English
Connect
ニュース・記事

OasysとLayerZero Labsが提携、Ubisoftの新作にONFTを導入

OasysとLayerZero Labsが提携、Ubisoftの新作にONFTを導入
更新日

OasysとLayerZero Labsが提携し、Ubisoftの「Champions Tactics™: グリモリア・クロニクルズ」を始めとするブロックチェーンゲームのインターオペラビリティーを推進。

ゲーム特化型ブロックチェーンを提供するOasys Pte. Ltd.(以下、Oasys)は、オムニチェーン相互運用プロトコルLayerZero Labsとの提携を発表した。Ubisoftの「Champions Tactics™: グリモリア・クロニクルズ」でのONFT(Omnichain Non-Fungible Token)の採用が予定されている。

以下プレスリリースの内容を掲載しています。

OasysとLayerZero Labsが提携、BCGのインターオペラビリティーを推進。先駆けとしてUbisoftの「Champions Tactics™: グリモリア・クロニクルズ」で活用予定

ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、オムニチェーン相互運用プロトコルを開発するLayerZero Labsとの提携を発表しました。Ubisoftの「Champions Tactics™: グリモリア・クロニクルズ」でのONFT(Omnichain Non-Fungible Token)の活用を皮切りに、エコシステムのインターオペラビリティー向上による新たなユーザー体験の提供を目指します。

従来、異なるブロックチェーン間でゲーム内アセットやNFTを転送することは、技術的に複雑で時間と費用がかかるプロセスでした。しかし、LayerZeroが開発した新しいNFT規格、ONFT(Omnichain Non-Fungible Token)の採用で、本来必要であったラッピングやミドルチェーンを用いた方法が不要となり、異なるブロックチェーン間でのNFTのスムーズかつ安全な転送が可能となります。



今回のLayerZero Labsとの提携により、まずOasysブロックチェーンのLayer2であるHome Verseでの統合が完了し、今後他のVerse(Layer2)やHub(Layer1)での採用も進めていく予定です。そして、第一のユースケースとして仏大手ゲーム企業Ubisoftが提供するブロックチェーンゲーム「Champions Tactics™: グリモリア・クロニクルズ」にて、ONFTが採用されることが決定しました。

Ubisoftは、インターオペラビリティーをWeb3ゲーム事業の核として位置付けています。これを、同社が提供する初のブロックチェーンゲームである「Champions Tactics™: グリモリア・クロニクルズ」で実現することは、そのビジョンにおける重要なステップとなります。Oasysとしても、ブロックチェーンゲームの発展とユーザーの増加のためには、ブロックチェーンゲーム特有の体験を提供することが不可欠と考えており、ハイクオリティなWeb2ゲームの開発ノウハウを持つUbisoftと協力し、インターオペラビリティーの促進に共同で取り組むことで、Web2のゲームユーザーを含む新たなユーザー層の獲得を目指してまいります。



今回のLayerZero Labsとの提携は、ブロックチェーンゲームの未来を形作る重要な一歩です。Oasysはこれからも2024年のビジョン「Oasys Dragon Update」のもと、インターオペラビリティーの強化を目指してまいります。

LayerZero Labsについて

LayerZero Labsは、オムニチェーン相互運用プロトコルLayerZeroを立ち上げたチームです。LayerZeroのパーミッションレス・メッセージング・インフラストラクチャは、30以上のブロックチェーンをシームレスに接続し、一つの使いやすいインターフェースから透明性が高く安全なクロスチェーン・メッセージングを実現します。2022年3月の稼動以来、LayerZeroプロトコルは1億件以上のメッセージを処理し、数百の開発者チームによって数千のメインネットコントラクトが展開されています。a16z、Sequoia、Binance Labs、Christie's、Lightspeed、OpenSea、Bond、Samsung Next、GBVを含む大手ベンチャーキャピタルの支援を受け、LayerZeroはシリーズBで30億ドルの評価を受けました。



LayerZeroの詳細については、https://layerzero.network/ をご覧ください。

Oasysについて

Oasysは「Blockchain for Games」をコンセプトとするゲームに特化したブロックチェーンプロジェクトです。初期バリデータ(チェーン運用主体)は現時点ではバンダイナムコ研究所などの大手ゲーム会社やWeb3企業など20社超で構成されており、合意形成アルゴリズムは環境面にも配慮したPoS(Proof of Stake)方式を採用しています。

独自のOasysアーキテクチャでBCGのユーザーに対して取引手数料の無料化と取引処理の高速化を実現することで、快適なゲームプレイ環境を提供します。

Website: https://www.oasys.games/
X(EN): https://twitter.com/oasys_games
X(JP): https://twitter.com/oasys_japan
Discord: http://discord.gg/oasysgames
Telegram: https://t.me/oasysen

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • Powered by