English
SignIn
ニュース・記事

Enjin Wallet、1度のトランザクションで100種類のトークンが送信可能に

update at :

※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。

ブロックチェーン・エコシステムを開発する Enjin Pte Ltd.(本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、同社が提供するEnjin Walletを対象に、下記の大幅アップデート(以下「本アップデート」)を行なったことをお知らせします。

ツイート
Enjin Wallet、1度のトランザクションで100種類のトークンが送信可能に

- トークン一括送信機能の追加
- Ethereum Name Service(ENS)への対応
- トークン一括「メルト」機能の追加(注1)
- 生体認証によるトランザクション承認機能の追加 - セキュリティの改善

ERC-1155 以前の規格では、開発者はトークンを送信する際、トークンの種 類ごとに異なるトランザクションを発行する必要がありました。従ってバ ッチでトークンを送信する際、コードの冗長化や Gas 消費量の増加、そし て処理時間の長期化といった課題が生じました。
ERC-1155 では、FT(ファンジブルトークン)および NFT(ノンファンジブ ルトークン)両方を扱う事が出来、また多種類のトークンを一括送信でき る機能(以下「一括送信機能」)が備わっています。このためゲームや Wallet といったサービスは、Gas 消費量を抑えながら、多種類のトークン を扱うことができます。
ERC-1155 の開発者は、一括送信機能のテストを行なった結果、1種類ごと にトークンを送信する場合と比べて、Gas の消費量を最大 90%削減できる という結論に至りました。将来的に Ethereum ユーザーの利便性を高め、ネ ットワークの混雑を解消できる仕組みであると考えています。
本アップデートでは、これまで Enjin のブロックチェーンゲーム開発プラ ットフォームを通してのみ利用可能であった、ERC-1155 トークンの一括送 信機能を、Enjin Wallet ユーザーにも公開しました。ユーザーは 1 度のト ランザクションで、最大 100 種類のトークンを送信出来ます。
また Enjin Wallet は Ethereum Name Service(ENS)にも対応しました。 これによりユーザーは、よりわかりやすいアドレス(例: 「mywallet.eth」)を用いた取引の実行が可能になります。
さらに Enjin Wallet 上で、ERC-1155 トークンの一括メルトも可能になり ます。現在約 10 万のアドレスによって、5,200 万のトークンが所持されて おり、これらを裏付けに使用されている、計 1,300 万の Enjin Coin にメル トすることが可能です。
加えてユーザーは、スマートフォンの指紋スキャナーや顔認識を用いた、 トランザクション承認が使用できるようになります。

これにより、トークンをよりシームレスに送信・メルト・販売し、ユーザーは集めた資産を簡 単にEnjin Marketplaceで販売できるようになります。尚このEnjin Marketplaceは、大手暗号資産取引所であるBinanceが、自社ブランドで発行したNFTのP2P取引を行うために使用するなど、各方面から注目を集めています。

そしてセキュリティの改善も行い、中国を含めたすべての国の規制に、完全準拠いたしました。今後Enjin Walletのさらなる機能開発を続け、より幅広いユーザーのニーズに応えてまいります。

Enjin Wallet のアプリは、下記URLからダウンロードできます。
- App Store
- Google Play.
(注1)Enjin Coinによって裏付けされているERC−1155トークンを、Enjin Coin に戻すことを「メルト」と呼びます。

■ Enjin について

2009年にEnjin Networkの提供を開始し、2,000万人以上のユーザーを抱えるゲームコミュニティを構築。
2017年にICOで1,890万ドルの資金調達を実施した後、ブロックチェーン上でデジタル資産の作成、管理、取引、保存、確認、配布および統合を簡単に行えるサービスの開発を進めています。
ゲーム開発者は、Enjin Platform、Explorer、Wallet、Beam といったサービスを用いて、トークン化されたデジタル資産を、ユーザーの獲得や維持といった事業開発に活用できます。
またEnjinが開発するサービスには、Ethereumベースのトークンである、Enjin Coin(ENJ)が使用されています。

【会社概要】

社名:Enjin Pte Ltd.
設立:2009 年
所在地:16 Raffles Quay #33-03 Hong Leong Building Singapore, 048581
URL:https://enjin.io/
【お問い合わせ】 日本市場担当:平手 kojiro@enjin.io

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ 木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • この著者による記事

    【特賞1ETH、副賞Amazonギフト券】フォロー&リツイートキャンペーン開催
    ブロックチェーンゲームインフォ新春企画第二弾! マイクリプトヒーローズやAxieなど、盛り上がりを見せるブロックチェーンゲーム業界の応援企画として、フォロー&リツイートでEthereumが当たるキャンペーンを行います。
  • プレスリリース
  • 2019-01-25
  • ビットにゃんたーずのリアルワールドゲームスに資金調達や業務提携、アンバサダーの就任と続々新しい動きが発表されました。
    ビットにゃんたーずで知られるリアルワールドゲームス株式会社が、2月12日にユーハ味覚糖株式会社、株式会社SNK第三者割当増資による資金調達の実施および業務提携を発表しました。 また、仮想通貨にハマって(中毒って)しまったお金の妖精『ポイン』氏がアルクコイン(ArukuCoin)のアンバサダーに就任を発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-02-13
  • ブロックチェーンゲーム「Cipher Cascade」 オープンβ版をリリース
    ~3/18(月)放送のMBSラジオ番組「オレたちやってマンデー」でCipher Cascadeのキャラクターを配 布!~
  • プレスリリース
  • 2019-03-15
  • ブロックチェーンゲームをスマートフォンから楽しめるDAppsブラウザウォレットアプリ「GO! WALLET」コンテンツパブリッシング事業開始!パブリッシング第1弾はBlockchain Cuties
    スマートフォン向けにブロックチェーンプラットフォーム事業を展開する株式会社スマートアプリ(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤崇、以下スマートアプリ)は、2018年10月中旬に配信開始した、スマートフォン向けDAppsブラウザー連動型ウォレットアプリ「GO! WALLET(ゴーウォレット)」の運営経験や開発した各種機能を活用したブロックチェーンゲームパブリッシング事業を開始します。第一弾として大手ブロックチェーンゲーム「Blockchain Cuties」(本社:ラトビア共和国)と契約を締結し、2019年3月下旬より(※1)iOSで先行して配信開始することを発表します。
  • プレスリリース
  • 2019-02-22
  • プレスリリースの記事

    ブロックチェーンゲーム「Cipher Cascade」 オープンβ版をリリース
    ~3/18(月)放送のMBSラジオ番組「オレたちやってマンデー」でCipher Cascadeのキャラクターを配 布!~
  • プレスリリース
  • 2019-03-15
  • 【特賞1ETH、副賞Amazonギフト券】フォロー&リツイートキャンペーン開催
    ブロックチェーンゲームインフォ新春企画第二弾! マイクリプトヒーローズやAxieなど、盛り上がりを見せるブロックチェーンゲーム業界の応援企画として、フォロー&リツイートでEthereumが当たるキャンペーンを行います。
  • プレスリリース
  • 2019-01-25
  • ブロックチェーンゲームをスマートフォンから楽しめるDAppsブラウザウォレットアプリ「GO! WALLET」コンテンツパブリッシング事業開始!パブリッシング第1弾はBlockchain Cuties
    スマートフォン向けにブロックチェーンプラットフォーム事業を展開する株式会社スマートアプリ(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤崇、以下スマートアプリ)は、2018年10月中旬に配信開始した、スマートフォン向けDAppsブラウザー連動型ウォレットアプリ「GO! WALLET(ゴーウォレット)」の運営経験や開発した各種機能を活用したブロックチェーンゲームパブリッシング事業を開始します。第一弾として大手ブロックチェーンゲーム「Blockchain Cuties」(本社:ラトビア共和国)と契約を締結し、2019年3月下旬より(※1)iOSで先行して配信開始することを発表します。
  • プレスリリース
  • 2019-02-22
  • ビットにゃんたーずのリアルワールドゲームスに資金調達や業務提携、アンバサダーの就任と続々新しい動きが発表されました。
    ビットにゃんたーずで知られるリアルワールドゲームス株式会社が、2月12日にユーハ味覚糖株式会社、株式会社SNK第三者割当増資による資金調達の実施および業務提携を発表しました。 また、仮想通貨にハマって(中毒って)しまったお金の妖精『ポイン』氏がアルクコイン(ArukuCoin)のアンバサダーに就任を発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-02-13
  • ニュース・記事

    NFT×DeFiの流れがアツい!?4つの事例紹介
    DeFiの盛り上がりの中で、NFTに関連するプロジェクトもでてきました。ブロックチェーンゲーマーと関わりの強いNFT。DeFi×NFTの事例紹介をまとめました。
  • 仮想通貨
  • 2020-09-22
  • 【プレスリリース】Enjin、NFTの表彰イベント「NFT Awards」をDEAと共催!審査員としてMicrosoftや元ソニーCEOの出井伸之氏が参画
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 ブロックチェーンを用いたゲームエコシステム構築をするENJIN Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、12月9日に主催企業のTwitchおよびYouTubeチャンネルにおいて、受賞NFTを発表いたします。 ブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.( 本社:シンガポール、Co-CEO:吉田直人および椎名茂、以下「DEA」)と共同で、2020年に発行された価値あるNFTを表彰するイベント「NFT Awards2020」を、2020年12月9日にオンライン開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-09-18
  • 【プレスリリース】ブロックチェーンの最先端技術と未来を知る1日限りのイベント「BlockChainJam2020」が、今年は 10月24日 に完全オンライン・完全無料で開催。
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は世の中にどんな変化を起こすのか? 最先端の技術を知り、一足先の未来を知ることができる1日限りのイベントです。
  • プレスリリース
  • 2020-09-17
  • コインチェック、『マインクラフト』に続き”全世界4,000万DL”を達成した『The Sandbox』内で利用可能なNFTを取扱うべく連携を開始
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡、以下当社)は、NFTマーケットプレイス事業において、2020年下半期に日本で正式ローンチを予定しているブロックチェーンゲーム『The Sandbox』と、同ゲーム内で利用可能なNFTを当社のNFTマーケットプレイスにて取扱うべく連携を開始しました。当社では、すでに2020年9月に大人気ゲーム『マインクラフト』内で利用可能なNFTの取扱いに向け「Enjin」と連携を開始することを発表しております。
  • プレスリリース
  • 2020-09-16