English
Connect
ニュース・記事

ブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」が、NFTのマーケットプレイスを運営するRaribleとパートナーシップ締結。

ブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」が、NFTのマーケットプレイスを運営するRaribleとパートナーシップ締結。
更新日

※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。

ブロックチェーンゲームの開発・運営を行うdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸)は、2021年3月15日、Rarible(本社:アメリカ、CEO:Alexander Salnikov)とパートナーシップ協定を締結しました。

概要

当社ではブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」を通じて、参入する多くの事業者の支援を行ってまいりました。

この度、主にアート領域にて世界最大級のNFTマーケットプレイスであるRaribleとパートナーシップを締結し、MCH+支援タイトルの発行するNFTが『Rarible』にて取り扱い可能になることを発表いたします。

また、本パートナーシップの締結に合わせて、MCH+サポートタイトル向けに『Rarible』のガバナンストークン である$Rariの配布が行われます。

さらに、このパートナーシップを記念し、MCH+の開発支援タイトル『ブレイブ フロンティア ヒーローズ』の「Pixel Animation NFT - Collector’s Edition」を『Rarible』にて販売いたします。

詳細

MCH+開発支援ゲームタイトルのNFTの売買は、3ヶ月以内に予定している『Rarible』の ver.2アップデート後に可能になります。

本アップデートと並行し、各ゲームタイトルにてパートナー表示が行われます。

MCH+開発支援ゲームタイトル:
・My Crypto Heroes

・ブレイブ フロンティア ヒーローズ
・CryptoSpells
・CHOJO
・Contract Servant
・Chain Guardians


※各ゲームタイトルの仕様上、『Rarible』でのNFT取り扱い開始時期がずれる可能性があります。予めご了承ください。
※$RARIの配布対象ゲーム、配布量はRaribleが決定いたします。

『ブレイブ フロンティア ヒーローズ』×『Rarible』コラボセール内容

MCH+開発支援ゲームタイトル『ブレイブ フロンティア ヒーローズ』より、初の”Pixel Animation NFT - Collector’s Edition”の販売をRaribleにて実施いたします。

『ブレイブ フロンティア』でド派手に動くキャラクターが『ブレイブ フロンティア ヒーローズ』のNFTとして登場!

本セールで販売される”Pixel Animation NFT - Collector’s Edition”は、ブロックチェーン上でアートとして保有、鑑賞することはもちろん、ゲーム内でも使用可能です。
セールは3月15日21時より、下記アカウントから開始いたします。

https://app.rarible.com/brave_frontier_heroes

販売NFT

1.聖皚の覇断神クランツ(Legendary)

販売価格:1ETH
販売体数:5体

2.焔陽神姫リメラ(Epic)

販売価格:0.2ETH
販売体数:12体

3.闇珠の女神イヴリス(Epic)

販売価格:0.2ETH
販売体数:12体

詳細は下記よりご確認ください。

https://medium.com/bravefrontierheroes/producer-letter-7f55671b1f9

ブロックチェーンゲームをご検討中の事業者様へ

MCH+発表以来、複数のプロジェクトの支援を通してブロックチェーンゲームに必要な機能の拡充、サポートの充実、エコシステム構築ノウハウ提供を行ってまいりました。MCH+がブロックチェーン特有の技術提供、外部サービスとの連携支援を行うことで、事業者様は「ゲームの面白さ」の開発に集中し、ブロックチェーンゲームの高速な開発を実現できます。

MCH+に参加ご検討の企業様は、下記サイトの「参加申込み」フォームよりお気軽にお問い合わせください。

MCH+公式ページ:https://www.mch.plus/

Raribleについて

Raribleは、ガバナンストークンである$RARIと流動性マイニングを備える、クリエイターファーストに設計されたNFTマーケットプレイスです。

オープンプラットフォームとしてコミュニティによる所有、ガバナンスが行われており、dAppランキングにて1位のトラックレコードを保有しています。

double jump.tokyo株式会社について

ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、数多くのゲーム(モバイルソーシャルゲーム、PCオンラインゲーム、家庭用ゲーム等)およびプラットフォームの開発・運営、ブロックチェーン技術および暗号資産を含むファイナンスにおけるノウハウを有するメンバーにより、2018年4月3日に設立。

会社名:double jump.tokyo株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿4-34-7
代表者:代表取締役 上野広伸
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売
ホームページ:https://www.doublejump.tokyo/

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • Powered by