English
ログイン
ニュース・記事

EdenBrawl|IMXでローンチ予定の期待のMOBA

更新日

ImmutableX(IMX)でローンチが予定されているマルチプレイヤーバトルアリーナ(MOBA)「EdenBrawl」について紹介します。

EdenBrawl概要

EdenBrawlはリーグオブレジェンズやポケモンユナイトなどで人気のジャンルであるマルチプレイヤーバトルアリーナのゲームです。ミニオンやレーンはありませんが、スキルやアイテムを戦略的に使用していくMOBAのメカニズムは踏襲されています。バトルは高速で進行していき、アクション性の高めなMOBAになっています。

EdenBrawl|IMXでローンチ予定の期待のMOBA

EdenBrawlではボール入手して相手陣地のゴールまで運ぶことでポイントを獲得することができます。

ボールはパスを通じて味方に渡すことができますが、相手の攻撃を受けたりスキルによる行動阻害をされると疲労ゲージが溜まり、100%になるとボールを落としてしまいます。

パスには地面を転がっていくドリブンパスと特定エリアを狙って出すロブパスがあります。パスのスピードと精度のバランスを考慮して適切な判断をしていく必要があります。パスを出すタイミングやチームメイトとの連携が重要になってきそうですね。

EdenBrawl|IMXでローンチ予定の期待のMOBA

EdenBrawlにはスクリメージラインと呼ばれるテリトリーを示すラインが存在します。バトルの前線のようなもので、ボールをもって相手陣地に侵入していくことでラインを押し上げることができます。

自陣ではオーラを得ることができ、バトルを有利に進めることができます。例えばサポートヒーローであれば、回復のフィールドを展開することができるヒーローがいます。

またラインを押し上げていくと、相手の防衛が弱まっていくため、ラインを意識しながらバトルを進めていくことが重要になってきます。

EdenBrawl|IMXでローンチ予定の期待のMOBA

ヒーローには、試合中にアンロックすることのできるオーグメントと呼ばれるスキルがあります。オーグメントはヒーロー固有のものだけでなく、ロールに準じたものや汎用的なものがあります。

自分のプレイスタイルだけでなく、戦況やチームの中での自分の立ち回りに応じて、アンロックしていくオーグメントを変更していくことで、色々なプレイを楽しむことができます。

EdenBrawlのNFTとトークン

EdenBrawl|IMXでローンチ予定の期待のMOBA

EdenBrawlはSparkadiaエコシステム内のゲームです。今後ゲームが増えていき、Sparkadiaの世界(ゲームセンター)にある様々なアーケードゲームをプレイしていくという世界観です。

Sparkadiaは、PlayToEarnのように稼ぐことを目的としておらず、トークンの排出も控えめになりそうです。NFTもトークンを稼ぐためやPayToWinのための道具ではなく、キャラクターの見た目を変更するなど、ゲームに直接大きな影響を与えない設計となっています。

こうした前提のもと、EdenBrawlを擁するSparkadiaには「Jingles」というオフチェーン通貨と「SPARK」というオンチェーン通貨(トークン)があります。Jinglesは法定通貨で課金するコインであり、オフチェーンアイテムのやバトルパスの購入、アイテムをNFT化するための手数料として使います。

SPARKは発行上限10億枚のユーティリティトークンです。ガバナンストークンではありません。SPARKはステーキングしてJinglesを得たり、トーナメントの参加費として支払いに使用します。また、クラフトの時間短縮などの特典を得ることもできます。

SPARKは、報酬プールの抽選によって配布されます。ゲームをプレイしてチケットを集め、抽選に参加しましょう。配布量は月毎に決められているため、エコシステムが破綻しにくい仕組みとなっています。

EdenBrawl|IMXでローンチ予定の期待のMOBA

NFTはEdenBrawlで使えるヒーローのNFTが8種類販売されています。セールは20ドルで10,000枚ずつ販売されました。

https://rarible.com/SparkadiaGG

8種類コンプリートすると、チケットのボーナスや将来セールの早期アクセス、ゲーム内のトロフィーなどの特典があります。ゲームプレイには影響するものではないのでご注意ください。

まとめ

MOBAのブロックチェーンゲーム「EdenBrawl」についてまとめました。
稼ぐことではなく、ゲームの楽しさに重きを置いたゲームになっており、NFTやトークンとゲームの関わりはそれほど密接ではありません。

稼ぐことに関しては、ゲームを楽しくプレイしながら、抽選に当たるとお小遣いがもらえるくらいの印象です。一方でNFTを使ったアバターやステーキングによる特典などゲームを楽しむための実用的なユーティリティがありますから、より楽しくプレイしたい方はヒーローNFTの購入を検討してみてもいいかもしれませんね!

EdenBrawl

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU/24時間
0
EdenBrawl(エデンブロー)は、Sparkadiaプラットフォームで動作するLeague of Legends、DotA2、Heroes of the StormなどのMOBAに似たプレイヤーが単一のヒーローを操作するトップダウン式のゲームです。P2W要素がなく、プレイヤースキルと楽しさにフォーカスされたゲーム設計を目指しています。
■ジャンル:オンライン、MOBA、アクション
■対応機種:Windows
■リリース時期:2023年5月22日
■デモ版: -
■P2E:
■NFT:コスチュームNFT
■トークン:Sparkadia エコシステム上の$SPARK
■ネットワーク:
■ホワイトペーパー:https://explore.sparkadia.gg/edenbrawl/welcome-to-sparkadia

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • 【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • Powered by