English
ログイン
ニュース・記事

double jump.tokyo株式会社、Immutable Xとパートナーシップを締結

更新日

※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。

double jump.tokyo株式会社が開発するAsset Mirroring Systemにてマルチブロックチェーン対応を支援

海外で人気のブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」のチームが開発した、NFT特化スケーリングソリューションへの対応開始

ブロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発を行うdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸、以下「double jump.tokyo」)は、Immutable Pty Ltd(本社:オーストラリア、Founder:Robbie Ferguson、以下「Immutable X」)と提携し、運営するブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」の参画タイトルが、同サービスの展開する「Asset Mirroring System(以下、AMS)」を通じて Imutable Xへの対応を行うことをお知らせします。国内ブロックチェーンゲーム領域としては初めてのzkRollup方式レイヤー2ソリューション対応の事例となります。

double jump.tokyo株式会社、Immutable Xとパートナーシップを締結

Immutable X 対応を行うブロックチェーンゲームタイトル

・My Crypto Heroes
・My Crypto Saga
・BRAVE FRONTIER HEROES
・CryptoSpells
・CHOJO

Immutable X 対応の背景

2020年頃より、イーサリアム上ではDeFiプロダクトの勃興により、トランザクション手数料が著しく上昇しており、各ブロックチェーンゲームの発行するNFTの流動性が下落しています。
Immutable X対応により、ユーザーがオフチェーンにあるNFTをImmutable X上にも転送できるようになります。
イーサリアムに比べて安価なトランザクション手数料で二次流通が可能となるため、オンチェーンにおける流動性が上昇を見込んでいます。

Immutable XではzkRollup方式※を用いており、NFT対応のzkRollup方式は非常にチャレンジングです。急速に立ち上がりつつあるレイヤー2ソリューションにおいてNFT対応の代表的なプロジェクトと提携することでユーザーの皆様の選択肢を増やす事を目的としております。

AMS(Asset Mirroring System)について

AMSは、マルチブロックチェーン対応を支援し、統一的なアセット情報取得と利用を実現するシステムです。トランザクション手数料や、スケーラビリティの課題を抱えるブロックチェーンに対して、NFTを持つユーザー、事業者が自由に選択できるようにすることを目的としています。また、AMSが保有するNFT管理機能とマーケットのような外部サービスと接続することで、トランザクション手数料を抑えたNFTのコラボレーションが実現できます。

double jump.tokyoは、世界中のブロックチェーン開発チーム、AMS利用コンテンツ、NFT関連サービス事業者と連携をとり、対応ブロックチェーンの拡充を進めております。

AMSは、ブロックチェーンコンテンツ協会が推進する標準仕様Oct-Pass※3に準拠しております。

Immutable Xについて

2019年にNFTトレーディングカードゲーム「Gods Unchained」を立ち上げ、最高取引高210ETHを記録するなど話題を呼んだImmutable社が開発するブロックチェーン 基盤のNFTマーケットプレイスなどの取引手数料やスピードなどの課題を解決しようとするNFT取引に特化したレイヤー2ソリューションです。

ブロックチェーンゲームをご検討中の事業者様へ

MCH+発表以来、複数のプロジェクトの支援を通してブロックチェーンゲームに必要な機能の拡充、サポートの充実、エコシステム構築ノウハウ提供を行ってまいりました。MCH+がブロックチェーン特有の技術提供、外部サービスとの連携支援を行うことで、事業者様は「ゲームの面白さ」の開発に集中し、ブロックチェーンゲームの高速な開発を実現できます。

MCH+に参加ご検討の企業様は、下記サイトの「参加申込み」フォームよりお気軽にお問い合わせください。

MCH+公式ページ:https://www.mch.plus/

double jump.tokyo株式会社、Immutable Xとパートナーシップを締結

double jump.tokyo株式会社 会社概要

ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、数多くのゲーム(モバイルソーシャルゲーム、PCオンラインゲーム、家庭用ゲーム等)およびプラットフォームの開発・運営、ブロックチェーン技術および暗号資産を含むファイナンスにおけるノウハウを有するメンバーにより、2018年4月3日に設立。

double jump.tokyo株式会社、Immutable Xとパートナーシップを締結

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

2021年版最新「Sorare」(ソラーレ)の概要・始め方・遊び方
現実でのサッカーの試合結果と連動したイーサリアムに対応したブロックチェーンゲームのSorare(ソラーレ)について概要、始め方、遊び方を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2021/09/09 Sorareとラ・リーガが提携しました。 ※2021/03/10 インストール方法を最新版に差し替えました ※2020/8/18 J1リーグ参加 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/5/24 更新
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【2021年5月】AnimocaBrandsのブロックチェーンゲームまとめ
    コインチェックとの提携でも話題になったAnimocaBrandsのBCGについて紹介します。 MOTO GPとCrazy Defense Heroesについて追記(2021/3/16) AnimocaBrandsのサッカーゲームについて追記(2021/5/28)
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-12-23
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【無課金でクリスぺ攻略】クリプトスペルズは無課金で稼げるのか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 ※こちらの記事ではあくまでも方法の紹介のみになり、BCGで稼ぐことを勧めている記事ではございません。 #クリスペ 2021年7月1日 更新 月間、チャレンジミッションに関する記載、その他を追記 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • この著者による記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2022年1月版)
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • Powered by