English
SignIn
ニュース・記事

【インタビュー】CryptoKanojoの展望。ライトな層を狙える「MOE」「KAWAII」の強み 青樹氏・有藤氏 1/3

update at :

12月24日にリリースを控えたCryptoKanojo。その開発元である株式会社デジタルクエストの青樹 芳仁氏、有藤 修氏に、開発の経緯や今後の展望について伺ってきました。

ツイート

自己紹介

青樹氏 : デジタルクエストでCryptoKanojoの企画開発を担当している青樹と申します。
有藤氏 : 他社との企画やアライアンス、プロモーションを担当しています有藤です。

株式会社デジタルクエストについて

有藤氏 : 会社としてはまだまだ若い会社ですが、受託開発を受けさせていただいていて、上場企業や類する企業と、メディアやアプリやゲームなどのコンテンツをすべて対応しています。

また、デジタルクエストという名前の通り、クエストという探求の部分をもって新しいサービス、新しいビジネスを見つけ出す事にトライをしています。
今回もその一環で、ブロックチェーンゲームを開発しています。

エンタメ要素が強く、リリースして終わりではなく、運営やプロモーションまで一気通貫でやっている事が強みの会社です。

CryptoKanojoの開発の経緯

有藤氏 : 弊社の受託事業において、今後、他社様からブロックチェーン周りのプロダクトで相談があった時に、弊社でも知見が無いと困るということ。
また、率先してブロックチェーン周りのプロダクトを作り「最新のブロックチェーン技術に対応できる」という事をプロモーションする側面がありました。

そして、ブロックチェーンは話題にはなっているが、まだまだ情報が浸透していません。大手企業にしても、ブロックチェーンって騒がれてはいるものの「そもそもなんなの?」と言う感覚や、「ブロックチェーン=仮想通貨」という認識があって、「怖い」、「流出などのマイナスイメージ」があります。

そこで、「そうではない」と言う、認知促進のために、一般コンシューマー向けの「ゲーム」を展開しました。

既にdAppsゲームはいくつか夜に出ていたんですが、市場や絶対数でいうと、国内だけではなく諸外国がターゲットになると考え、国産のゲームで世界に発信するならば、何が一番いいんだろうねとなった時に、日本のカルチャーとして、「MOE(萌え)」、「KAWAII(カワイイ)」があるので、かわいい女の子を使って作ることになりました。

ただ、集めて合成して終わりになると、ゲーム性としては弱く、差別化で弱く、一般の人に見るとブロックチェーンであろうとなかろうと関係ない。
そうした時に、アクセントとしてもうひと要素加えたいと考えたところ、Live2D技術を用いて、「ツンツンナデナデして触れ合える」という事が組み合わさる事によって、バズるのではないか、という事が出てきて、取り入れる事にしました。

ターゲットとしては

有藤氏 : 最初は諸外国を含めて、「資産価値を求めている方」、「Ethereumを持っている方」をメインターゲットとして見ていたんですが、情報を集めていく中で、「絶対数が圧倒的に足りない」ということが見えてきたので、そこだけではなく、「ライトなユーザー」へ目をむけて展開をしていこうとしています。

例えば「一時騒がれたからメタマスクを入れてみたけど」、とか、「イーサリアムを購入してみたけどよくわからないし寝かせている」と言う人に対して、「投資でなくてもいいんですよ」、「彼女たちを愛でて、ツンツンナデナデしてまずは遊んでくださいね。」と言う方向で動いています。

なぜdAppsなのか

【インタビュー】CryptoKanojoの展望。ライトな層を狙える「MOE」「KAWAII」の強み 青樹氏・有藤氏

青樹氏 : 開発畑の人間だったので、流行っている技術を取り入れたいと言う話で、仮想通貨の勉強をしていたんですね。
たまたま、dAppsがあるというのを勉強会で話をして、調べて見たら面白そうだったなと思って。

最初は社内用通貨をdAppsで作りました。

代表に今後これをベースに開発をするのか、また別のものにするのかと言う話をしていて、企業向けの案件と、dAppsゲームで企画を出したところ、「dAppsゲーム面白そうじゃない?」となってゲームを作ることになりました。
なので、単純に技術の面白さですね。

Solidityを選んだ理由は?

青樹氏 : 開発の方針として、ゼロからわからない状態から始めるので、基本に忠実な作り方にしようという話だったので、一旦はベーシックな形で作ろうとしました。
そこがわかればいろんなサイドチェーンやほかの技術をを使っていく予定です。

開発のチームは?

浜田 : 開発は何人くらいでやられているんですか?

青樹氏 : 数名です。

浜田 : 今後ブロックチェーンのエンジニアを増やしていく事も活発にされていく予定ですか?

青樹氏 : それは…本リリース如何によってですね。人気が出たら増やすかもしれないですし…。

有藤氏 : 頑張って人気を出すんだよ!! (笑)

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

浜田貴朗

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

関連記事

【国産dApps】日本発ブロックチェーンゲームまとめ【リリースからサービス終了まで】2019年後半発表のゲーム追加
日本の国産ブロックチェーンゲームも数が多くなってきました。 その中で、稼働中、開発中、サービスが終了したゲームをそれぞれ簡単に紹介します。 開発状況が変わりましたらその都度更新していく所存です。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-09-27
  • 【ゲームランキング発表】2019年押しブロックチェーンゲームはこれ!新春キャンペーンアンケート結果
    2019年あなたの推しブロッチェーンゲームはこれ! BlockchainGameInfo & GO!WALLET共催 新春Twitterフォロー&リツイートキャンペーンで、2019年の推しブロックチェーンゲームランキングを発表いたします!
  • イベント
  • 2019-01-31
  • オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

    【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • この著者による記事

    【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ(2020年版)
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。 ※2020/11/01 Labが廃止されているなど現状に合わせて記事を追記、修正しました。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • 【2020年版】ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【副業になる?】
    ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2019/8/7公開 ※2020/6/1追記
  • DApps入門
  • 2020-06-02
  • インタビューの記事

    これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • 【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • ニュース・記事

    『Age of Rust』がSteamにて3月19日に配信開始予定 92.7万ドル相当の暗号資産およびアイテムをゲーム内で配布
    シングルプレイのオープンワールドRPGとしてAAA級のゲームになりそうです。 ※プレスリリースをそのまま掲載しています。 2021年1月25日発表(U.S.A.) — この度 Enjin Pte. Ltd. (本社: シンガポール、CEO: Maxim Blagov、以下「Enjin」) は、Enjinのエコシステム参画企業であるSpacePirate Gamesが、ブロックチェーンゲーム『Age of Rust(エイジ・オブ・ラスト)』を、2021年3月19日にSteamにて配信開始予定であることをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2021-01-25
  • 『iXA CUP プロジェクト』、第1弾を「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」のメーカー公認大会「KING of GIANT Festival 2nd」にて実施決定!
    ※以下プレスリリースをそのまま掲載しています。 〜eSports業界に新たなストリームを起こす!〜 ブロックチェーン技術を利用した、新世代のクラウドファンディング2.0「FiNANCiE」( https://financie.jp/ )でファンディング実施中の3社共同プロジェクト『iXA CUP プロジェクト』にて、この度第一弾として実施する大会が「KING of GIANT Festival 2nd」に決定いたしましたので、お知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2021-01-22
  • Illuvium(イルヴィウム)とは?NFTのスケーリングソリューションImmutableXを利用したRPG
    スケーリングソリューションであるImmutableXを利用した、オープンワールドRPGであるイルヴィウムについて紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2021-01-21
  • LINEの暗号資産取引サービス「BITMAX」、「2021年 新春プレゼントキャンペーン」を開催! 暗号資産の購入で10,000円相当以上のイーサリアム(ETH)をプレゼント!
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長CEO:林 仁奎、以下「LVC」)は、暗号資産取引サービス「BITMAX」にて、本日より「2021年 新春プレゼントキャンペーン」を開催しますので、お知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2021-01-20