BlockchainGameInfo
 

マイクリランドシステム「NIE・EMA」の解説と活用ポイント

マイクリのランドシステムが実装されましたが、一気にコンテンツが増えたことで理解が追いついていないプレーヤーも多いと思います。

重要だけどもちょっと分かり難い「NIE」と「EMA」システムについて解説します。

どちらも、ノード攻略にもランドバトルにも関わってくる重要な要素です。概要だけでも理解しておくと、マイクリがより楽しくなりますよ!

クリプタイド(幻獣)とは?

マイクリランドシステム「NIE・EMA」の解説と活用ポイント


NIEとEMAを説明する前に、クリプタイドについて解説します。クリプタイドとは、9つあるランドに設定されている守り神のようなもので、ランドに所属するプレーヤーに様々な効果をもたらしてくれます。

このプレーヤーにもたらす効果をレベルアップさせていくシステムがNIEとEMAだと思ってください。強い信仰心でたくさん奉納するほど、プレーヤーにもたらされる効果も大きくなるわけです。
クリプタイドの能力にはランド間では今のところ差はありません。今後、固有スキルとか出てきた面白いんですけどね。

NIEの解説

NIEはCEを捧げるシステム

NIEとはクリプタイドにCE(クリプトエナジー)を捧げるシステムです。

CEは、ノード攻略をすることでヒーローやエクステンションに貯まっていきます。CEが貯まっていくとレベルアップするので、経験値のようなものだと考えるとわかりやすいですね。

つまり、ヒーローやエクステンションに貯まったCEをクリプタイドに捧げることで、クリプタイドは強化されますが、ヒーローやエクステンションのレベルは下がることがあります。

また、レプリカエクステンションはCEが貯まった状態でドロップします。オリジナルエクステンションと違って、貯めていくことはできないのでご注意ください。レプリカエクステンションを捧げることで、そこに貯まっていたCEをクリプタイドに供給することができます。

新しく実装されたレプリカヒーローも同様です。レプリカヒーローはGUMで購入することができ、一定のCEが設定されています。レプリカヒーローを使い終わったらクリプタイドに捧げることでCEを供給することができます。

NIEとして捧げることのできるもの

まとめると、NIEに捧げるものはCEであり、具体的には次の4つのものを捧げることができます。

・ヒーローに貯まったCE
・オリジナルエクステンションに貯まったCE
・レプリカヒーロー
・レプリカエクステンション

オススメとしては、レベルマックスになったアセットに貯まったCEを少しずつ供給してあげることです。供給しすぎるとレベルが下がり、ノード攻略やデュエルに支障をきたしてしまいますからね。また、レプリカエクステンションは貴重なGUMを入手するための手段です。

NIEの効果

マイクリランドシステム「NIE・EMA」の解説と活用ポイント

NIEを供給してクリプタイドをレベルアップさせると、ノード攻略・レイドバトル・ランドバトルにおいて、能力アップ(バフ)の効果が得られます。バフ対象は、ランドに所属しているメンバー全員です。

バフの比率はクリプタイドのレベルが上がるに従って増えていくので、クリプタイドを育てておくほど、他のランドとの戦いであるフラッグ戦で有利になります。

注意しなければならないのは、NIEのバフは毎月リセットされてしまうこと。

ペース配分を考えずに、CEを捧げてしまうと後悔することになります。

NIEの活用方法としては、AGIがNIEで上がることによって、PHY/AGIの上がるエクステンションからHP/PHYの上がるエクステンションに付け替えることができるようになります。攻撃頻度はそのままで、HPが上がるので、ノード攻略が安定します。ノード攻略中のステータスで、装備を付け替えてみてくださいね!

EMAの解説

マイクリランドシステム「NIE・EMA」の解説と活用ポイント

オリジナルエクステンションを捧げてバフ効果を得る

EMAはCEではなく、オリジナルエクステンション自体を捧げることで、クリプタイドからメリットを享受することのできるシステムです。

捧げたオリジナルエクステンションによってポイントが振り分けられ、以下の3つの効果をあなただけが受けることができます。

・PHYダメージアップ
・INTダメージアップ
・回復量アップ

いずれも、NIEと同様にノード攻略・ランドバトル・レイドバトルでバフ効果がかかります。デュエルでは無効になるのでご注意ください。

NIEとは違い、ステータスではなく、ダメージや回復量などの結果に直接的にバフがかかるので、強化していけば有用なシステムです。

EMAの注意点

EMAの効果が得られるのは、オリジナルエクステンションを捧げたランドのみです。他のランドに移籍した場合には、移籍先で奉納したオリジナルエクステンションの影響を受けます。

奉納した履歴は残るので、一度他のランドに行っても、また戻って来ればそのランドのEMA効果が参照されます。
EMAはレアリティーによって得られるポイントが決まっており、レベルは関係ありません。エクステンションの種類によって、PHYダメージ・INTダメージ・回復量のポイントに振り分けられます。レベリングしてあるエクステンションを奉納すると、そこに貯まっていたCEがNIEとして奉納されます。

仮に、エクステンションをEMAのために購入するということであれば、レベルが低くレアリティの高いアセットを買ったほうが、費用対効果は大きくなります。

NIE効果の大きいランドは?

マイクリランドシステム「NIE・EMA」の解説と活用ポイント

初心者プレーヤーにとって、NIE効果が大きいほうがノード攻略は楽になります。2019年3月中旬時点でのNIEの効果の大きいランドをランク付けしました。

1位:Lime(+15.8%)
2位:Grape(+15.6%)
3位:Strawberry(+14.8%)

Limeはキングの奉納が多いので、今後のNIE効果はキング次第なところもあります。ただ、Limeは所属プレーヤーも多いので、比較的NIEが集まりやすいとも言えます。

Grapeはマイクリトップランカーが集まっているランドです。他国と戦うフラッグ戦を有利にするために、積極的にNIEを奉納しています。

Strawberryはピプリクトの運営会社が保有するランドです。会社が運営しているということもあり、今後も一定の水準を推移することが期待できます。

NIEやEMAを理解して、上手に活用していくことでノード攻略やランドバトルをより楽しむことができるようになります。レベルがカンストしているヒーローがいたら、まずは少しだけでも奉納してみてはいかがでしょうか。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

シェア

ツイート

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

新着記事

【CryptoSpells】TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第二回 コミュニティの運営の在り方

2019年04月17日

ブロックチェーンゲーム「アステロイドラッシュ」とは?

2019年04月15日

【Gods UnchainedはTCG(トレーディングカードゲーム)!始め方からカードの種類まで簡単解説!】

2019年04月15日

本格ブロックチェーンゲームDECIMATEDとは?

2019年04月12日

【CryptoSpells】TCG × ブロックチェーンの可能性を考える会第一回 ブロックチェーンの可能性

2019年04月12日

イーサ・キングダム(Ether Kingdoms)は自キャラの進化と報酬がシンクロしたスリル満点のバトルゲームだ!

2019年04月05日

【気軽に始められるブロックチェーンゲーム「AxieInfinity(アクシーインフィニティ)」について解説!!

2019年04月05日

Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。

2019年04月04日

ビットコインETFとは

2019年04月03日

【MetaMask】入金から出金方法まで完全解説

2019年04月03日

『無料で簡単に遊べるブロックチェーンゲーム』をコンセプト「eggrypto」についてまとめ

2019年04月01日

【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏

2019年04月01日

keywords