English
SignIn
ニュース・記事

NFTのマーケットプレイスRaribleとは?オリジナルのNFTを発行する方法も紹介

update at :

新しいNFTマーケットプレイスのRaribleについて紹介します。Raribleでは自分のNFTを作ることもできます。

ツイート

NFTのマーケットプレイスといえば、OpenSeaやmiimeを使っている方が多いと思いますが、最近話題になっているのは、「Rarible」です。

ブロックチェーンゲーマーの中には、Raribleのトークン「RARI」の配布でお小遣いが入ってきた方もいるのではないでしょうか。

この記事では、Raribleの概要と自分のNFTを発行する方法を紹介します。

Raribleとは?

NFTのマーケットプレイスRaribleとは?オリジナルのNFTを発行する方法も紹介

Raribleは、アートメインのNFTマーケットプレイスです。

OpenSeaと異なり、マイクリなどのブロックチェーンゲームNFTの取り扱いは今のところありません。(出品自体は可能)

静止画だけでなくGIFもあり、眺めているだけでも結構楽しいです。PCでは、画面下部に最近売れたアートが表示されていますので、どんなアートが売れているかチェックしてみてください。

OpenSeaとの大きな違いは、最近流行りのガバナンストークン「RARI」が実装されている点。ガバナンストークンとは、運営方針を決めるための投票権のようなもの。RARIのディストリビューション方針などもここで決まります。

また、Raribleではとても簡単に、自分で発行するNFTにロイヤリティの設定をしたり、購入した人だけが見れるコンテンツを設定することが可能となっています。

ガバナンストークン「RARI」とは?

RARIの用途

NFTのマーケットプレイスRaribleとは?オリジナルのNFTを発行する方法も紹介

RARIでの投票

NFTのマーケットプレイスRaribleとは?オリジナルのNFTを発行する方法も紹介

注目アートワークのキュレーション

RARIRaribleのガバナンストークンで、Raribleが自律分散型の組織となることを目指して作られています。

用途は次の通り。

Raribleの開発方針への提案や投票
・クリエイターの管理
・注目アートワークのキュレーション

RARIを持っていると、Raribleの取引手数料や新しく実装する機能などに関する投票ができます。

ガバナンストークンとしての投票以外に、アート販売プラットフォームらしい用途もあります。「今週のピックアップアート!」のように、おすすめアートのキュレーションをすることができます。

RARIの入手方法

NFTのマーケットプレイスRaribleとは?オリジナルのNFTを発行する方法も紹介

RARIの入手方法は、次の通り。
Raribleマーケットで売買する
・エアドロップでもらう
・Uniswapなどで購入する

Raribleを利用することでもらうことができます。具体的には、マーケットでの買い手と売り手に毎週配布されていきます。買い手と売り手で50%ずつの配分です。毎週日曜日に75,000RARIが配布され、7月19日から200週間行われていきます。今後RARIを入手するなら、基本的にはこの方法になります。

2つ目は、今回ブロックチェーンゲーマーの間で話題になったエアドロップです。2020年7月15日の既存ユーザーと7月20日までに販売が記録されているNFTのホルダーに配布されました。

3つ目はUniswapなどで購入する方法ですが、これは推奨しません。DeFiのトークンと違って、RARIの流動性提供をしてRARIがあればさらにRARIがもらえるみたいなことはないですからね。

アートNFTの発行方法

NFTのマーケットプレイスRaribleとは?オリジナルのNFTを発行する方法も紹介

トップページの「Create」からNFTを作っていくことができます。NFTは発行数1の「Single」と、複数発行の「Multiple」を選ぶことができます。試すのであれば、まずはSingleからやりましょう。gas代かかりますので。

NFTのマーケットプレイスRaribleとは?オリジナルのNFTを発行する方法も紹介

NFTの画像をアップロードしたり、名前や説明、価格などを入力していきます。

Royalitiesとは、NFTが取引されたときにあなたに入る収入の割合です。コンテンツが転売されていっても著作権者に報酬が入り続ける仕組みを作れるので面白いですね。

NFTのマーケットプレイスRaribleとは?オリジナルのNFTを発行する方法も紹介

各種トランザクションを承認し、販売の署名をすればマーケットに並びます。

My collectiblesから出品したNFTを確認することができます。右上の「…」から、価格変更、ギフト、出品取りやめなどができます。

マーケット周りの基本的な使い方はOpenSeaやmiimeと同じなので、使ったことのある方はすんなりできると思います。

まとめ

NFTアートのマーケットプレイス「Rarible」についてまとめました。ガバナンストークンやロイヤリティ・購入者限定コンテンツの設定など、従来のNFTマーケットプレイスとは差別化されているマーケットだと思います。

自分のイラストやコンテンツをNFT化して販売してみたい方は、一度Raribleを使ってみてはいかがでしょうか。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • Blockchain/NFTの記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってでブロックチェーンゲームを分析しよう!
    dAppsの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の旧バージョンを使う方法。(重要な追記あり)
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のUIが新しくなり、MEWとしてリニューアルしてからしばらく立ちましたが、新バージョンにでログイン出来ない方もいるかと思います。 この記事では旧バージョンに戻す方法を説明します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-30
  • ニュース・記事

    「仙台89ERS(エイティナイナーズ)」がFiNANCiEで国内初のプロバスケットボールクラブトークンを発行
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。
  • プレスリリース
  • 2021-03-05
  • Hyperledger Fabric環境の管理方法について学習する日本語のオンラインコース「Hyperledger Fabric管理」を開始
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 オープンソースを通じて大規模イノベーションを実現する非営利団体Linux Foundationは本日、新しい日本語のオンラインコース「Hyperledger Fabric管理」を開始しました。
  • プレスリリース
  • 2021-03-04
  • CryptoGames、NFTでイラストレーターの応援を増やす「NFT Studio」2021年3月ローンチ予定。著名絵師3名が参画
    イラスト投稿サイトと連携していくと、レイラストーターの応援の新しい形として定着していく可能性を感じさせます。 ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 ブロックチェーンゲーム、NFTサービスの開発を行う、CryptoGames株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)は、イラストレーターが自身の作品をNFTアートとしてブロックチェーン上に発行できる「NFT Studio」を2021年3月リリースすることをお知らせいたします。なお、ローンチ時は著名絵師3名、及び自社が保有するIPが参画予定となり、詳細は順次発表予定となります。
  • プレスリリース
  • 2021-03-04
  • Enjin、ガス代を削減し複数のブロックチェーンに対応する 2つのスケーリングソリューションを発表
    ※以下プレスリリースをそのまま掲載しています。 2021年3月4日発表(シンガポール)— この度、ERC-1155トークン規格の共同開発企業となる Enjin Pte. Ltd.(本社: シンガポール、CEO: Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、ノンファンジブルトークン(NFT)向けのスケーリング技術である、「JumpNet」と「Efinity」を今年リリースする予定であることを発表いたします。JumpNetは2021年4月6日に、Efinityは2021年内にリリース予定です。
  • プレスリリース
  • 2021-03-04
  • keywords