English
SignIn
ニュース・記事

リップル(XRP)がCoinbase(コインベース)のカストディに追加 カストディとは何か?

update at :

先日、米国の大手取引所Coinbase社が立ち上げたCoinbase Custodyに、保管対象通貨としてXRPが正式に加わったことを発表しました。

Coinbaseは5月15日にカストディサービスを開始することを発表し、現在イーサリアム、ライトコイン、イーサリアムクラシック、BAT、0x、そして新たに加わったXRPを含め8つの通貨に対応しています。

ここで出てくるワード「カストディ」。

あまり聞きなれない用語だと思うので、カストディについて解説したいと思います。

ツイート

資産管理:個人

仮想通貨の取引所は証券会社に近いサービスを提供していますが、株などを取引する際、証券会社から「株が盗まれた」と言うニュースは聞きません。

しかし、仮想通貨に関しては取引所から「仮想通貨が盗まれた」と言うニュースは聞きます。

個人投資家は、仮想通貨を管理するのにウォレットを用います。

そしてそのウォレットには、取引所のウォレットからハードウェアウォレットなどさまざまな種類があり、私たちはその中からウォレットを選び仮想通貨を管理します。

資産管理:仮想通貨取引所

取引所は利用者から多くの資金を預かり、その資産を管理しています。

しかし、多くの資金を預けることでハッカーから狙われる確率が高くなります。

証券会社では入出金の管理、配当の管理、株式証券の保管など行っていますが、実際取引を行う場所は、証券取引所、関東で言えば東京証券取引所です。

東京証券取引所は投資家からの資金は一切受け付けや管理は行わず、各証券会社から出された買い注文、売り注文をマッチングする市場専用の機関です。

仮想通貨の取引所は証券会社の役目と証券取引所の役目を請け負うと共に、ハードフォークやエアドロップの対応をしたりと、全ての金融機能が一つの機関に集約しすぎています。

このような事も含め仮想通貨取引所は、取引機能や売買機能、広告費などに経営資材を集中し、もっとも重視しなければいけない資産管理に対し後手になっています。

結果、仮想通貨の取引所はハッキングの被害を受け、顧客が預ける多くの資産をハッカーに狙われるという事態が発生しています。

このような背景の中、今後、仮想通貨の発展のためにもカストディ業務の強化が必須項目だと言われています。

カストディ(Custody)とは

カストディ(Custody)とは「保管」という意味を指し、資産となる仮想通貨を預かり、保管や管理を行う業務のことを意味します。

そして、保管業者のことをカストディアン(Custodian)と言います。

セキュリティ管理は勿論、配当や運用成績の管理などさまざまな管理業務も行います。

証券業界だと有価証券の保管を行う会社が多く存在し、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、HSBCなど大手金融基幹が保管サービスを提供しています。

カストディサービスを行っている企業

Coinbase Custody(コインベース カストディ)

リップル(XRP)がCoinbase(コインベース)のカストディに追加 カストディとは何か?

Coinbase Custody(https://custody.coinbase.com/)は、米国にある仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が立ち上げたカストディサービスで、機関向けのカストディサービスを展開しています。

Coinbaseはニューヨーク証券取引所を配下に持つインターコンチネンタルエクスチェンジ社や、日本ではMUFJ三菱UFJフィナンシャル・グループも出資しているなど仮想通貨取引所の中でも信頼性が非常に高い取引所です。

最近Coinbaseの取引所に上場したBATと0xも加え現在のカストディ対応通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、イーサリアムクラシック、BAT、0x、そしてXRPと8つの仮想通貨を対象としています。

当初の報告では取り扱い通貨を39種予定としていたので、今後対応通貨は増えていくと考えられます。

Gemeni(ジェミニ)

リップル(XRP)がCoinbase(コインベース)のカストディに追加 カストディとは何か?

ウィンクル・ボス兄弟が運営する取引所Gemeni(https://gemini.com/#)はデジタル資産の管理サービスを提供するライセンス付き取引所です。

10月12日にはライトコイン(LTC)のサポートを開始することを発表。

13日よりLTCの入金が可能となり、16日より取引が開始されました。

Gemeniでは個人・法人のデジタル資産を独自のコールド管理システムで保管します。

komainu(コマイヌ)

リップル(XRP)がCoinbase(コインベース)のカストディに追加 カストディとは何か?

komainuは、国内の企業である野村ホールディングス株式会社、ハードウォレットで有名なレッジャー社、投資顧問会社グローバル・アドバイザーズ ・ホールディングス・リミテッドがカストディ・サービスに向けて設立した研究所です。

機関投資家にカストディ・サービスを提供するための研究を行っています。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • この著者による記事

    バイナンスも出資するCocos-BCXとは|特徴や将来性について解説
    ブロックチェーンゲームを開発する上で、ゲーム制作の知識、ブロックチェーンの知識と両方が必要となり、開発者にとって非常にハードルが高いです。 Cocos-BCXは独自の開発キッドを利用することで、簡単にブロックチェーン上でDappsを開発、デバッグ、リリースすることができきます。 Cocos-BCXは大手企業との提携や融資、バイナンスに上場したことで話題にもなりました。 この記事ではCocos-BCXの特徴や将来性ついて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • ウェブウォレットの特徴
    ウェブウォレット(Webウォレット)とは仮想通貨を使用する際、運営の管理下にあるWeb上で仮想通貨を保管するタイプのものを指します。 インターネットに接続できる端末なら、パソコンでもスマートホンでも瞬時に残高の確認や送金手続きなどが行えます。 操作性も手軽でウォレットの中でも、利便性が非常に高いタイプです。 今回はウェブウォレットの特徴について纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-10-12
  • 2019年10-11月に控える第4次相互審査|FATFとは
    今年(2019年)10月から11月にFATFの第4次相互審査が予定されています。 今回の審査では初めて仮想通貨も対象になることから、仮想通貨交換業者における対応も金融庁を中心に進められています。 この記事では、FATFのこれまでの取り組みについて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-05-31
  • 通貨価格にも影響を示すハッシュレートについて
    ビットコインのハッシュレートは、日々変動しており、投資の動向を判断する際にも利用されています。 この項では、ビットコインの相場にも影響を及ぼすハッシュレートについて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-10-04
  • Blockchain/NFTの記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってでブロックチェーンゲームを分析しよう!
    dAppsの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の旧バージョンを使う方法(追記あり)
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のUIが新しくなり、MEWとしてリニューアルしてからしばらく立ちましたが、新バージョンにでログイン出来ない方もいるかと思います。 この記事では旧バージョンに戻す方法を説明します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-30
  • ニュース・記事

    Kickstarterでの資金調達に成功したBarehandが、Enjinのエコシステムに参加!
    「Cede」の動画から面白そうな雰囲気が伝わってきますね!期待できそうです。 ※以下プレスリリース引用しています。 この度 Enjin Pte. Ltd. (本社:シンガポー ル、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」) は、NFTを用いたブロックチェーンゲーム「Cede」を開発するBareHand LLCが、Enjinのエコシステムに参加したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-10-15
  • 【BCG初心者向け】Uniswapでリストにないトークンを取引する方法
    Uniswapでリストにないトークンを取引する方法をまとめました。ブロックチェーンゲーマーが、ゲームをプレイして得たトークンをUniswapで売るための必須知識です。
  • Blockchain/NFT
  • 2020-10-15
  • Blockchainを活用したコンテンツ領域における国内外の有名企業/プロジェクトによる「Tokyo BlockChain Contents Conference 2020」が10月23日開催
    「ブロックチェーンコンテンツ協会」はブロックチェーン領域のコンテンツにフォーカスして、デベロッパーによる事例紹介や、業界を牽引する関連企業によるパネルディスカッション等を実施するカンファレンス「Tokyo BlockChain Contents Conference 2020」を10月23日に開催します。 今年はコロナ禍の影響の為、オンライン無料開催となるので気軽に参加できます。 ブロックチェーンxコンテンツの可能性に触れる、またとない機会になりそうです。
  • イベント
  • 2020-10-07
  • 第1回NFT Awardsの審査員にソニーの元CEOやマイクロソフトに加えて、ユービーアイソフトが参画!
    NFT Awards 2020の審査員にUBISOFTが加わるようです。エントリーは開始しており、自薦も可能なため、NFTのデザイナー、ホルダー、デベロッパーの皆様、この機会に応募してみてはいかがでしょうか? ※以下プレスリリースを引用 ブロックチェーンを用いたゲームエコシステム構築をする Enjin Pte. Ltd. (本社:シンガポー ル、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」) は、ブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.( 本社:シンガポール、Co-CEO:吉田直人および椎名茂、以下「DEA」)と共同で、2020年に発行された価値あるNFTを表彰するイベント「NFT Awards 2020」を、2020年12月9日にオンライン開催いたします。本イベントは、ブロックチェーン上で発行されるデジタルアイテムである「NFT」の価値や活用事例を、より多くの方に知っていただくことを目的にしております。 そしてこのたび、賞の内容や、選考委員会のメンバーおよび審査員の追加が確定し、また各賞へのエントリーが開始したことをお知らせいたします。
  • イベント
  • 2020-10-06