2018年05月15日更新

ブロックチェーンカードゲーム CryptoSpells(クリプトスペルズ)とは?

こんにちは!「すここのこ(@VurCur)」です。 今回は日本発のブロックチェーンカードゲームの「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」について紹介します!

CryptoSpells(クリプトスペルズ)とは?

CryptoSpells(クリプトスペルズ)とは日本発のブロックチェーンゲームの一つで、ブロックチェーン技術を利用したカードゲームです。

またクリプトスペルズは「CryptoGames.inc」とよばれる日本発で世界を代表する仮想通貨ゲームをつくる方針の会社が運営しています。

このブロックチェーンゲームのβリリース時には300種類程度のカードゲームの発行が予定されており、、発行開始としては結構多めかなと感じています。

このカードゲームでは
・入手したカードのトレード
・カードの発行枚数の可視化
・賞金付きのゲーム大会の定期開催
の3つが注目されています。

特にカードの発行枚数の可視化はブロックチェーンの性質が現れており、カードゲームにブロックチェーンを導入するメリットをクリプトスペルズは示してくれています!

なぜブロックチェーンとカードゲームなのか?発行枚数は新たな可能性

ブロックチェーン技術を利用するとデジタル資産に価値がつくので、資産自体に個数が制限されます。

もし価値がなかったら、ただのデータなので無限にコピーできてしまいます。

クリプトスペルズのようにカードゲームを例にとると、カード一枚に発行枚数を制限します。
発行枚数が多ければ多いほど、そのカードの価値は下がります。誰もがたくさんそのカードを持っていることを意味することと同じです。

逆に発行枚数がとても少なかったとしましょう。1枚とか2枚とか。
そうなるとカードの希少性が高くなるので、そのカードの価値が高くなります。

カードゲームをお店とかで購入したことがある方ならわかっていただけると思うのですが、
レアカードって単体で買うと高いですよね?あれは希少性を表しているからです。
上記のことは紙に印刷したアナログのものでしたが、ブロックチェーン技術を用いればデジタルデータとしてそれを再現できるのです!

クリプトスペルズではそれが再現されているのです。従来のカードゲームをコンピュータに移植したイメージですね。

クリプトスペルズの最新情報

クリプトスペルズはまだ開発中のブロックチェーンゲームです。

カードゲームはブロックチェーン技術と相性があっていると考えられるため、注目したいところです!

興味を持たれた方は以下から情報を追ってみましょう!

シェアする気になったらシェアする

ツイート

ユーザー情報ユーザーの紹介

すここのこ

関連するキーワードキーワードから記事を探す