English
Connect
ニュース・記事

SBINFTがNFTマーケットプレイス機能をWebAPIで提供するサービス「TOKEN CONNECT」を発表

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

NFTコンサルティング事業及び、NFTマーケットプレイスを運営するSBINFT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高長徳、以下SBINFT)は、NFTマーケットプレイスの運営ノウハウを活かし、NFT発行や出品、購入、管理など全ての機能をWebAPIで提供するサービス『TOKEN CONNECT』を発表いたします。
本サービスを通じて、NFTの発行・販売から取引データ管理、会計・税務などの煩雑なオペレーションを、専門知識がなくとも運営を行えることでNFT事業への参入障壁をなくし、縦横無尽にWeb3の可能性を拡張していきます。

「共に歩み、繋がる」NFTを活用した新たな価値提供の基盤をシェア。

2021年4月、日本初の承認制NFTマーケットプレイス「SBINFT Market」をリリースしてから一年半。
この間、公認アーティストや提携パートナーの皆様と共に創り上げてきた、NFTを通じた新たな価値提供の基盤を、『TOKEN CONNECT』を通じてより多くの方々に広げていきます。

NFTの発行・取引・管理に関する様々な機能を提供。オリジナルのNFTマーケットプレイスをスピーディ且つ、低コストで始められる。

昨今、国内では様々なコンテンツ事業者がNFT事業への参入を検討・準備しております。
しかし、いざ始めるとなるとNFTや暗号資産の知識、秘密鍵の管理方法、会計・財務処理などのオペレーションなどがわからず、なかなか事業開始に至れておりません。

『TOKEN CONNECT』ではこういった課題を解決すべく、NFTマーケットプレイス事業に関する豊富な機能や運営ノウハウ、会計・財務処理に関するサポートなど、全ての業務をワンストップで提供します。
競合他社に先駆け、スピーディ且つ低コストでNFTマーケットプレイス事業の展開が行えるようサポートします。

*「共に歩み、繋がる」NFTマーケットプレイス機能のWebAPI提供サービス『TOKEN CONNECT』

URL:https://tokenconnect.jp/

*お問い合わせは下記Googleフォームにて随時受付中

URL:https://forms.gle/GWR15oPmuhDPFVvL8

SBINFTがNFTマーケットプレイス機能をWebAPIで提供するサービス「TOKEN CONNECT」を発表

豊富な機能は全てWebAPIでの提供なので、自社サービスのデザインに合わせてマケプレを構築可能。

『TOKEN CONNECT』は、NFTマーケットプレイスの様々な機能を全てWebAPIで提供します。
よって、自社サービスのデザインなどをそのままに、NFTマーケットプレイスの構築が可能です。

様々なプロダクト(デジタルコンテンツ、チケット、電子書籍など)を新たにNFTコンテンツとして、自社ブランドを活かしたまま自由にキュレーションが可能です。

出典 : youtube

『TOKEN CONNECT』紹介動画

《1. NFT発行機能》

画像や映像、3Dファイルなどの各種オリジナルコンテンツのNFTを発行することができます。
対応ファイル形式:JPG、JPEG、PNG、GIF、MP3、OGG、WAV、M4V、MP4、MOV、GLTF、GLB、FBX、VOX

マーケットプレイス内のCreateボタンからファイルをアップロード。
コレクション、タイトル、ディスクリプション、ジャンル、ロイヤリティ、保存先を設定して、発行ボタンを押すだけで簡単にNFTを作成することが可能です。
*現状SBINFT Marketでは認証されたウォレットのみNFT発行を許可しておりますが、本サービスではご利用者の設定により一般開放することも可能。

《2. NFT販売機能》

NFT販売形式
①固定価格 ②オークション

①固定価格:販売したいNFTをマイページから選択し、それぞれに対応した暗号資産で金額を設定します。固定価格で一次販売の場合は、クレジットカード決済での支払いも選択が可能です。
*クレジットカードのご利用には別途審査がございます。別途お問合せください。

②オークション販売:販売したいNFTを選択、オークションのスタート価格や対応した暗号資産で設定し、オークション開始日時と終了日時を決めます。
*オークション販売は、クレジットカード決済には対応しておりません。

《3. NFT購入機能》

ご利用者は、販売されているNFTをそれぞれ対応している暗号資産にて購入することができます。

固定価格での購入の場合、出品者が指定した暗号資産で支払いを行います。
クレジットカードで出品されていた場合は、クレジットカード決済もご利用いただけます。
また出品者が承認した場合のみ、クレジットカード決済でもご購入いただけます。
なお、クレジットカード決済は一次販売でのみご利用が可能です。

オークションでの購入の場合、出品者が指定した暗号資産で入札を行います。
また、オークション終了5分前に入札が入ると、5分間の自動延長機能がございます。

《4. マーケット機能》

マーケット機能を使うことで、二次流通の売買機能も可能です。
例えばNFTアートからゲームアイテム、チケットまでを幅広く扱うマーケット、あるいは特定のジャンルに絞ったマーケットなど、自由にキュレーションすることができます。

《5. パートナー機能》

TOKEN CONNECTを導入された企業様は、提携のパートナー様を一覧でご紹介するパートナーページを作成可能です。
またパートナー様には、パートナーマーケット機能としてNFTの発行から販売、購入までをキュレーションできるページ機能を提供いたします。

暗号資産による売上管理や会計処理のサポートに関しては、下記Gtaxのプレスリリースをご参照ください。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000030093.html

TOKEN CONNECTのプラットフォーム手数料は一律3.0%。
その他条件面はSBINFT Marketと異なる特徴がありますので、詳細は下記特設サイトよりご確認ください。

*「共に歩み、繋がる」NFTマーケットプレイス機能のWebAPI提供サービス『TOKEN CONNECT』

URL:https://tokenconnect.jp/

オプションとして『SBI Web3ウォレット』も。暗号資産なしで日本円でもNFT取引可能に。

SBINFTがNFTマーケットプレイス機能をWebAPIで提供するサービス「TOKEN CONNECT」を発表

またSBINFTは、SBI VCトレード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:尾崎 文紀、以下SBI VC トレード)、株式会社Ginco(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森川夢佑斗、以下Ginco)との協業で、暗号資産(仮想通貨)を持つことなくスムーズにNFT売買を可能にする『SBI Web3ウォレット』を発表いたしました。

『SBI Web3ウォレット』とは、SBI VCトレードの利用者であれば「SBINFT Market」で暗号資産(仮想通貨)が無くとも、NFTを自由に売買できるサービスです。
SBI VCトレードがウォレットとNFTを徹底管理、そして本人確認等をもってWeb3.0事業者の安心安全なビジネス展開を支援します。
またSBI VCトレードの利用者が得た暗号資産を、即座に日本円に転換する機能もある画期的なサービスです。

2023年1月には「SBINFT Market」の新機能として、この『SBI Web3ウォレット』を導入予定でありまた、
『TOKEN CONNECT』でも利用可能となる予定です。

『SBI Web3ウォレット』に関しては、下記プレスリリースをご参照ください。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000013931.html

SBINFTがNFTマーケットプレイス機能をWebAPIで提供するサービス「TOKEN CONNECT」を発表

■SBINFT株式会社について

2021年4月、パブリックチェーンによる統合型NFTマーケットプレイス「nanakusa」をリリース。
同年9月にSBIホールディングスの連結子会社としてSBIグループへジョインし、SBINFT株式会社となる。
日本初のクリプトアーティスト登録制によるNFTマーケットプレイス「SBINFT Market」を運営。
国内でもトップクラスのNFTマケプレ運営実績とノウハウをもとに、コンテンツ事業者向けにNFTコンサルティング事業も提供。

〈会社概要〉

■SBINFT株式会社

所在地:東京都港区六本木一丁目6番1号 泉ガーデンタワー
代表者:高 長徳
設立:2015年5月
URL:https://sbinft.co.jp/
事業内容:
NFTマーケットプレイス事業「SBINFT Market」の提供
NFTコンサルティング事業「NFT Consulting」の提供

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • この著者による記事

    日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/11/10 ブリッジ機能が追加されたため説明を追記 ※2022/10/02 portfolio機能が追加 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • プレスリリースの記事

    CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • keywords

    Powered by