English
ログイン
ニュース・記事

マンガのNFT化で電子コミックの【売る/貸す/あげる】を実現する漫画NFTマーケットプレイス「COMAWARI(コマワリ)」が10月上旬にローンチ

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

Webサービス・コンテンツの開発を展開する株式会社ゴールドエイジ(本社:東京都新宿区 代表者:及川正和)は漫画作品をNFT化する事でデジタル漫画の二次流通を実現する、漫画NFTマーケットプレイス『COMAWARI(コマワリ)』を2022年10月上旬にローンチいたします。

マンガのNFT化で電子コミックの【売る/貸す/あげる】を実現する漫画NFTマーケットプレイス「COMAWARI(コマワリ)」が10月上旬にローンチ

漫画NFTマーケットプレイス『COMAWARI(コマワリ)』10月上旬ローンチ

開発の背景

世界中から支持される日本の漫画・アニメコンテンツ。しかしながら現在日本では作品を生み出したクリエイターにレンタルや二次流通によって生まれる利益の十分な還元が行われているとは言いがたく、デジタル漫画におきましては物理的に不可能な事から二次収益に関する話題自体がなされていない実情があります。

そこでクリエイターである漫画家のみなさまに二次流通による公平な還元と新たな収入源を提供し、漫画業界に一層の活性化に貢献したいと強く願い“漫画作品のNFT化”=『デジタル漫画においての権利の明確化』を実現する漫画NFTマーケットプレイス『COMAWARI(コマワリ)』を開発いたしました。

優れたクリエイターや、クリエイターを目指す人が安心して作品を生み出すことができる環境を整えることが私たちのミッションです。私たちは『COMAWARI(コマワリ)』を通して、誰もが自由に創造性を発揮する社会の実現に貢献します。

漫画NFTマーケットプレイス『COMAWARI』の特徴

1. 漫画家(クリエイター)・ユーザー双方が二次流通で収益化。

マンガのNFT化で電子コミックの【売る/貸す/あげる】を実現する漫画NFTマーケットプレイス「COMAWARI(コマワリ)」が10月上旬にローンチ

デジタル漫画では不可能だった二次流通「売る貸すあげる」が可能に

COMAWARI』はマンガNFT化によりデジタル漫画では不可能だった二次流通<売る/貸す/あげる>が可能になりました。ユーザーにとって「買ったらそれで終わり」だったデジタル漫画を収益にする事はもちろん、二次販売の利益が漫画家に“何度でも”還元されるため、これまでになかった新たな収入源の獲得が実現しました。

<取引の流れ 一例>

【一次販売】

漫画家・・・NFTマンガCOMAWARIくん』を販売。
読者A・・・『COMAWARIくん』購入。

【二次販売(売る)】

漫画家・・・読者AがBに転売した『COMAWARIくん』の収益が入る(売り上げの0~5%※1)。
読者A・・・読者Bに売る。→売った分の収益が入る(売り上げの85%-クリエイター手数料(0~5%))。
読者B・・・読者Aから買った『COMAWARIくん』が読める。

【二次販売(レンタル)】

漫画家・・・読者BがCにレンタルした『COMAWARIくん』の収益が入る
読者B・・・読者Cに貸す→レンタルした分の収益が入る
読者C・・・読者Bからレンタルした『COMAWARIくん』がレンタル期間中のみ読める。

※レンタル機能は2023年実装予定

つまり、紙媒体においてはこれまで漫画家にとって収益に繋がらなかった新古書店・フリマアプリでの販売が、漫画NFTマーケットプレイス『COMAWARI(コマワリ)』によるデジタルの世界だとしっかりと自分の収益になるという、作者・読者双方に利益のある、まさにWin-Winなシステムなのです。(※1 二次収益のパーセンテージは漫画家が最初に0~5%の範囲で自由に設定が可能)

2.  作品がユーザーにダイレクトに届く事による自由度の高さ。

マンガのNFT化で電子コミックの【売る/貸す/あげる】を実現する漫画NFTマーケットプレイス「COMAWARI(コマワリ)」が10月上旬にローンチ

作品がユーザーにダイレクトに届く事による自由度の高さ

COMAWARI(コマワリ)』はクリエイターのロイヤリティが85%、出品手数料は15%と高ロイヤリティ・低コストを実現。その理由は出版社や書店・デジタル漫画配信サイトなどを挟まない事が背景にあります。漫画家からユーザーに直接コンテンツが届く事から、ページ数・販売価格・配信ペースなどの自由度が高く、あなたのペースで活動ができます。

3.登録・NFT化はたった2ステップ

アカウント登録とマンガの登録・詳細の入力で完了。驚くほど簡単にNFTデビューができます。

4.NFT 市場拡大による新たな読者層の流入。

取引が急速に拡大しているNFT市場。新たな読者層の獲得が期待できます。

5. NFTによる希少性でプレミア化の可能性。

NFTのもうひとつの特色である『限定/希少性』という資産価値。NFTマンガの販売時に「100冊限定」など希少性を担保して販売する事でプレミアがつき、高値で取引された際には、その上乗せ分ももちろん漫画家に入ります。さらに読者にとってもNFTマンガ(デジタル漫画)を資産化できるというメリットがあります。これらは、デジタル漫画にこれまでなかった新たな市場の開拓となるかもしれません。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • この著者による記事

    ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2022年7月版)
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • プレスリリースの記事

    ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • Powered by