日本語
English
ニュース・記事

国産NFTマーケットプレイス「LEAD EDGE」がリリース

国産NFTマーケットプレイス「LEAD EDGE」がリリース
更新日

リリース直後にNFT数が10,000個を突破し、取扱量日本一のNFTマーケットプレイスに

※以下プレスリリースを掲載しています。

株式会社リードエッジコンサルティング(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 庄司貴之)は「創造性を価値に変える」をコンセプトにしたNFTマーケットプレイス「LEAD EDGE」(https://leadedge-c.com/ )をリリースいたしました。リリース前から1000人近くの事前登録があり、リリース直後に登録されたNFTの個数は現在10,000個を突破しております。
今後マーケットプレイスを活用した新規プロジェクトや他企業とのコラボレーションを予定しています。

NFTマーケットプレイス「LEAD EDGE」とは

LEAD EDGEは「創造性を価値に変える」をコンセプトに、簡単に自分の作品をNFT化して販売・購入することができるNFTプラットフォームです。

https://leadedge-c.com/

ブロックチェーンにPolygonを採用することによって安価にNFTを作成できることが特徴となっております。さらに、現在はリリース開始直後のキャンペーンとして売買時手数料が5%になっており、国内最低水準の手数料でNFTを発行・販売いただくことが可能です。

リリース後の状況

LEAD EDGEは事前登録時点で1000人近くの事前登録があり、リリース前から大きな反響をいただいておりました。さらにリリース後3週間で登録されたNFTの個数が10,000個を突破し、取扱トランザクション量で日本最大のマーケットプレイスとなりました。(当社調べ)

NFTはデジタルアートの一点ものやコレクティブなどNFTで中心として扱われるものに留まらず、音声・動画など多岐にわたるNFTを扱うことが可能です。著名なクリエイターや企業、IPも続々とLEAD EDGEでNFTを展開しています。

LEAD EDGE のメリット

1. 最短1分で簡単に出品できる

国内の多くのマーケットプレイスはNFTを作成しようとするとき審査制になっているため、申請して承認された場合でしかNFTを出品することができません。LEAD EDGEはNFTを作成、出品する際の審査が存在しないため、初めての方でも簡単にNFTを出品することができます。

また、海外のマーケットプレイス(Openseaなど)は英語での使用がメインになっておりNFTに初めて触れる方のハードルになっていました。日本発のマーケットプレイスのため完全に日本語で使用することができ、英語の苦手な方でも安心してご利用いただけます。

2. より安価にNFTを作成できる

LEAD EDGEはEthereumに比べ安価で高速なPolygonブロックチェーンを採用しています。クリエイターはこれまでNFTを発行するのに多額の初期費用がかかっていましたが、Polygonを採用することにより障壁が低い状態でNFTを始めることができます。

※Polygonとは
Polygonとは昨今のEthereum自体の価格上昇やDeFi(分散型金融)の普及によるトランザクション手数料(ガス代)を解決するソリューションとして注目を集めているEthereumのサイドチェーンソリューションです。

3. 国内だけでなく海外コレクターにも購入してもらえる。

LEAD EDGEはOpenseaに対応しているため、LEAD EDGEで発行したNFTはOpenseaでも表示・販売することができます。

独自コントラクトと呼ばれる機能も無料(別途要ガス代)で提供しており、既存のNFTコレクターに共感してもらえる技術的な仕組みも備えています。

今後の機能アップデート

LEAD EDGEはより多くの人が簡単にNFTを作成及び売買できる環境作りに取り組んでまいります。

リリース後も多くの機能アップデートを予定しており、以下の機能については近日中に開発を予定しております。

・クレジットカード決済機能
・他言語対応
・ダークモード対応
・オークション機能
・タイムライン機能

LEAD EDGEに関する問い合わせ

LEAD EDGEではTwitterやその他サイトで最新情報を発信しております。

Twitter: https://twitter.com/LEADEDGE_NFT
ヘルプページ: https://leadedge-c.zendesk.com/hc/ja

また、LEAD EDGEではこれまで多くの企業やクリエイターへのNFT発行・マーケティング支援実績があります。

NFT領域に特化したマーケティングの知見を通じて、NFTを新規で出品したい・NFT関連の新規事業をご検討されている企業様に最適なプランをご提案します。

NFT事業に関するご相談・取材の依頼はこちらから
https://support.leadedge-c.com/hc/ja/requests/new

運営会社

会社名: 株式会社リードエッジコンサルティング
代表取締役社長: 庄司貴之
所在地: 〒160-0023
東京都新宿区西新宿4丁目33-4
住友不動産西新宿ビル4号館6階
webサイト: https://corp.leadedge-c.com/
事業内容:
NFTマーケットプレイス「LEAD EDGE」(https://leadedge-c.com/
・NFTメディア「NFT NOW」(https://nft-now.jp/
・DX支援事業
・デジタルIP開発事業

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02