BlockchainGameInfo
 

【インタビュー】Cocos-BCXとは。 Cocos-BCX Japan 藤田氏 阿部氏 1/2

2018-12-27

今年9月に4000万ドルを調達し、今後dAppsゲームのメインストリームになるかもしれないと期待される、
ゲーム開発のオープンソースとして有名なCocos2d-xによるブロックチェーンプラットフォームのCocos-BCX。

BlockchainGameInfoの木村がCocos-BCX Japanの藤田浩邦氏と、阿部心愛氏にインタビューを行いました。

自己紹介

藤田氏 : 私は元々、研究畑の出身で2010年からゲーム業界に入り元々は中国のChukong Technologies社の日本支社で責任者でした。
今年の旧正月前後に、Cocos-BCXより日本国内でも展開したいから日本をお願いできないかと言われ、Cocos-BCX Japanの総責任者になりました。

Cocos-BCXは、去年の後半からChukong Technologies社の経営者が、「ブロックチェーンであればユーザーが貢献してくれるコミュニティ系のオープンソースが親和性高いのでは」と考え、
Cocos2d-xの中心メンバーと中国ブロックチェーン業界で有名な開発者兼投資家が率いるチームを合わせてプロジェクトをスタートしました。

【インタビュー】Cocos-BCXとは。 Cocos-BCX Japan 藤田氏 阿部氏

COCOS-BCXとは?

藤田氏 : ブロックチェーンの専門知識がなくてもブロックチェーゲームそしてハイブリッドゲームの開発ができるフルスタックソルーションとプラットフォームです。
一般ゲームを開発する人は、ブロックチェーンの技術を取り入れてから開発することがなかなか難しい。
そこで、既存のゲーム開発者でブロックチェーンの知識が無くても、このSDKを使えば既存のゲームの作り方で、ブロックチェーンを扱えるようになります。

ツールとしては、ウォレット、ブラウザー、エクスチェンジゲートウェイ、アセット取引所があり、改良されたDposとNHAS−1808基準でユーザーにストレスを感じさせず、かつしっかりとしたアセット管理のできるマルチ対応のミドルウェアとプラットフォームを目指しています。

Cocos-BCXのメリットについて

【インタビュー】Cocos-BCXとは。 Cocos-BCX Japan 藤田氏 阿部氏

藤田氏 : 既にdAppsの開発をしている方々に対しては、スケーラビリティを解消できる点がメリットです。
DPosを改良し、トランザクション処理を細かく分解して、リスポンス、キュー、認証、仮想マシン、インタープリター、コンテナなどを最適化する事で、現時点では、TPS=3300で入るようになりました。
また、今後改良されたDAGと言う仕組みも導入する予定なので、もっとスピードアップが出来るでしょう。
順序良く開発をしていく予定です。

dAppsの会社でないゲーム会社にとっては、普通の開発者でもこういうゲームを作れるという、敷居の低さをアピールすることができます。

木村 : 今までCocos2d-xを触っていたエンジニアは、同じインターフェイスや言語で利用できるんですか?

藤田氏 : そうですね。
ただし、Cocos-BCXにはCocos-BCXのインターフェイスを用意しますので、SDKを組み込めばこういうサービスをできますよと言う形です。

それと、今現在ブロックチェーンを開発するには、それぞれのウォレットを取り入れなければいけないんですね。
そういうのをしなくても、プラットフォームがあるのでCocos-BCXだけでも対応できますよというのも一つのメリットだと思います。

他のチェーンとやり取りできるようにするのも一つですね。
例えば、通常だとEthereumとEOSのチェーンは完全に分けなければなりませんが。Cocos-BCXの場合だと両方とも同時に扱えるようにしているのでそれも一つの特徴です。

そもそもdAppsは、プレイしてくれる人があまりいないのに、チェーンの関係で分断されてしまうのはもったいない。それが一つのメリットだと思っていますね。

プロダクトの開発状況は?

12月の21日にテストネットを公開する予定です。
それに合わせて、アイテムのマーケット(JS SDK)、Itemexと言うクラウドファンディング、オークションなどの取引が出来るdApps、ウォレット、ブラウザ、ユーザーシステム、スロット、など、別途公開する予定です。

ゲームとしてはシューティングゲームを一つと、スロットゲームを公開する予定です。
それは、一般ユーザー向けにテストをしてもらう意味合いで公開します。
その後は、テスト開発のチームを募集して行きたいと思います。

木村 : ウォレットまで開発するんですか?

藤田氏 : 今のところ、日本国内の開発者と組んでやっていきたいと思っています。
うちのSDKの中に組み込まれる可能性もありますし、ウォレット機能もココスSDKから呼び出せるようにする予定です。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

オススメの記事BlockchaingameNews注目記事

シェア

ツイート

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ 浜田

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

インタビューの記事

【インタビュー】炎上を超えて。 CryptoGames株式会社 小澤孝太氏

2019年01月17日

【インタビュー】どんなブロックチェーンゲームにワクワクするのか。 根本晃氏( @dujtcr77 )

2019年01月10日

【インタビュー MyCryptoHeroes 上野氏 後編】見えてきた新しいターゲット層と将来の姿

2018年11月15日

【インタビュー】CryptoKanojoの展望。ライトな層を狙える「MOE」「KAWAII」の強み 青樹氏・有藤氏

2018年12月18日

【インタビュー グッドラックスリー 周氏】くりぷ豚レース機能と今後の展開・課題について

2018年11月22日

dAppsゲームのプレセールに異論を唱えた理由 fukuhara@雑記ブログ氏

2018年11月28日

【インタビュー モバイルファクトリー 秦氏、吉田氏】dAppsが流行る未来を作る為に

2018年11月30日

【インタビュー double jump.tokyo株式会社 上野氏】βバトル版を終えて、見つかった課題と今後の展望を聞いてきました。

2018年11月09日

【インタビュー】イーサエモンの新作ゲーム、CubeGoを日本で先行発表。

2018年11月01日

これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏

2019年03月15日

【インタビュー】ブース出展で感じた認知への課題 ウォレットバトラー開発 株式会社Arc 伊藤氏

2018年12月17日

【インタビュー技術編 モバイルファクトリー 秦氏、吉田氏】Uniqys Kitを使ってdApps開発は

2018年12月11日

keywords