日本語(JP)
English

NTTドコモの子会社がゲーム特化型ブロックチェーンOasysのバリデータに

NTTドコモの子会社がゲーム特化型ブロックチェーンOasysのバリデータに

NTTドコモの子会社、新領域企画準備株式会社がゲーム特化型ブロックチェーンOasysのバリデータとして参画。

ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の子会社である新領域企画準備株式会社(以下、新領域会社)が新たにバリデータとして参画すると発表した。

ドコモは2022年11月8日にWeb3に関する新たな取り組みを発表し、その一環として新領域会社がOasysのバリデータとして参画する。今後、両社はWeb3関連サービスの連携を推進していくとのことだ。

新領域会社は、21社の初期バリデータに続き、ソフトバンク、KDDI、Nexon、MIXIに参画した第2群バリデータの後、第3群バリデータとしての最初の企業となる。Oasysは、ネットワークの安定化とエコシステムの拡大を目指し、引き続き取り組んでいく。

Oasysは「Blockchain for Games」をコンセプトとするゲームに特化したブロックチェーンプロジェクトで、バンダイナムコ研究所などの大手ゲーム会社やWeb3企業など計20社以上で構成されている。独自のOasysアーキテクチャにより、ブロックチェーンゲームのユーザーに対して取引手数料の無料化と取引処理の高速化を実現し、快適なゲームプレイ環境を提供している。

関連URL

関連記事

ツイートでトークンを稼ぐPlayToEarn「TwitFi」とは|始め方まとめ

ツイートでトークンを稼ぐPlayToEarn「TwitFi」とは|始め方まとめ

「Eternal Crypt - Wizardry BC -」での「dアカウント」ログインとトークンウォレット導入

「Eternal Crypt - Wizardry BC -」での「dアカウント」ログインとトークンウォレット導入

TwitterアイコンをNFT化できる、NFTアイコンメーカー『iconee』α版リリース

TwitterアイコンをNFT化できる、NFTアイコンメーカー『iconee』α版リリース

NTTドコモ技術とRelic共創、新NFTマーケット「MetaMe®️」サービス開始

NTTドコモ技術とRelic共創、新NFTマーケット「MetaMe®️」サービス開始

この記事をシェアする

ポストする
Facebookでシェア
はてなブックマーク