Steemitと連携して遊べるTCGがリリース「SteemMonsters」とは

2018-10-18

Steemitで稼いだ仮想通貨を使ってゲームを遊ぶことができます。

SteemMonstersとは

まずSteemitのアカウントが必要です。アカウントを連携することでゲームを遊ぶことができます。カードパックを購入し、モンスターを手に入れ、デッキを構成し他のプレイヤーと戦います。トレーディングカードゲームです。

カード購入

ゲームにはカードが必須です。カードパックを購入しましょう。カードパックにはスターターパックとブースターパックの2種類があります。
スターターパックにはカードが30枚入っており、ブースターパックにはカードが5枚入っています。
価格はそれぞれ10ドル、5ドルです。

10ドルであれば、Steemitで5回ほど投稿すれば手に入れることができるので簡単にカードを買えますね。また、steemだけでなく、他の仮想通貨PayPalを使って購入することもできます。

開発者

メインの開発は2人のSteemitユーザーが行なっています。企業で行なっているわけでは無いので、今後どのようにしていくのかに注目です。
カードのキャラクターデザインは、コンテストを開催することで有志のユーザーがデザインしたものも多くあります。
α版のリリースからしっかりとゲームのアップデートを行い続けてきているので、信頼は出来ると考えています。

カードの種類

カードにはレア度が4種類、属性は6種類あります。

レア度
コモン、レア、エピック、レジェンダリー

属性
ファイア、ウォーター、アース、ライフ、デス、ドラゴン、ニュートラル

カード基本情報

カードの基本情報を覚えましょう。
1.コスト
召喚するために必要なコスト
2.スタッツ
攻撃力、体力、素早さ、守備力が数値化されています
3.レアリティ
カードのレアリティ
4.名前
カードのキャラクター名称
5.レベル
カードのレベル
6.経験値
カードの経験値
7.アビリティ
キャラクターが対戦中に使えるスキル

バトルの前に、これらは最低限覚えていきましょう。アビリティはたくさんあるため、全てのアビリティを覚えられるとさらにバトルで勝ちやすくなります。

マーケット

ゲームにはマーケットが存在しており、プレイヤー同士でカードを売買することができます。レア度、カードレベルが高ければ高いほど高額で取引されるため、自分で使うのか売却するのかをうまく考えながら取引すると面白いです。
カードに表示されている価格は、出品されているカードの最高価格と最低価格を表しています。

まとめ

Steemitにもともとユーザーがいたこともあり、盛り上がりを見せています。イーサリアムのブロックチェーンゲームと違って、一回一回ガス代がかからないという点も魅力的です。
今後どのような展開を見せていくのかに注目して見ていきたいですね。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

シェア

ツイート

著者について

S@dApps理系大生

ブロックチェーンゲームのイベントや通訳も行ったことがある大学生。 ブロックチェーンゲームについて投稿して行きます!

ゲーム攻略、紹介の記事