English
SignIn
ニュース・記事

【インタビュー MyCryptoHeroes 上野氏 後編】見えてきた新しいターゲット層と将来の姿 1/2

update at :

前編では、βバトルを終えて、見つかったゲーム設計上の課題や対策を紹介しました。
後編では、ターゲット層やウォレットとの取り組みについて紹介します。

ツイート

前回に引き続き、マイクリプトヒーローズ(MCH)を運営する、double jump.tokyo株式会社のCEOである上野広伸氏と、COOの玉舎直人氏に、βバトルを終了してからの振り返りを伺いました。

【インタビュー MyCryptoHeroes 上野氏 後編】見えてきた新しいターゲット層と将来の姿

前編はこちら

ターゲット層の選定と、課題

上野氏 : バトルβを運営してみてわかったのが、いきなり、仮想通貨での取引を触ったことが無い人をいれると、ゲーム以外の所で詰まってしまうというか、サポート詰まりが起こるということ。

玉舎氏 : 今マーケティング全般、とツイッターの中の人までも(自分が)やってましているんですけど、うちは基本的に開発の会社なので、開発以外のことって基本、僕が全てやってますw
バトルβでは、ユーザーの獲得をどこまで広げるかけっこう悩みました。

上野氏 : 結論として、ターゲットは、dappsをやっている人と、dappsはやってないけど仮想通貨をやっている人までに絞りまして、それ以上の一般ゲーマーに関しては、基本は狙わないという方針でやっていました。

βテストですし、イーサリアムが無いとヒーロー買えないし、その状態で、一般の人を入れてしまうと、悪いUX・体験が先行してしまって次にまた入ってくる時にとんでもない壁ができてしまうのではないかと思い、我々はあえてターゲットにしませんでした。

MCHのウォレットとの取り組み

上野氏 : 正直、現状のdappsってまだ入り口のハードルが高くて。

dappsの入り口としては、仮想通貨取引所が一つで、もう一つがウォレットだと思っていて、
これからはウォレットがより入り口として広がっていくと信じています。

それでウォレット事業者さんとは、なるべくいろいろなところと提携していこうという方針で、自社での単体ウォレット事業は絶対やらない。

TokenPocketやGo!Wallet、CoinbaseWallet、Qurageなどとしっかり提携して、
お互いにユーザー獲得をし、お互いにUX/UIを高めていくのが大事かなと。

なので、導線も含めてUX/UIが不十分な現段階では、あまりターゲットを大きくは広げないという前提でやってきました。

見えてきた可能性

上野氏 : とはいえ、予想外に広がってしまった部分もあり、そのおかげで見えた可能性もありまして。
Dappsは意外と次のフェーズにいけるんじゃないかと言う話を今はしています。

ユーザー層拡大の要件としては、
イーサリアムを購入できる状態
ウォレットを容易に入れられる状態。
それと、まともなゲームが出ている状態
という、この三つの要件がそろえばいけるかなと言う気がしてきました。

一つ目(のイーサリアムを購入できる状態)はコインチェックが再開し、DEXみたいなものも増えてきて、イーサリアムをなんとか手に入れるという道が、もう一回開かれ始める期待感があります。動いてきている。

TokenPocketで、イーサリアムをDEXで、ペイパル決済で手に入れられるとか。なかなかすごいなと思いました。
あれもまだ一般認知されていないですけど、ウォレット側にイーサリアムを手に入れる道さえあれば、なんとかなりますので。そういった環境が整ってきつつあるなという感があります。

(二つ目のウォレットを容易に入れられる状態は、)国内でも、GO!Walletなどいろいろなウォレットが出てきましたし、中国にもいろいろなウォレットがあるようで、そういうところからも結構お声がけいただいています。
スマホアプリのウォレットには、依然Appleリジェクトという懸念はあると思いますが、ウォレット=Dappsブラウザを入り口にした流れができててくるんじゃないかという期待も出てきた。

(三つ目のまともなゲームが出る事は、)我々も含めてですけど、果敢に現状の技術的・法的制約の中で、ちゃんとしたゲームを作ろうという会社や人が出てきています。
これらがだんだんいい方向にスパイラルしてきているなという感じが、実は今回のMCHをやってみて感じています。

なので、次の正式サービスからは、少しターゲットを拡げたいなと思っています。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

浜田貴朗

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

関連記事

MetaMask(メタマスク)の使い方(2020年版)
ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、インストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • 【2020年版】ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【副業になる?】
    ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2019/8/7公開 ※2020/6/1追記
  • DApps入門
  • 2020-06-02
  • 【マイクリ】キングドラゴン予選|ベストバウト10戦
    マイクリでは、1月11日に開催されるキングドラゴン決勝戦に向けて総勢100名の中から4名が選出される予選が行われました。この記事では、決勝進出を果たした垂水ケイが予選のベストバウトを10戦紹介します!
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-01-10
  • 【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

    【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • この著者による記事

    【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【2020年版】ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【副業になる?】
    ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2019/8/7公開 ※2020/6/1追記
  • DApps入門
  • 2020-06-02
  • 【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • インタビューの記事

    【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • ニュース・記事

    double jump.tokyo、ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応を支援する「Asset Mirroring System」β版をリリース!NFT取引所「miime」との実証実験を開始!
    ※以下プレスリリースの内容を掲載しています。 Game+Blockchain - ゲームにエコシステムをプラス!- ブロックチェーンゲーム開発支援サービスMCH+  ブロックチェーンゲームの開発・運営を行うdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸)は、ブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」にて、ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応を支援する「Asset Mirroring System」(以下、MCH+AMS)を開発し、株式会社メタップスアルファ(本社:東京都港区、代表取締役:山﨑 祐一郎)が運営するNFT※1の取引所「miime(ミーム)」と、MCH+AMSを介したNFTの出品、購入を可能にする実証実験を2020年10月26日より開始いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-10-23
  • NFTをもっと自由に!ブロックチェーンコンテンツ関連4社が共同で、異なるアプリケーションやブロックチェーン間でNFTを相互利用するための共通仕様「Oct-Pass」を策定
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。  ブロックチェーンゲーム開発のdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸)は、2020年10月23日、CryptoGames株式会社(本社:東京渋谷区、代表取締役:小澤孝太)、株式会社フィナンシェ(本社:東京渋谷区、代表取締役:田中隆一)、株式会社スマートアプリ(本社:東京港区、代表取締役:高長徳)と提携し、異なるアプリケーションやブロックチェーン間でNFTを相互利用するためのOpen Contents Token共通仕様「Oct-Pass」を共同で策定することを発表いたしました。  「Oct-Pass」は誰でも無償で自由に利用することができるオープンなNFT共通仕様です。本仕様に準拠してNFTメタデータを作成することで、アプリケーション間におけるNFTの相互利用が容易にできるようになります。 これにより、ゲーム、SNS、マーケット、ウォレットなど異なるアプリケーションや、異なるブロックチェーンを跨いで、NFTで世界が繋がる「NFTメタバース」を実現する一助となることを目指しています。
  • プレスリリース
  • 2020-10-23
  • Gaudiy、週刊少年ジャンプ(集英社)の人気漫画「約束のネバーランド」にて、ブロックチェーンを活用したコミュニティサービスの提供を開始
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 エンタテインメント業界のDXを推進する株式会社Gaudiy(東京都渋谷区、代表取締役社長:石川 裕也、以下:Gaudiy)は、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載された人気漫画「約束のネバーランド」にて、ブロックチェーンを活用したコミュニティサービスの提供を開始したことをお知らせいたします。また、コミュニティサービスの機能であるブロックチェーンを活用した分散ID管理のシステム「Gaudiy-DID System」を活用した取り組みの検討も開始いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-10-22
  • 第1回NFT Awardsの審査員にGoogleとバンダイナムコエンターテインメントが参画決定! 「People’s Choice賞」一般投票開始!
    NFTアワードにGoogleとバンダイナムコエンターテイメントの方も審査員として参加するとのことでNFTアワード楽しみですね。 ※以下プレスリリースの内容のまま掲載しています。 ブロックチェーンを用いたゲームエコシステム構築をするEnjin Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、ブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.( 本社:シンガポール、Co-CEO:吉田直人および椎名茂、以下「DEA」)と共同で、価値あるNFTを表彰するイベント「NFT Awards 2020」を、2020年12月9日にオンライン開催いたします。本イベントは、ブロックチェーン上で発行されるデジタルアイテムである「NFT」の価値や活用事例を、より多くの方に知っていただくことを目的にしております。 そしてこの度、選考委員会メンバーおよび審査員の追加と「People’s Choice賞」の一般投票が開始されたことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-10-22