English
Connect
ニュース・記事

チームラボプラネッツはチームラボ初のNFT作品《Matter is Void》を11月から展示

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

アート集団チームラボは、NFT作品《Matter is Void - Water》を、東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」(以下、チームラボプラネッツ)にて、11月1日(火)から展示します。本作品は、ペースギャラリーのNFTプラットフォーム「Pace Verso」(ペース・バーソ)より発表し、10月19日 11:00(米国東部標準時)から販売を開始する、チームラボ初となるNFT作品です。国外においては、世界最大級の現代アートフェア「アート・バーゼル」がパリで初開催する「Paris+ par Art Basel」にて、また、ニューヨーク市タイムズ・スクエアの巨大ビルボードにて展示されます。チームラボプラネッツでは、来場者が水に入って体験する没入空間にて展示します。

NFTプロジェクトは、「Matter is Void」(意:物質は空虚)と書かれた7つのNFT作品で構成されます。チームラボプラネッツでは、そのうちの1つ《Matter is Void - Water》が展示されます。


7作品それぞれ購入可能なNFTは1つですが、NFTを所有しているか所有していないかにかかわらず、作品自体は誰でもダウンロードし所有することができます。つまり、NFTによって作品の唯一性は付与されず、NFTの所有の有無にかかわらず、ダウンロードされた作品は、何も区別することはできず、全て本物です。

作品ダウンロード:
https://www.teamlab.art/matter-is-void-owner/download/

作品には、チームラボによって「Matter is Void」と書かれています。しかし、この作品のNFT所有者は、作品内の言葉を自由に書き換えることができます。この変更は、世界中の人がダウンロードして所有している全ての作品に反映され、その言葉に書き変わります。
チームラボプラネッツで展示する作品内の言葉も、NFT所有者が書き換えると、その言葉に書き変わります。

そして、NFT所有者の言葉により、作品の価値が変化するだけでなく、その言葉に価値があれば、作品を所有する人は増え、その言葉に価値がなければ、作品を飾る人はいなくなるでしょう。多くの人が見ている作品を書き変える価値は高いかもしれませんが、誰も表示していない作品を書き変える価値は低くなるかもしれません。すなわち、NFT所有者の言葉によって、この作品のNFTの価値も変化していくでしょう。

また、NFT所有者が他の言葉に書き換えた後、再び「Matter is Void」に戻したとしても、「Matter is Void」の文字は異なる表現で書かれます。つまり、最初の「Matter is Void」は、一度変更されてしまうと、二度と同じ状態で見ることはできません。

チームラボプラネッツはチームラボ初のNFT作品《Matter is Void》を11月から展示

《Matter is Void》は、今後、アート・バーゼルがパリで初めて開催するアートフェア「Paris+ par Art Basel」でも、10月20日(木)から10月23日(土)まで展示されます。また、販売に先駆けて、7作品のうち1作品は文字が書き換えられ、10月12日(火)よりニューヨーク市のタイムズ・スクエアの巨大ビルボードで公開されます。
*ニューヨーク市でのビルボード展示は、世界最大のオンラインアートプラットフォームArtsy、OUTFRONT Media社、Pace Versoによる共同企画

チームラボプラネッツ TOKYO DMM

https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/
#teamLabPlanets #チームラボプラネッツ
2018年7月7日 – 2023年末
東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
https://goo.gl/maps/N46HQm7Tus82

*現在展示中の《倒景の憑依する炎》は、10月31日(月)までの展示となります。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンニュース編集

ブロックチェーンについての情報を編集しています。

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • この著者による記事

    【Gods UnchainedはTCG(トレーディングカードゲーム)!始め方からカードの種類まで簡単解説!】
    【Gods Unchained要約】 ・1対1対戦型のTCG(トレーディングカードゲーム) ・世界初となるブロックチェーンゲームのeSports ・賞金総額は最大160万ドル(約1億7千万円) ・プレセール中は380種類のカードが販売 ・レア度に合わせたカードパックがある ・最もレアなカードは出現率0.5%、146ETHで落札された
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-04-15
  • CryptoGames社が提供する「NFTStudio」JCBI正規ウォレットパートナーに認定
  • ニュース
  • 2021-10-26
  • DEA、次世代拠点シミュレーション×NFT軍団バトル「HERO SPIRAL」をC&R社と共同で「PlayMining」向けに開発開始
  • プレスリリース
  • 2022-09-13
  • 仮想通貨を所持していなくてもDApps利⽤を可能に 「Uniqys Transaction Proxy」 ベータ版利⽤登録開始
    株式会社モバイルファクトリーの100%⼦会社である株式会社ビットファクトリーは、Ethereumの DApps利⽤時に仮想通貨(ETH)で⽀払う取引⼿数料をユーザーに負担させることなく、DApps利⽤ を可能にする開発者向けサービス「Uniqys Transaction Proxy」ベータ版の利⽤登録を開始しました。 ※DApps:ブロックチェーン上の分散型アプリケーション ※ETH:Ethereum上の取引で使われる通貨Ether(イーサ)
  • プレスリリース
  • 2018-12-21
  • プレスリリースの記事

    CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • Powered by