English
ログイン
ニュース・記事

スマニューラボがNFTゲーム事業に参入

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

~ ユーザーは自治体のふるさと納税などを通じてNFTを取得。ユーザーと事業者、コンテンツクリエイターの新たなコミュニティづくりを支援 ~

スマートニュースの子会社であるスマニューラボ(東京都渋谷区)は11月24日、地域などコミュニティに根ざした事業者が、自分たちのコミュニティに固有の物語や文化などの「コミュニティ資源」をNFTゲーム(※1)化し、コンテンツ事業を行えるサービス「Tales & Tokens」(テイルズ・アンド・トークンズ)の提供を開始します。 


(※1)本サービス「Tales & Tokens」では、ブロックチェーン技術を利用したゲームのうち、FT(Fungible Token = 代替可能トークン)を用いず、NFT(Non-Fungible Token = 非代替性トークン)のみを使うものを「NFTゲーム」と呼び、本サービスを通じて創作できるものにします。

事業者が魅力ある「コミュニティ資源」をNFTゲーム化し提供

当社では、地域に固有の地名、民話や伝説などの物語、生活や産業に由来する文化など、人々が共有している無形の資源を「コミュニティ資源」と名付けました。「Tales & Tokens」では、事業者が「コミュニティ資源」を可視化し、人々に好意や感動を与えるデジタルコンテンツとして、ユーザーへ提供することができます。ユーザーは、ふるさと納税やNFTマーケットプレイス「OpenSea」を通じて、ゲームのキャラクターやアイテムなどのNFTコレクションを取得することができます。専用のWebアプリを操作し、NFTコレクションのカスタマイズや他のユーザーとの交換なども行えます。

当社が開発したのは、アイテムNFTの追加によりキャラクターNFTが変化するDyanmic NFTです。アイテムNFTを追加するためには、例えば、実在する店舗や観光地にチェックインする(現地に訪れて所定のQRコードを読み取る)などのイベントを行う必要があります。これにより、現実の文化や経済と結びついたゲーム性のあるNFTを提供します。

今回当社では、「Tales & Tokens」のシステム(スマートコントラクトと専用のWebアプリ)を新たに開発、提供することで、ユーザーと事業者、コンテンツクリエイターの新たなコミュニティづくりを支援します。
 

岩手県遠野市で初のプロジェクト『Game of the Lotus 遠野幻蓮譚』が進行中

岩手県遠野市で10月27日から、「Tales & Tokens」の初のプロジェクトである『Game of the Lotus 遠野幻蓮譚(略称: GOTL)』(https://gotl.io/)のNFTゲームを提供しています。柳田國男の『遠野物語』などに採話されている神話をもとに企画・開発したプロジェクトで、三人の娘をモデルにした三種類のキャラクターNFTが、ふるさと納税の返礼品として提供されています。(※2)

(※2)
岩手県遠野市とふるさとチョイスが連携、神話を題材に地域と連動する参加型NFTコレクション「Game of the Lotus 遠野幻蓮譚」提供開始(トラストバンク社 プレスリリース 10月27日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000927.000026811.html
 

スマニューラボがNFTゲーム事業に参入

(画像)『Game of the Lotus 遠野幻蓮譚』メインビジュアル

スマニューラボがNFTゲーム事業に参入

(画像)GOTLのキャラクターNFT。遠野市内の店舗や観光地にチェックインすることで、背景や衣装、持ち物などのアイテムが追加され、キャラクターNFTが変化していきます。

今回のプロジェクトに携わった、遠野市役所・商工労働課の浅沼勇希氏は「遠野は、『遠野物語』でも読み継がれている民話の里として知られるだけでなく、神楽やしし踊りといった郷土芸能が盛んな文化、早池峰山の雄大な景観など、多くのコミュニティ資源を有しています。それらの魅力が「Game of the Lotus」というNFTゲームで多くの方に届けられることに大きな可能性を感じています。遠野のコミュニティと、新たなファン・支援者との間に、新しい関係が築けるものとして大きな期待を寄せています」とコメントしています。

 

第二弾プロジェクトが決定、燕三条の「ものづくり」をテーマにNFTゲームを開発

当社では、岩手県遠野市に続き、他の地域でも「Tales & Tokens」の展開を準備しています。この度、第二弾のプロジェクトとして、パートナーである株式会社燕三条と共に、新潟県の燕三条エリアのコミュニティ資源である「ものづくり」の産業文化をテーマに、NFTゲームを開発することが決定しました。NFTはふるさと納税の返礼品としての提供も予定しており、新潟県三条市と燕市の両市が提供します。

当社では、将来的には「Tales & Tokens」を、地域の事業者や自治体以外にもスポーツチームやアーティストなどに提供することを考えています。「Tales & Tokens」のサービス提供を通じて、「コミュニティ資源」が流通する新たな市場の創造を目指します。
 

スマニューラボ株式会社について https://labs.smartnews.com/

スマニューラボ株式会社は、「良質な情報が溢れるアーキテクチャを探求する」をミッションに掲げ、スマートニュース株式会社の子会社として2018年8月15日に設立されました。スマートニュースがニュースアプリ「SmartNews」の開発と運営で培ってきた経験を活かしながら、スマートニュースとは異なる領域で、利用可能なテクノロジーを最大限活用した、良質な情報の生態系に貢献する新しいプロダクトを作ります。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • この著者による記事

    ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/11/10 ブリッジ機能が追加されたため説明を追記 ※2022/10/02 portfolio機能が追加 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • プレスリリースの記事

    ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • Powered by