English
Connect
ニュース・記事

イーサリアム・ERC-721の特徴について

更新日

前回ERC-20、ERC-223と纏めましたが、今回はCryptoKitties(クリプトキティ)でも使われているERC-721の性質、特徴についてご紹介します。

はじめに

ERC-721は、前回ご紹介したERC-20または、ERC-223同様Ethereumブロックチェーン上における、スマートコントラクトの規格の一つとなります。
現在では、多くのトークンは2015年に開発されたERC-20を採用したトークンが誕生しています。
その後2017年3月にERC-20の問題を解決したERC-223が開発。
それから6ヶ月後の2017年9月に登場したのがERC-721となります。

開発の流れからいうと、ERC-223を更に改良されたのがERC-721と思いがちですが、ERC-721はまた別の性質を持つ規格となります。

ではERC-721とはどのような性質、特徴を持つのでしょうか。

ERC-721の特徴・非代替性とは

ERC-721はNFT(Non-Fungible Token)と呼ばれています。
Fungibleとは「代替性を持つもの・代替可能」という意味を示し、Non-Fungible TokenであるERC-721は非代替性の性質を持っています。

Fungible(ファンジビリティ)

例えばここに1万円札があるとします。
この1万円札はAさんが持とうがBさんが持とうが同じ1万円(同じ価値)です。
また、新札の1万円札でもしわくちゃな1万円札でもその価値は一緒なので、交換することができます。

仮にAさんが持つ1万円札を両替したとき、受け取る金額が9000円だったらおかしな話ですよね。
旧通貨にプレミアがついたり一部例外はありますが、1万円札という法定通貨は「Fungible」であると言えます。

Non-Fungible

ERC-721はNFT(Non-Fungible)の性質を持っています。
この性質を利用したゲームとして良く挙げられるのがCryptoKitties(クリプトキティ)です。
CryptoKittiesは2017年の終わりに大流行した、Ethereum上で動かすゲームで、自分だけの猫を育てて、交配させ、猫を売買することができます。
一時Ethereumのネットワークが混雑しCryptoKittiesを利用していないユーザーのトランザクションにも影響が出たほどです。

CryptoKitties内に存在する猫はそれぞれがトークンで、ERC721という規格に沿って実装されています。ユーザーが育てる各トークン(猫)は世界に一つしか存在しないオリジナルな猫で、Non-Fungible(代替不可能)と考えられます。

ERC-721は決済手段などとして使われるマイクロペイメントなどのトークンというよりは、どちらかというと何か「代替不可能なもの」を作成するプラットフォームを作りたい場合に適しています。

ERC-721活用・対応例

Decentraland(ディセントラランド)

イーサリアム・ERC-721の特徴について

DecentralandはEthereumブロックチェーンを活用したVRプラットフォームを構築するプロジェクトです。
LANDトークンはERC721に準拠し管理されており、LANDトークンを所有すること で 仮想空間の利用権(オーナー)であることと同義になっています。
自身が所有する空間(LAND)は自由に利用することができ、その空間上で独自のコンテンツを配布したり、アプリケーションを構築することが可能。
またDecentralandの世界ではERC20に準拠したMANAと呼ばれるトークンも流通。
このMANAトークンを取引することでユーザー間でサービスのやりとりを行うことができます。

0x(ゼロエックス)

イーサリアム・ERC-721の特徴について

こちらもEthereumブロックチェーンを活用したプロジェクトで、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されたトークンを自由に手軽に交換するための仕組みを実現しようとしています。
0xを利用することで様々な分散型のアプリ(Dapps)の専用トークンを、低コストに交換することが可能になります。
DEXプロトコルの0XでもERC721で構築ができるようになり、ERC721規格をDEXで交換することが行いやすくなると考えられます。

さいごに

ここまでERCからERC-721までシリーズ化し纏めてみました。
各規格とも誕生した理由、その特徴について書きましたが、これから仮想通貨が利用される中、このような用語を目にする機会が増えるかも知れません。
少しでも意味がわかるとより理解しやすいと思いますので、ご参考までに目を通して頂けたらと思います。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • 話題のM2E「RunBlox」の初め方と遊び方を解説
    RunBloxのインストールから遊び方をわかりやすく解説しました。 2022/08/08 正式リリースについて追記 2022/06/28 マーケットプレイスについて追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-30
  • この著者による記事

    コンセンシス(ConsenSys)社の取り組み
    先日(2018年11月6日)、新生銀行とコンセンシス(ConsenSys)がブロックチェーン技術活用を検討するための基本合意に関する覚書を締結しました。 各メディアで取り上げられましたが、コンセンシス(ConsenSys)がどのような企業なのか、分からない方もいらっしゃると思います。 この記事では、コンセンシスがどのような取り組みを行い、どういう活動を行っているかを纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-11-12
  • イーサリアムのキャスパー(Casper)とは
    イーサリアムを調べていくと、キャスパー(Casper)というワードを良く目にします。 イーサリアムのキャスパーは、PoWからPoSへと移行するにあたり重要なステップとされています。 この項ではキャスパーについて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-10-29
  • 分散型プラットフォームIOSTの特徴について
    トランザクションを高速で処理しシームレスなブロックチェーンアプリ(Dapps)を構築することができるIOSTの特徴につてい解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-07-16
  • ブロックチェーンは大きく分けて3種類ある パブリック、プライベート、コンソーシアムそれぞれの違いと特徴
    パブリックブロックチェーン、プライベートブロックチェーン、コンソーシアムブロックチェーンについて簡単に纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-08-06
  • Blockchain/NFTの記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってブロックチェーンゲームを分析しよう!
    ブロックチェーンゲームの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。 ※2021-03-21 画像を追加
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の旧バージョンを使う方法。(重要な追記あり)
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のUIが新しくなり、MEWとしてリニューアルしてからしばらく立ちましたが、新バージョンにでログイン出来ない方もいるかと思います。 この記事では旧バージョンに戻す方法を説明します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-30
  • Powered by