルゴリズム
Proof of Existense
Twitter
https://twitter.com/factom
DISCORD       https://discordapp.com/invite/YYM9w2V
国内取引所      コインチェック
海外取引所      Poloniex・Changelly
時価総額ランクング  55位(2018年11月24日時点)
時価総額       8,897,736,004円
発行上限       発行上限なし

ファクトム(Factom)とは

仮想通貨ファクトム(Factom)とは

ファクトム(Factom)はアメリカ・テキサス州・ホースティンに本社を置くFactom Inc.が手掛けるプロジェクトでプラットフォームの名称になります。

カリフォルニア、サニーベール、上海、北京、ロンドンに支社を展開しており、日本でも「ファクトム・ジャパン」というチームも存在しています。

ファクトム・ジャパンはファクトムの販売を行うわけではなく、ファクトムの開発チームから発信される情報などを和訳して投資家に届けるなど、マーケティングよりの活動を行っています。

ファクトムジャパンhttp://www.factom.jp/

ファクトムは文書におけるさまざまな記録を匿名性を保ちつつ管理、監視、追跡ができる分散型プラットフォームを目指しており、ブロックチェーン技術を使って通貨以外に利用することから「ビットコイン2.0」のうちの一つに分類されます。

ブロックチェーンは改ざんすることが実質不可能で、ビットコインはその特徴をいかし取引履歴をブロックチェーンに記録しています。

一方ファクトムは、登記簿や貸付記録、証券や保険などで文書の認証や署名、電子記録をブロックチェーンに記録し管理することを目的としています。

FactomのFactは「真実」が語源で、中央サーバー(第三者機関)に管理させることなく記録(真実)を正確に保存することができます。

往来の管理方法

現在、手続きをとる際、必ず記録を残します。
住宅を購入する時や、車の購入、携帯など契約を結ぶとき書類に記載しその記録(データ)は、第三者機関の中央サーバーで管理されます。

この大量のデータを管理するには膨大な管理費用と手間が掛かり、最悪の場合そのデータが漏洩することもあります。

ファクトムはこのような問題を解決できると期待されています。

ファクトイド(Factoid)

ファクトムのプラットフォームを利用する際、ファクトイド(Factoid)というトークンが使われます。
私たちが取引所で取引しているファクトムはファクトイド(Factoid:FCT)になります。

ファクトイドはファクトムを利用するために必要な仮想通貨で、エントリークレジット(Entry Credit)に変換する必要があります。

エントリークレジットからファクトイドに変換することはできず、他の仮想通貨との交換も不可能です。

ファクトイドからエントリークレジットに交換することでハッキングなどの被害を減らし、価格相場の安定性をもたらしています。

エントリークレジットはファクトムを利用するためだけに存在します。

ファクトムの特徴

仮想通貨ファクトム(Factom)とは

ファクトムはブロックチェーン技術を活用し、今まで第三者機関が管理するデータを低コストで安全に保管することができます。

ファクトムは顧客のデータを一部の中央サーバーで管理するのではなく、世界中の分散されたコンピューターで管理するので、コストも抑えることができ安全で透明性の高い状態でデータを保存することができます。

・ブロックチェーンを利用したファクトムは以下のような特徴を持ちます。

・貸付記録、証券、保険、医療などあらゆる文書や記録(データ)を改ざんされることなく、分散して管理、追跡、監査ができます。

・データは分散して管理しているため、往来のシステム(中央集権型)より紛失や盗難するリスクが低く、データのハッシュのみがブロックチェーン上に記録されるので、個人情報漏洩などのリスクもありません。

ファクトムハーモニー(Factom Harmony)

仮想通貨ファクトム(Factom)とは

ファクトムハーモニー(Factom Harmony)は2017年4月に発足されたローン市場に重点をおいたプロジェクトです。

アメリカで約1兆5千億ドル(日本円で約160兆円)にもなる住宅ローン市場をパッケージ化させようとしており、このプロジェクトにはビル&メリンダ・ゲイツ財団も関わっています。

アメリカの住宅ローン市場では、毎年書類を処理するために約500億ドル(約5兆円)の費用がかかるそうです。

また、動産業者や金融業者などの第三者機関を仲介すれば手数料や情報管理のセキュリティコストが必要となってきます。

このような負担・コストを減らすために開発されたのが、ファクトムハーモニーというプロェクトです。

ファクトムハーモニーによって処理された最終データは、誰でもアクセスすることが可能で、永久に変更を加えることができないので、改ざんなどトラブル対応に必要な時間を節約することができます。

ファクトムのデメリット

中央集権

ファクトムはFactom Inc.という会社で管理されています。

発行量に加え、通貨の流通量、承認アルゴリズムに至るまでFactom.Incが管理しているので、もしこのFactom Inc.が破綻などしたら、ファクトムの価値がゼロになる可能性もあります。

発行上限がない

ファクトムが発行するファクトイド(FCT)には発行上限がありません。

FCTは基本的には、マイニング報酬として新規発行されます。

市場に多くのFCTが出回ると需要と供給の関係でインフレの恐れがあり、安価となる恐れがあります。

ブロックチェーンに依存

他の仮想通貨にも言えますが、ファクトムはブロックチェーを利用してプラットフォームを構築しています。

ファクトムではビットコインとイーサリアムのブロックチェーンを利用しているので、もしこの二つのチェーンに何かしら問題が起きればファクトムにも影響が出るしょう。

ブロックチェーンはまだ発展途上のため、色々な問題を抱えています。

スケーラビリティ問題もその一つで、膨大なデータを処理するファクトムで、どこまでこの2つのチェーンが機能するか、今後ファクトムが活用される大きな課題とも言えるでしょう。

ファクトムの将来性

ファクトムで一番気になるプロジェクトは、ファクトムハーモニーでしょう。

ファクトムハーモニーは160兆円にも上る住宅ローン市場に着目し登記簿や不動産契約、住宅ローンの膨大なデータを安全に保守管理します。

このプロジェクトにはビル&メリンダ・ゲイツ財団も注目しており、5000万ドルもの資金提供を受けるなど、もしアメリカで成功を収めることができれば世界でも利用されるかも知れません。

また先日のEquatorとの提携など、他にも多種多様なプロジェクトを展開。ベンチャーキャピタルから多額の出資も受けています。

11月29日には、スイスのチューリッヒで開催されるAzure Blockchain Meetup で、オランダのブロックチェーン企業であるSphereon社のNiels Klomp氏が登壇し、FactomとMicrosoftとの技術提携の詳細が語られる予定です。

ここでどのような発言がなされるか注目が集まります。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • 話題のM2E「RunBlox」の初め方と遊び方を解説
    RunBloxのインストールから遊び方をわかりやすく解説しました。 2022/08/08 正式リリースについて追記 2022/06/28 マーケットプレイスについて追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-30
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • この著者による記事

    コンセンシス(ConsenSys)社の取り組み
    先日(2018年11月6日)、新生銀行とコンセンシス(ConsenSys)がブロックチェーン技術活用を検討するための基本合意に関する覚書を締結しました。 各メディアで取り上げられましたが、コンセンシス(ConsenSys)がどのような企業なのか、分からない方もいらっしゃると思います。 この記事では、コンセンシスがどのような取り組みを行い、どういう活動を行っているかを纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-11-12
  • コインチェックNEM不正流出事件に関与したと言われるハッカー集団 ラザルス(Lazarus)をこれまでの時系列で追ってみました。
    北朝鮮と繋がりがあると疑がわれて言るハッカー集団ラザルス(Lazarus)は、仮想通貨5億ドル以上を奪ったという調査結果が明らかになりました。 2007年頃から活動が見られるラザルスは、金融機関から大手企業を中心にサイバー攻撃仕掛けていました。 このラザルスが近年仮想通貨界隈に攻撃対象を向けています。 ラザルスはこれまでにどのようなサイバー攻撃を仕掛けてきたのでしょうか? 時系列を元に追って見ました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-03-19
  • Crypto.com Chain(CRO)の特徴について
    Crypto.com Chainの価格高騰に伴い、Crypto.com及びCROについて纏めて見ました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-04-22
  • 仮想通貨 セントラリテイ(Centrality)とは
    セントラリテイ(Centrality)は、2018年1月にICOが実施されたプロジェクトで、その期待値の高さから、開始わずか6分で約100憶円相当のトークンが完売しました。 信頼性の高いTGE案件ということで、その影響も大きかったです。 TGEとはCTIAが行う「デューデリジェンス(情報の精査)」をクリアしたICOのことで、通常行われるICOよりも信頼性が高いと言われています。 2019年10月4日、前日比55%も価格が急騰したセントラリテイCentrality。その特徴や将来性について解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-10-07
  • Blockchain/NFTの記事

    BigQueryのEthereumデータを使ってブロックチェーンゲームを分析しよう!
    ブロックチェーンゲームの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。 ※2021-03-21 画像を追加
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • 【無料】広告が消せる高速ブラウザアプリ「Brave」
    広告を自動でブロックするアプリがあることを知っていますか?高速ブラウザ「Brave」について紹介します。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-09-26
  • ニュース・記事

    コインチェック
    賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」が「LINE NFT」で販売決定
    2月3日「LINE NFT」で賃貸仲介手数料がお得になる賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」第一弾が50点販売される。 本NFTは、保有ユーザーが取扱店舗で提示することで、該当物件の仲介手数料が0.5ヶ月分になる。使用後は「LINE NFT」のマーケットにおいて二次流通することも可能だ。
  • プレスリリース
  • 2023-02-02
  • 「MetaKozo」が「NFTWars」へ参画
    CryptoGames株式会社は、開発するPlay to Earnゲーム「NFTWars」にMetakozoDaoの1stコレクティブNFTコレクション「MetaKozo」が参画。「MetaKozo」のNFTが「NFT Wars」内でのゲームプレイに対応すると発表しました。
  • ニュース
  • 2023-02-02
  • NFTプロジェクト「東京装甲少女」が「NFTWars」へ参画
    CryptoGames株式会社は、開発するPlay to Earnゲーム「NFTWars」にTSGC PROJECTによって生成されたデジタルNFTアート「東京装甲少女」が参画。「東京装甲少女」のNFTが「NFT Wars」内でのゲームプレイに対応すると発表しました。
  • ニュース
  • 2023-02-01
  • gumiはCROOZ Blockchain Labと共同で新規ブロックチェーンゲームの開発を行うことを発表
    株式会社gumiとCROOZ Blockchain Lab株式会社が新しいブロックチェーンゲームの共同開発を行います。互いの経験を融合し、技術や多言語SNS運用、プロモーションなどのノウハウを結集して、魅力的で新しいゲーム体験を提供する予定です。具体的な内容は近日中に発表予定です。
  • プレスリリース
  • 2023-01-31
  • Powered by